みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

ラヴニカへの回帰

2012年10月発売、ラヴニカへの回帰ブロック第1弾。2005年に発売したラヴニカ次元への再訪ブロック。このラヴニカへの回帰以降、定期的(2回に1回くらいの割合)に過去の次元へ再訪する計画があると発表された記憶があります。舞台はラヴニカですが、ギルドごとの能力は新たなキーワードになっているので、ゲーム内容はまた新しい印象だったのではないでしょうか。 有名なカードは、大量のドローとライフ回復を同時にインスタントタイミングで行える「スフィンクスの啓示」、打ち消されず3マナ以下の土地以外のパーマネントを破壊できる「突然の衰微」、1マナクリーチャーでありながら、墓地対策、ダメージレース、マナ基盤と様々な活躍をする「死儀礼のシャーマン」ほか各種ショックランドなど。「死儀礼のシャーマン」は強力過ぎたためか各種フォーマットで禁止されるほどでした。自分の1番好きなカードは「見えざる者、ヴラスカ」で、「攻撃が通ればゲームに勝つ暗殺者トークンを3体作る」という能力が気に入っています。

  • Loading

    静穏の天使/Angel of Serenity

  • Loading

    管区の隊長/Precinct Captain

  • Loading

    矢来の巨人/Palisade Giant

  • Loading

    安らかなる眠り/Rest in Peace

  • Loading

    戒厳令/Martial Law

  • Loading

    思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thought

  • Loading

    死滅都市の執政/Necropolis Regent

  • Loading

    冒涜の悪魔/Desecration Demon

  • Loading

    群れネズミ/Pack Rat

  • Loading

    地下世界の人脈/Underworld Connections

  • Loading

    墓所の裏切り/Grave Betrayal

  • Loading

    ウトヴァラのヘルカイト/Utvara Hellkite

  • Loading

    混沌のインプ/Chaos Imps

  • Loading

    ミジウムの迫撃砲/Mizzium Mortars

  • Loading

    ギルドの抗争/Guild Feud

  • Loading

    野生の獣使い/Wild Beastmaster

  • Loading

    マナの花/Mana Bloom

  • Loading

    死の存在/Death's Presence

  • Loading

    至高の審判者、イスペリア/Isperia, Supreme Judge

  • Loading

    三巨頭の執政官/Archon of the Triumvirate

  • Loading

    正当な権威/Righteous Authority

  • Loading

    竜英傑、ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, Dracogenius

  • Loading

    世紀の実験/Epic Experiment

  • Loading

    超音速のドラゴン/Hypersonic Dragon

  • Loading

    気紛れな薬術師/Mercurial Chemister

  • Loading

    火想者の予見/Firemind's Foresight

  • Loading

    暴動の長、ラクドス/Rakdos, Lord of Riots

  • Loading

    ラクドスの復活/Rakdos's Return

  • Loading

    殺戮遊戯/Slaughter Games

  • Loading

    戦慄掘り/Dreadbore