みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問
File

1/72スケール ドイツ軍 プラモデルコレクション

1/72スケールのプラモデル(組立品)を展示しています。こちらのコレクションルームでは、ドイツ軍の戦闘車両等を中心に掲載します。あくまでも素人の作品ですので、温かい目でご覧いただければ幸いです。

  • Loading

    1/72 ハセガワ Ⅳ号戦車G型

  • Loading

    1/72 イタレリ エレファント重駆逐戦車

  • Loading

    1/72 モデルコレクト E-50中戦車 88mm砲搭載型

  • Loading

    1/72 モデルコレクト E-50自走砲 w/105/L62砲

  • Loading

    1/72 ハセガワ 列車砲K5 (E) レオポルド

  • Loading

    1/72 ハセガワ 60cm自走臼砲カール 量産型 w/I運搬車

  • Loading

    1/72 モデルコレクト E-50駆逐戦車 105mmL62砲

  • Loading

    1/72 イタレリ キューベルワーゲン 82型

  • Loading

    1/72 S-MODEL ドイツ軍 I号戦車B型

  • Loading

    1/72 PST ソ連 KV1-C ドイツ軍鹵獲仕様

  • Loading

    1/72 ドラゴン ドイツ軍 重統制型軍用車 タイプ40

  • Loading

    1/72 ドイツレベル ドイツ軍 Ⅲ号戦車L型 冬季迷彩仕様

  • Loading

    1/72 ドラゴン ドイツ軍 III号突撃砲 C/D型

  • Loading

    1/72 トランペッター ドイツ軍 ヤクトティーガー / ポルシェ ツィンメリット仕様

  • Loading

    1/72 ハセガワ ドイツ軍 V号戦車・パンサー G型 スチール ホイール仕様

  • Loading

    1/72 トランペッター ドイツ軍 10.5cm 対戦車砲 ディッカーマックス

  • Loading

    1/72 ドラゴン ドイツ軍 Ⅲ号突撃砲F型

  • Loading

    1/72 ドイツレベル ドイツ軍 Sd.Kfz.9 FAMO

  • Loading

    1/76 フジミ ドイツ陸軍 38t軽戦車 プラガ

  • Loading

    1/72 FTF ドイツ軍 アドラー Kfz.14 小型4輪装甲車 無線機搭載型

  • 1
    Loading

    1/72 ハセガワ Ⅳ号戦車G型

    ハセガワ製、1/72スケールのドイツ軍4号戦車G型です。
    実車は第二次世界大戦中、ドイツ軍の主力戦車として活躍しました。ドイツ軍の戦闘車両のうち、最も多く生産されたのがこの4号戦車です。
    模型はハセガワのロングセラーキットのひとつで、大変組み立てやすく、価格も驚くほど安価です。楽しく組み立てるのに最適なキットだと思います。
    今回は箱絵と同じく、下地にダークイエローを残しつつ、戦場を移して戦い続けた冬季迷彩の姿を再現しました。

    #1/72 #AFV #プラモデル #戦車

    • いいね!

      34がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/11/16

    • 5
    • 0
  • 2
    Loading

    1/72 イタレリ エレファント重駆逐戦車

    イタレリ製、1/72スケールのエレファント重駆逐戦車です。
    実車は、制式番号Sd.Kfz.184といい、第二次世界大戦で運用されました。
    模型はイタレリ製で安価ですが、金型が古いためか、部品同士の合いがあまり良くありませんでした。また、履帯内部の突起も再現されておらず、したがって転輪も本来突起を挟んで2つあるべきところが1つしかありません。
    ここまで書くと悪口のようになってしまいそうですが、全体のバランスはとても良いと思います。
    この車両は、初めてエアブラシを使ってフリーハンドの迷彩塗装をした、言わば「練習作品」です。私にとって、組立はもちろん、塗装においても大変勉強になった1両です。

    #1/72 #ドイツ軍 #戦車 #プラモデル

    • いいね!

