みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問
File

ケイ酸塩鉱物館

私が所有している鉱物コレクション中、ケイ酸塩鉱物を公開しています。

  • Loading

    紫水晶(アメジスト)

  • Loading

    紫水晶(アメジスト)

  • Loading

    魚眼石

  • Loading

    バビントン石

  • Loading

    緑柱石(アクアマリン)

  • Loading

    緑柱石(エメラルド)

  • Loading

    緑柱石(ヘリオドール)

  • Loading

    カバンシ石

  • Loading

    チャロ石

  • Loading

    リシア電気石(トルマリン[エルバアイト])

  • Loading

    リシア電気石(トルマリン[エルバアイト])

  • Loading

    灰電気石(トルマリン[ウバイト])

  • Loading

    苦土かんらん石(ペリドット)

  • Loading

    灰礬柘榴石

  • Loading

    キノ石

  • Loading

    藍晶石(カヤナイト)

  • Loading

    ラブラドル長石(ラブラドライト)

  • Loading

    オーケン石

  • Loading

    オパール (プレシャス)

  • Loading

    オパール (プレシャス)

  • Loading

    石英(水晶)

  • Loading

    黄玉(トパーズ)

  • 1
    Loading

    紫水晶(アメジスト)

    もう20年近く前、仕事で訪れた韓国の慶州で購入したアメジストです。あの辺り一帯はアメジストの産地で、非常に濃い紫色のアメジストが採取出来るようで、ここのアメジストが欲しかった訳です。当時は円高だったため、為替的に今から考えると非常にお買い得だった記憶があります。台座付きのそれなりの大きさのアメジストの群晶になっており、今は私のコレクションケースの一角を占有しています。

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/6

    • 4
    • 0
  • 2
    Loading

    紫水晶(アメジスト)

    こちらはブラジル産のアメジストです。韓国・慶州のアメジストと比べると、少し色は薄めで、一つ一つの結晶は大きいです。天辺のみが少し紫になっており、個人的には少し色が寂しいかな…と思わなくもないですが、これも立派なアメジストの結晶です。ミネラル展で購入しました。

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/6

    • 4
    • 0
  • 3
    Loading

    魚眼石

    束沸石の母岩に付いた魚眼石のコレクションです。元々は魚の目の輝きに似ているという事から、この名前が付いたようですが、私にはよく分かりません(笑)。魚眼石には色々と種類がありますが、このコレクションはフッ素魚眼石になります。涼しそうな薄い青緑色が非常に鮮やかで、お気に入りの一つです。

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/8

    • 4
    • 0
  • 4
    Loading

    バビントン石

    小さいため見辛いかもしれませんが、黒い立方体の結晶がバビントン石です。黒曜石のように光沢があるため非常に綺麗なのですが、いかんせん小さいのが…。とはいえ、これは国産のバビントン石でして結構気に入っています。カルシウム、マンガン、鉄を含むケイ酸塩鉱物です。

    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/16

    • 4
    • 0
  • 5
    Loading

    緑柱石(アクアマリン)

    ミネラル展で購入。前年にヘリオドールを購入していたため、同じ緑柱石系でFe2+がドープされ薄青色に発色したアクアマリンの結晶がどうしても欲しくなり、手に入れました。アクアマリンの結晶としては小型ですし色合いも少し薄めの青ですが(あまり高価なアイテムではありませんが)、トルマリンと一緒に母岩に付いている所などが非常に気に入っています。

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/12/25

    • 4
    • 0
  • 6
    Loading

    緑柱石(エメラルド)

    2005年の9月頃に仕事でブラジルに出張した際に購入しました。当時から鉱物は少しずつ集めていたため、完全に一目ぼれで購入。透明感はないため、宝石に出来るクラスのエメラルドではありませんが、母石も含めてかなりの大型結晶です。

    • いいね!

