みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成
(無料)

» ログイン
ミューゼオとは? よくある質問

0

HOTWHEELS / VOLKSWAGEN T2 PICKUP

2018のT2ピックアップ。1STは2017年で、デザイナーはジュン・イマイさん、抜群のカスタマイズです。
KOOL KOMBIとコンビの2ショットを追加です。

  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • PLAY
File

みんなのモノ日記

  • 2018/10/17
    File

    4x4 & Pick up

    こういった車種はアメリカの車文化が見えて楽しいですね! アメリカといえば「Go west!」ですよね(ニンニキ、ニキニキ)。 マニフェスト・ディスティニーを掲げ、西へ西へとフロンティアを求めて開拓者たちは進んでいきました。オレゴン・トレイルを経て西海岸に到着したのが1843年(映画「ナイトミュージアム」にサカジャウィアとルイス・クラーク探検隊がでてきます)。 そして移動は馬車から鉄道へ。 1863年には大陸横断鉄道が開通し、物流が大きく変化していきます。鉄道の発展とともに人々の生活圏が広がり街が出来ていきました。合わせて整備されていったのが国道です。1860年頃から始まっていたアメリカ国内の石油産出。T型フォードの生産は1908年から始まります。1910年頃からは"auto trail"すなわち自動車専用道路の整備が進んでいき、自動車が徐々に普及していきます。1930年代には自動車の生産台数は300万台を超え、"モータリゼーション"の幕が上がりました。 そして第二次大戦後、爆発的に生産台数を伸ばした自動車。 それまでの鉄道中心の物流に変化をもたらし(映画「ロジャー・ラビット」が意外と参考になります)、人々のライフスタイルにも影響を与えていきます(「カーズ」や「アメリカン・グラフィティ」がオススメ)。 現在のSUVの源流となったアメリカンピックアップ。この"シェル"と呼ばれるデッキキャノピーが威力を発揮します。シンプルな箱型からキャンピングカーのようなものまであり、ピックアップの利便性を広げました(「ツイスター」はシェル付きピックアップがいっぱい出てきます)。 https://muuseo.com/cosmic-ace/items/1092 シボレーのブレイザーはピックアップにシェルを一体化させたようなボディデザインで好評を得ました。 https://muuseo.com/cosmic-ace/items/1108 仕事はもちろん、ゆったり流して物を運んでレジャーに使ってと広いアメリカの大地でこそ(石油も安い)その高い実用性がより発揮できると思います(基本"働く車"なので保険料率や税金が最も安い→1、4ナンバーみたいな感じですね)。 https://muuseo.com/cosmic-ace/items/1100 それは、かつての幌馬車と重ねているのかもしれません。 https://www.youtube.com/watch?v=iJDX-sYfJ_M https://muuseo.com/cosmic-ace/items/1111 4x4は趣味性がグッと強くなります。 そのため、保険料や税金が高くなり好きな人か本当に必要な人しか買わないそうです。ピックアップでも4x4を選択する人は少ないそうです。例えば、トヨタの4ランナー(ハイラックス)は2駆が売れるそうですが、タンドラやタコマは4駆が人気です。 とはいえダイナミックなクロカンは人気で、オフロードレースも盛んですね。 https://muuseo.com/cosmic-ace/items/1106 ↓アメ車ではありませんが、クロカン仕様車で特別出演 https://muuseo.com/cosmic-ace/items/1099 3500になると自分がちっちゃくなったような錯覚に陥ります https://muuseo.com/cosmic-ace/items/1109 RAMのマッチョ路線に勝るとも劣らないF-150 https://muuseo.com/cosmic-ace/items/1110 ピックアップのカスタムも、最早一つのジャンルとして成り立ってると思います。 https://muuseo.com/cosmic-ace/items/1104 みんな大好きTYPE2 https://muuseo.com/cosmic-ace/items/1101 維持費が安くタマ数も多いので、若者が手を出しやすいという側面もあるかもですね https://muuseo.com/cosmic-ace/items/1102 でもやっぱりマッチョで明るいイメージの4x4は若者は憧れちゃうかも(「バック・トゥ・ザ・フューチャー」) 良くも悪くも、ピンからキリまで、アメリカンスピリット&スタイルが感じられるのがピックアップではないでしょうか。 https://muuseo.com/cosmic-ace/items/1112 軽の箱バンに乗ってたことありますが、あれは"SUV"を感じました(高速道路は大変でしたが...)。小回りが利くのは当たり前。メンテも安く、維持費だって4ナンバーだと自動車税は7000円。後部座席は倒すとフルフラットになって車中泊も楽勝でした。 日本ではユーティリティ・ビークルとしてSUVよりミニバンのほうが好まれてるように思います。 といっても、日本のSUVの源流が"軽の箱バン"てことはないですよね...^^; #比較 #考察

    File

    cosmic-ace

History

  • 2018/10/14

    アイテムの公開が始まる

  • 2018/10/15

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、2日目での達成!

  • 2018/10/16

    "いいね!"が20人を超える
    公開後、3日目での達成!

  • 2018/10/28

    "いいね!"が30人を超える
    公開後、15日目での達成!