      33がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/11/18

    • 5
    • 0
  • 3
    Loading

    1/72 モデルコレクト E-50中戦車 88mm砲搭載型

    モデルコレクト製、1/72スケールのE-50重戦車 88mm砲搭載型です。

    実車は、第二次世界大戦中にドイツ軍が計画していた戦車です。同時期に計画されていたE-100、E-75、E-25、E-10の一連の戦車と同じく、戦車の各種構成品を共通化して生産性を高め、また重量ごとに戦車の標準化を行おうとしていました。本戦車の目的としては、中戦車であるパンターを代替する物になる筈でしたが、完成することはありませんでした。

    模型はモデルコレクト製です。比較的新しいメーカーですが、部品の精度がとても良く、ミニスケールでありながら情報量の多い作品が作れます。

    今回は実車が存在しないモデルでしたので、箱絵と同じく車体を調色したジャーマングレーで塗装し、砲身のみ艶消し黒を吹いています。

    • いいね!

      31がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/11/29

    • 5
    • 0
  • 4
    Loading

    1/72 モデルコレクト E-50自走砲 w/105/L62砲

    モデルコレクト製、1/72スケールのE-50自走砲 w/105/L62砲です。

    実車は、第二次世界大戦中にドイツ軍が計画していた自走砲です。同時期に計画されていたE-100、E-75、E-25、E-10の一連の戦車と同じく、戦車の各種構成品を共通化して生産性を高め、また重量ごとに戦車の標準化を行おうとしていました。この自走砲は、E-50戦車と足回りが共通です。

    模型はモデルコレクト製で、精度は大変良く、エッチングパーツも素晴らしいです。また、砲身が真鍮製ですので、パーティングライン消しや真円出しに苦労する必要が無いのは嬉しい限りです。

    今回は、特徴ある砲身にこだわりたかったので、一工夫加えました。キットの砲身は真鍮製ですが、マズルブレーキは丸く穴が空いた板状のエッチングパーツを巻き付けて表現しています。そのため、本来穴が空いているはずなのですが、キットのままでは表現しきれません。
    そこで、一度エッチングパーツを砲身に半田付け(仮止め)し、それをガイドラインにしてボール盤で穴を空けました。そして、砲身をバーナーで炙ってエッチングパーツを半田ごと落とし、磨きあげて仕上げました。
    車体の製作より、砲身の加工の方が時間が掛かかってしまう結果となりましたが、素人なりに満足のいく仕上がりになりました。

    #1/72スケール #プラモデル #AFV #ドイツ軍

    • いいね!

      28がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/12/7

    • 5
    • 0
  • 5
    Loading

    1/72 ハセガワ 列車砲K5 (E) レオポルド

    ハセガワ製、1/72スケールの28cm列車砲 K5(E)シュランクベルタです。

    実車はクルップ社が開発・製造し、1944年1月からの連合軍のアンツィオ上陸作戦では、橋頭堡を数発の砲撃で壊滅状態に追い込み、連合軍を震撼させました。結局は航空機の方が戦略上有利と考えられ、主力兵器には至りませんでした。

    模型はハセガワ製で、長らく絶版でしたが、兵士のフィギュア付きで再販されました。

    今回は、鉄道模型を集める人間が鉄道(?)のプラモデルを作ったらどうなるのか、というのをテーマに製作しました。その結果、鉄道模型の線路を走れるように改造してしまいました。もちろん、スケールも違います(16番鉄道模型は1/80スケール、このプラモデルは1/72スケールです)し、ゲージ(線路幅)も違います。そのため、スケールモデルとしては失格です。そうとは分かっていても、線路を走る姿を見たら面白いだろうという好奇心で作ってしまいました。案の定、大学の文化祭でDE10型ディーゼル機関車が牽引する様子をご覧頂いた方からは、驚きと呆れが入り交じるご感想をいただきました。最後の写真は車掌車と連結した様子です。各方面の方から怒られそうですが、あくまでフィクションですので、ご容赦ください。

    #1/72スケール #軍用車両 #鉄道模型 #ドイツ軍 #列車砲 #1/80スケール

    • いいね!