      18がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/12/25

    • 5
    • 0
  • 7
    Loading

    緑柱石(ヘリオドール)

    ミネラル展で購入。丁度、緑柱石のコレクションを増やしたい…と考えていたので、思わず購入してしまいました。同じ緑柱石でも、こちらはFe3+のドープによる発色のため、エメラルドのようなCr3+やV3+による発色と異なり、薄い黄緑から黄色に近い色の結晶です。このクオリティーですと、カットすれば宝石に出来そうですが…もったいないので、このままの状態で所有しています。

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/12/25

    • 3
    • 2
  • 8
    Loading

    カバンシ石

    非常に派手な鮮やかな青色の結晶。この鮮やかさに釣られて、思わずミネラル展で購入してしまった鉱物です。珪酸塩鉱物の中でも、一二を争う鮮やかさのため、コレクターの中でも非常に人気のある鉱物ではないでしょうか。

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/12/26

    • 5
    • 0
  • 9
    Loading

    チャロ石

    これは既に研磨済みのコレクションなのですが、チャロ石と呼ばれる光沢+紫色の非常に綺麗なケイ酸塩鉱物です。側面の写真も掲載していますが、側面は研磨していませんので、これがこの鉱物の元々の色合いになります(実は研磨していなくても光沢があるので、結構綺麗です)。ここまで鮮やかな紫色の石というのは珍しいので、結構お気に入りのコレクションです。

    • いいね!

      8がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/10

    • 3
    • 0
  • 10
    Loading

    リシア電気石(トルマリン[エルバアイト])

    スロベニアで購入した電気石(トルマリン)の鉱物です。トルマリンは色々な種類がありますが、この鉱物はLiを含むリシア電気石(Elbaite)になります。母岩に張り付いている結晶の一つ一つは小さいのですが、これだけギッシリ付いていますと、結構見栄えも良く気に入っています。この結晶は、一般的にグリーントルマリンと呼ばれる緑色のタイプの電気石になります。

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/12/25

    • 5
    • 0
  • 11
    Loading

    リシア電気石(トルマリン[エルバアイト])

    これもLiを含むリシア電気石の鉱物標本ですが、こちらのリシア電気石は細長いタイプの結晶で、透明感のある鉱物標本です。この細さではカットする訳には行きませんが、カットする事が出来れば宝石になる…かもしれません(笑)。これはブラジル産の電気石です。

    • いいね!

      8がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/11

    • 4
    • 0
  • 12
    Loading

    灰電気石(トルマリン[ウバイト])

    これも電気石(トルマリン)ですが、灰電気石という名前の通りCa(灰)を含む電気石です。少し濃い目の緑色の結晶となっており、母岩が白のため非常に目立つ結晶となっています。一つ一つの結晶は小さいのですが、結構気に入っている鉱物標本です。

    • いいね!

      7がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/11

    • 4
    • 0
  • 13
    Loading

    苦土かんらん石(ペリドット)

    8月の誕生石でもあるぺリドットのカット前の鉱物です。非常に綺麗な緑色の結晶で、個人的には、この涼しそうな色合いを非常に気に入っています。カットした石も持っているのですが、元々の鉱物の方が好きな私は、かなり駄目人間なのかもしれません(笑)。ミネラル展で購入しました。

    • いいね!

      10がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/12/28

    • 4
    • 0
  • 14
    Loading

    灰礬柘榴石

    柘榴石と言うと宝石のガーネット。ガーネットで有名なのは赤系の物で、Fe(鉄)とAl(礬)を含む鉄礬柘榴石や、Mn(満)とAl(礬)を含む満礬柘榴石、そしてMg(苦)とAl(礬)を含む苦礬柘榴石だと思います。それに対してこの鉱物は、灰礬柘榴石と言いCa(灰)とAl(礬)を含む緑系のガーネット。グロッシュラーガーネットとも呼ばれますが、これはこれで綺麗なガーネットだと私は思っています。カットすると緑色の結構綺麗な宝石に変わりますから、興味のある人は是非宝石屋で見せてもらうと良いかもしれません。

    • いいね!

