みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成
(無料)

» ログイン
ミューゼオとは? よくある質問

0

思い出の写真 ①

1970 Plymouth RoadRunner
かつての相棒
RoadRunnerはビックブロック搭載の廉価版車として発売されました。快適装備や装飾は一切無しの4sdでモーターは383super commando。オプションでATが、モーターは440とHEMIが選べたようです。このようなグレードを設けた理由は若年層にもV8を、だったようです。アメ車といえばV8、というイメージがありますが直6が標準でした。V8はスペシャルクラス、もしくはレースのホモロゲ用に搭載されることが多かったようです。そこで廉価グレードでV8の販促を狙ったようです。
383は440より吹けがよく、4sdとの相性もよかったと思います。
ノーマルで楽しんでいましたが、あるトラブルをきっかけにチューニングを開始します。
詳しくは日記で( ̄▽ ̄)

  • File
  • File
  • File
  • PLAY
File
  • File
    2017/7/19

    TWIN−MILL

    そう言う事ですか…納得(笑)。
    立ち姿が良いRRです。日記、楽しみにしてますよ!!

    返信する
  • File
    2017/7/19

    ace

    そう言う事です…^^;
    よろしくお願いいたしますぅ〜

    返信する
  • File
    2018/11/23

    hidepapaore

    確かに!やはりアメ車はV8ですよね!

    返信する
    • File
      2018/11/23

      ace

      ありがとうございます😊
      8発は面白いんです!OHVでも吹けるエンジン作れて、短距離も長距離も狙えます😆でも一番は"音"だったりして✨

      返信する

みんなのモノ日記

  • 2017/7/19
    File

    まずはあらためまして詳細から。 1970 Plymouth RoadRunner モーターは383(ナンバーズマッチではなく1970チャレンジャーのモーターにスワップされていたようです)で4sd。ホイールはオリジナルてっちんホイールにオリジナルホイールキャップ(暫くしてキーストーンに履き替えました)でした。 当初はトラブルといっても、 ダイナモがトンで充電しなくなるとか、 エキマニが割れて爆音になるとか、 窓が上がらなくなるとか、 ラジエターが詰まって高速道路でオーバーヒートするとか、 些細なものがほとんどでした。 その後ホイール履き替えのあとは、へダーをダグスに交換しタイコをフローマスターの2チャンバー、エキパイは75パイの直管にしました。また、ブレーキはwilwoodの4podを装着しました。 ご機嫌で毎週のように夜な夜な朝までドライブを楽しんでいた矢先、それは起こりました。 いつものように星空クルージングの幕が上がり、シフトを4速に入れた瞬間、 ドコンっ‼︎ という音と共にシフトを握る手に強い衝撃が走りました。そして次の瞬間ボディの両脇から激しい火花が散りました。私も焦りましたが、数台いた周りの車もかなり焦ったことでしょう。 すぐ様路肩に停車し車屋さんに連絡しました。 何が起きたのか... ミッションのギヤが噛んでしまい耐えきれず破裂してしまいました。ミッション本体は粉々に砕けて殆ど残っていませんでした。 火花はミッションが砕けたためペラシャフの前方が脱落して路面に擦れて出たものでした。 一つ怖かったのは砕けたミッションの破片が燃料タンクを打ち抜いていたことです。ショットガンで撃ったようになってました... 引火していたらと思うと… そしてここから新たなチューニングプロジェクトに突入するのでした。 to be continue #アイテム

    File

    cosmic-ace

History

  • 2017/07/18

    アイテムの公開が始まる

  • 2017/11/02

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、108日目での達成!

  • 2018/07/27

    "いいね!"が20人を超える
    公開後、375日目での達成!

  • 2018/11/23

    "いいね!"が30人を超える
    公開後、494日目での達成!