      62がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/25

    • 6
    • 18
  • 6
    Loading

    1/72 ハセガワ 60cm自走臼砲カール 量産型 w/I運搬車

    ハセガワ製、1/72スケールの60cm自走臼砲カール 量産型 w/I運搬車です。

    実車は第二次世界大戦時にドイツで開発・製造され、超大口径の臼砲を搭載する自走砲です。1937年に開発を開始し、1940年から1941年までの間に6輛が製造されました。この車両は自走は可能であるものの、自重が120トンを超えるため、時速10キロ程度でしか移動ができませんでした。そのため運搬用に専用の貨車が製作され、砲弾輸送用にはIV号戦車から改造された専用の車輌が運用されました。

    模型はハセガワ製で、金型は古いもののほとんどストレスなく組み立てられました。

    今回は、プラモデルを鉄道模型として走らせるべく、鉄道模型用の車輪に置き換え、新たに金属製の軸受けを取付けています。また、大型の車体とはいえプラスチック製ですので、完成時に見えなくなるところには、塗装した鉛板を出来る限り積んでいます。

    #HOゲージ #1/72スケール #鉄道模型 #AFV #ドイツ軍

    • いいね!

      49がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/24

    • 6
    • 20
  • 7
    Loading

    1/72 モデルコレクト E-50駆逐戦車 105mmL62砲

    モデルコレクト製、1/72スケールのE-50駆逐戦車 105mmL62砲です。

    実車は、第二次世界大戦中にドイツ軍が計画していた自走砲です。同時期に計画されていたE-100、E-75、E-25、E-10の一連の戦車と同じく、戦車の各種構成品を共通化して生産性を高め、また重量ごとに戦車の標準化を行おうとしていました。この自走砲は、E-50戦車と足回りが共通です。

    模型はモデルコレクト製で、精度は大変良く、エッチングパーツも素晴らしいです。モデルコレクトの製品は分割式履帯が比較的多く入っていますので、独特なたるみ具合を出しやすいです。

    今回は実車が存在しませんので、シンプルにジャーマングレーで全体を塗装しました。

    #1/72スケール #プラモデル #AFV #ドイツ軍

    • いいね!

      28がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/12/20

    • 5
    • 0
  • 8
    Loading

    1/72 イタレリ キューベルワーゲン 82型

    イタレリ製、1/72スケールのキューベルワーゲン82型です。

    実車は、第二次世界大戦中にドイツで生産された小型軍用車両です。1938年以降にポルシェ設計事務所が陸軍兵器局の要請を受けて、フォルクスワーゲン・タイプ1を軍用車に応用して開発されました。

    模型はイタレリ製のロングセラーキットです。造形は悪くありませんが、精度は現在の他メーカーと比較すると少し劣ります。ただ、部品点数も少ないので短時間で完成させることができます。

    今回はジャーマングレーの基本塗装を施したタイプと、アフリカ戦線などで活躍したダークイエローのタイプを製作しました。ほとんどストレートに組み立てています。
    (実は、何かの手違いで同じキットがあと2つ(4台分)あります。同じ塗装にしても面白くないので、バリエーションを考えたいと思います。)

    #1/72 #プラモデル #ドイツ軍 #軍用車

    • いいね!

      26がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/3

    • 5
    • 0
  • 9
    Loading

    1/72 S-MODEL ドイツ軍 I号戦車B型

    S-MODEL製、1/72スケールのドイツ軍I号戦車B型です。

    実車は、ドイツが第一次世界大戦後に初めて量産した戦車です。開発段階ではベルサイユ条約によって戦車の開発が禁じられていたため、表向きは農業用トラクターとして開発されたことになっていました。
    完成後は、第二次大戦初期のポーランド侵攻から運用されました。火力・防御力は戦車戦に不向きでしたが、Ⅲ号戦車の生産が追い付くまで前線で活躍しました。

    模型は中国のS-MODEL製品です。精度は抜群に良く、今まで私が思い描いていた"MADE IN CHINA"のイメージを払拭しました。また、完成すると手のひらにちょこんと載る大きさにも関わらず、モールドは細かく、エッチングパーツもついているのでシャープな仕上がりになります。
    このメーカーはAFVのキットの場合、何故か2両セットで販売されることが多いです。

    今回は同じ仕様にしても面白くないので、デカールを変更して製作しました。とはいえ基本塗装は同じです。
    2両同じ仕様にしてジオラマを作るのも良いですし、それぞれ異なる仕様にしてコレクションするのも楽しいと思います。

    #1/72 #プラモデル #ドイツ軍 #戦車

    • いいね!