      8がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/10

    • 4
    • 2
  • 15
    Loading

    キノ石

    キノ石はケイ酸塩鉱物なのですが、化学組成としてCaとCuを含む非常に綺麗な青い鉱物です。アップの写真も掲載していますが、透明で光沢のある鉱物は魚眼石、そして青い光沢のない鉱物がキノ石になります。おそらくキノ石だけでは、これ程綺麗に見えないと思いますが、魚眼石が上手にキノ石を綺麗に見せているな…と思うと、なかなか面白い鉱物標本のような…。

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/10

    • 4
    • 0
  • 16
    Loading

    藍晶石(カヤナイト)

    ミネラル展で購入しました。カヤナイトは結構脆い鉱物のため、大事にしまっています。カヤナイトの鉱物としては、それなりの大きさですし、目立つ鮮やかな青色のため、見栄えは凄く良いコレクションの一つです。

    • いいね!

      18がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/3/18

    • 4
    • 2
  • 17
    Loading

    ラブラドル長石(ラブラドライト)

    一応ラブラドル長石として紹介しますが、正しく斜長石の一種になります。とはいえ、宝石のような形でも使用される鉱物で、光を当てた際に綺麗な輝きを見せるため、非常に目を楽しませてくれます。そのため私自身も、この鉱物については、あまり深く考えずに美しさだけを楽しませてもらっています。なんとかそれなりの写真が撮影出来ましたので、是非みなさんも楽しんでください。たしか仕事でカナダ行った際に、その美しさに一目ぼれして購入してしまった一品です。

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/15

    • 4
    • 0
  • 18
    Loading

    オーケン石

    非常に細い繊維状の結晶が、球形に固まっているオーケン石の標本です。このモフモフした感じに、思わず触りたくなってしまうのですが、勿論触ってもモフモフしていません。むしろ折角の細かい結晶が折れてしまうような…。そのため、結構大事に保管して飾っています。ミネラル展で衝動買いしてしまいました。

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/12/28

    • 4
    • 0
  • 19
    Loading

    オパール (プレシャス)

    スロバキア産のプレシャスオパールです。オパールは、コモンタイプとプレシャスタイプがあり、遊色効果が出るタイプがプレシャスタイプになります。このオパールの原石は、スロバキアに講演で呼ばれた際、自己紹介に鉱物収集と入れていたため、気を使ってくれた向こうの鉱山学部の先生が専門店に連れて行ってくれたため、そこで購入しました(意外と安かった…)。その際、「先に言ってくれていれば、観光用ではなく現役のオパール鉱山に連れて行ってあげたのに…次に来る時は、そこに連れて行ってあげるよ。」と言われ、『しまった…』と凄く後悔しました(笑)。

    このコレクションは、赤い遊色はほとんどありませんが、青や緑の非常に美しい遊色を見る事が出来ます。

    • いいね!

      9がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/7

    • 4
    • 2
  • 20
    Loading

    オパール (プレシャス)

    このプレシャスオパールの原石もスロバキア産です。講演で呼ばれてスロバキアに行った際、帰国時に向こうの鉱山学部の先生が、お土産でこの原石(他にも数種類のスロバキアの鉱物と一緒に)をくれました(普段恵まれていませんから、偶にはこんな良い事があっても良いのではないでしょうかね…)。流石に購入した物よりは少し小振りですが、それでも非常に美しい遊色が、母岩表面から出ており、とても綺麗な原石です。

    • いいね!

      7がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/7/6

    • 3
    • 0
  • 21
    Loading

    石英(水晶)

    ルーマニアで購入した水晶の鉱物標本です。一応透明な部分がかなりあるため、水晶と呼んでも問題ないかと思いますが、ひょっとしたら石英に分類されるかもしれません。水晶としては小さめの結晶になるかと思いますが、ブラショフの朝市でルーマニアの駄目親父とビール片手(朝っぱらから)に、色々馬鹿話をしながら購入した思い出の一品になります。

    • いいね!

      9がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/12/25

    • 4
    • 0
  • 22
    Loading

    黄玉(トパーズ)

    11月の誕生石でもあるトパーズの結晶です。色合い的にはトパーズらしい薄い黄色の結晶で、透明感もあり非常に好きな鉱物標本の一つです(価格は、宝石系鉱物の中では安価なのですが)。ミネラルショップで購入しました。

    • いいね!

      10がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/6

    • 4
    • 0