      29がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/12

    • 5
    • 3
  • 10
    Loading

    1/72 PST ソ連 KV1-C ドイツ軍鹵獲仕様

    PST製、1/72スケールのKV1-C ドイツ軍鹵獲仕様です。

    実車は1939年に開発され、第二次世界大戦初期から中期にかけてソ連軍機甲部隊で運用されました。76.2mm砲を装備しており、第二次大戦初期のドイツ戦車では歯が立ちませんでした。

    模型はPST製です。このメーカーは、KV型重戦車をバリエーション豊かに製品化しています。そのため、所々余分なパーツが含まれています。ジオラマを作る際には、余分な砲塔パーツを使って撃破された戦車を表現出来るかも知れません。

    今回は、ドイツ軍に鹵獲された仕様にしています。(鹵獲とは、戦地などで敵軍の兵器や物資を奪い取ることです)実在したのかは分かりませんが、箱絵に小さく描かれていましたので、そのように仕上げています。しかし、デカールは経年劣化していて使えませんでしたので、過去に製作したモデルコレクトの余剰品を使用しました。

    #1/72 #プラモデル #ドイツ軍 #戦車 #鹵獲

    • いいね!

      27がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/9

    • 5
    • 0
  • 11
    Loading

    1/72 ドラゴン ドイツ軍 重統制型軍用車 タイプ40

    ドラゴン製、ドイツ軍 重統制型軍用車 タイプ40です。

    実車は、1936年から1943年にかけてドイツ軍で開発・製造された車両です。この車両は1,000kgの積載容量をもち、大型兵員輸送車や野戦救急車、通信車などとして運用されました。

    模型はドラゴン製です。ディテールが細かく、それでいて組み立て易いキットです。車内の床板がエッチングパーツで出来ているので、シャープ模様が見てとれる仕上がりになります。

    今回は2台セットでしたので、1台は調色したジャーマングレー、もう1台は迷彩塗装にしました。
    迷彩はダークイエローをエアブラシで吹いたあと、筆塗りで仕上げましたが、線が太すぎてしまい、イメージしていたのと少し違う仕上がりになってしまいました。

    #1/72スケール #ドラゴン #プラモデル #ドイツ軍

    • いいね!

      25がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/2/2

    • 5
    • 0
  • 12
    Loading

    1/72 ドイツレベル ドイツ軍 Ⅲ号戦車L型 冬季迷彩仕様

    ドイツレベル製、1/72スケールのⅢ号戦車L型です。

    実車は、第二次世界大戦中にドイツで運用された中戦車です。運用された当初は、主力戦車として攻撃力・防御力・機動力のバランスが取れた優秀な主力戦車でした。しかし、アメリカが生産性に優れたシャーマン戦車を、ソビエトが傑作戦車のT-34中戦車を戦線に投入すると、戦力の上で大きく劣る存在になってしまいました。それでも第二次大戦中期まで前線で戦い、ドイツ軍を支え続けました。

    模型はドイツレベル製です。全体的に精度が良く、パーツ数が多いため難易度は少し高めですが、情報量の多い作品が作ることが出来ます。

    今回は箱絵と同じように、基本塗装の上から冬季迷彩を施され、戦場を移しながら戦い続けた姿を再現しました。エアブラシの塗装がなかなか上手くいかず、もともと薄いグレーで塗ったかのような仕上がりになってしまいましたが、とても良い教材になりました。

    #1/72スケール #ドイツレベル #プラモデル #ドイツ軍

    • いいね!

      40がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/2/26

    • 5
    • 2
  • 13
    Loading

    1/72 ドラゴン ドイツ軍 III号突撃砲 C/D型

    ドラゴン製、1/72スケールの III号突撃砲 C/D型です。

    実車は、第二次世界大戦中にドイツで開発・運用していた突撃砲です。車体はIII号戦車を用いているのが特徴です。この車両は対戦車戦闘もこなしましたが、開発当時は歩兵を援護することを目的としていたため、砲兵が運用していました。

    模型はドラゴン製です。パーツ点数が少なくまとめられていて、特に履帯は転輪と一体成形になっています。サクッと組み立てられるので、気分転換には良い1台です。

    今回はアンテナ線を追加したこと以外は、説明書の指示通りに組み立てています。

    #1/72スケール #ドラゴン #プラモデル #ドイツ軍

    • いいね!

      36がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/2/25

    • 5
    • 4
  • 14
    Loading

    1/72 トランペッター ドイツ軍 ヤクトティーガー / ポルシェ ツィンメリット仕様

    トランペッター製、1/72スケールのドイツ軍 ヤクトティーガー / ポルシェ ツィンメリット仕様です。

    実車は、ドイツ軍が第二次世界大戦後期に開発・運用した重駆逐戦車です。主砲は第二次大戦中では最強の128mm砲を搭載していました。また装甲も強固で、正面装甲を貫通できる戦車は大戦中には登場しませんでした。しかしながら、高い攻撃力・防御力に対して機動力がそれに追い付かず、各部の故障が頻発し、敵に撃破された数より自爆処分された数の方が多かった戦車でした。

    模型はトランペッター製品です。全体的に組みやすいキットではありますが、履帯がゴム製のせいか、接着剤を受け付けず苦労しました。ドラゴンのDSトラックもそうですが、樹脂製の履帯は苦手です。

    今回は説明書通りに組み立てました。迷彩塗装は「パンツァーパテ」と呼ばれる、ねりけしのようなマスキング用具を使っています。程よく車体に密着し、繰り返し使えるので便利です。

    #1/72スケール #トランペッター #プラモデル #ドイツ軍

    • いいね!

      34がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/2/26

    • 5
    • 0
  • 15
    Loading

    1/72 ハセガワ ドイツ軍 V号戦車・パンサー G型 スチール ホイール仕様

    ハセガワ製、1/72スケールのドイツ軍 V号戦車・パンサー G型 スチール ホイール仕様です。

    実車は、ドイツ軍が第二次世界大戦中に開発・運用した中戦車です。G型はおよそ3000両が生産されました。傾斜装甲を採用しており、高い防御力を誇りました。

    模型はハセガワ製です。履帯のモールドはあまいですが、全体的には良く出来ていると思います。

    今回は箱絵と同じ仕様にしたかったのですが、迷彩塗装に失敗してしまい、仕方なく冬期迷彩に塗りつぶしました。そのため、デカールも他のキットで使わなかったものを使用しています。

    #1/72スケール #ハセガワ #プラモデル #ドイツ軍

    • いいね!

      25がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/3/5

    • 5
    • 0
  • 16
    Loading

    1/72 トランペッター ドイツ軍 10.5cm 対戦車砲 ディッカーマックス

    トランペッター製、1/72スケールのドイツ軍 10.5cm 対戦車砲 ディッカーマックスです。

    実車は、ドイツ軍が第二次世界大戦中に開発した試作の自走砲です。構造はⅣ号戦車の車体に、野戦重砲である100mmカノン砲K18を搭載したものでした。装甲は前面が30mm、側面・後部が20mmで、戦車という分類で考えれば心許ないですが、自走砲としては機動性が高い設計でした。この車両は2両のみが生産されましたが、量産化には至りませんでした。

    模型はトランペッター製です。全体的に組みやすかったですが、車体と転輪との合いが悪く、加工を必要としました。

    今回は箱絵と同じ仕様にしました。初めて作るオープントップの車両だけあって、とても新鮮でした。

    #1/72スケール #トランペッター #プラモデル #ドイツ軍

    • いいね!

      33がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/3/16

    • 5
    • 4
  • 17
    Loading

    1/72 ドラゴン ドイツ軍 Ⅲ号突撃砲F型

    ドラゴン製、1/72スケールのドイツ軍 Ⅲ号突撃砲F型です。

    実車は、第二次世界大戦中にドイツ軍が開発・運用した突撃砲です。この車両は、III号戦車の車体に固定戦闘室を設け、大型の砲を搭載しています。
    突撃砲は開発当初、歩兵の支援を目的としていましたが、車高の低さから被弾を抑えられると考えられるようになり、対戦車戦に用いられるようになりました。モデルであるF型は、製造時から対戦車戦闘を想定して作られました。

    模型はドラゴン製です。一体成形の足回りなど、組み立て易くなっていますが、マズルブレーキ(砲身の先端)が実車のように穴が空いておらず、完成時に少し印象を損なってしまっています。

    今回は説明書の指示通りに組み立てました。ただ前述のとおり、マズルブレーキの再現が甘く、私の技術ではどうにも出来ないので、煤汚れを強めにして誤魔化しました。

    #1/72スケール #ドラゴン #プラモデル #ドイツ軍

    • いいね!

      36がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/3/22

    • 5
    • 4
  • 18
    Loading

    1/72 ドイツレベル ドイツ軍 Sd.Kfz.9 FAMO

    ドイツレベル製、1/72スケールのドイツ軍 Sd.Kfz.9 FAMOです。

    実車は、第二次世界大戦中にドイツ軍で運用されたハーフトラックです。この車両はハーフトラックの中では最大級の車両で、1936年に陸軍の戦車運搬車として開発され、FAMO社が1938年から1944年までの間に約2500両を生産しました。

    模型はドイツレベル製です。1/72スケールの中では難易度が比較的高い印象です。特に分割された履帯は起動輪側から組み立てなかったため、大変苦労しました。

    今回は説明書の通りに組み立てました。特にこだわったことはありませんが、このモデルは、調色を一切していない製品のままで塗装しました。その結果、想像以上に暗い色合いとなってしまいました。この製作をきっかけに、エアブラシの導入・調色した塗料の採用に踏み切りました。

    #1/72スケール #トランペッター #プラモデル #ドイツ軍

    • いいね!

      37がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/3/22

    • 5
    • 6
  • 19
    Loading

    1/76 フジミ ドイツ陸軍 38t軽戦車 プラガ

    フジミ製、1/76スケールのドイツ陸軍 38t軽戦車 プラガです。

    実車は1935年に、当時チェコのシュコダ社が開発した戦車です。運用開始当時は大型転輪と37mm戦車砲とのバランスが良く、機動力と攻撃力を十分に備えた戦車でした。その機能性はドイツのⅢ号戦車にひけをとりませんでした。1939年にはナチスドイツに併合され、ドイツ軍で運用されました。

    模型はフジミ製です。私が入手したものは比較的初期に生産されたもののようで、状態が芳しくありませんでした。また、履帯は他のモデルと同一の物のようで、どう見ても38tには見えませんでした。

    今回は、履帯がどう頑張っても使い物になりませんでしたので、やむを得ず先に製作したハーフトラックに牽引されている仕様にしました。車体にダメージが一切無いのに履帯が両側とも外れているという、何とも意味不明な作品になってしまいましたが、スケールも相まってハーフトラックの大きさを表現することに一役かってくれました。

    #1/76スケール #フジミ #プラモデル #ドイツ軍

    • いいね!

      34がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/3/22

    • 5
    • 2
  • 20
    Loading

    1/72 FTF ドイツ軍 アドラー Kfz.14 小型4輪装甲車 無線機搭載型

    FTF製、1/72スケールのドイツ軍 アドラー Kfz.14 小型4輪装甲車 無線機搭載型です。

    実車は、1929年から本格的に始められた装甲車両の研究過程のなかで誕生しました。
    1932年に登場した軽装甲車「Kfz.13」は、乗用車に使われていたシャーシに装甲板を備えています。その派生型である無線搭載軽装甲車「Kfz.14」は銃座を撤去し、無線機用のフレームアンテナを装備しているのが特徴です。

    模型はFTF製です。このメーカーのキットを初めて組み立てましたが、大変組み立て易かったです。ただ、特徴的なフレームアンテナはやや太く、全体的にゴツい印象になっています。

    今回は、説明書の指示通りに組み立てています。

    #1/72スケール #FTF #プラモデル #ドイツ軍

    • いいね!

      32がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/2

    • 5
    • 0