みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成
(無料)

» ログイン
ミューゼオとは? よくある質問
File

分離主義勢力・独立星系連合のミニフィグ

スターウォーズEP1から3、アニメ「クローンウォーズ」、「クローン大戦」で常に敵役として戦い続けた面々です。あまり注目する人もいないような気がして気になっており少しずつ集めました。分離主義勢力は、銀河共和国からの解体を進めたいダースシディアス(パルパティーン)とダースティラナス(ドゥークー伯爵)が中心となっていろいろな思惑を持つ勢力を巧みにまとめて作られました。 ミニフィグではレゴ純正だけでなくサードパーティー品も含めるといろいろリリースされています。ここでは分離主義勢力をまとめるドゥークー伯爵、テクノユニオンを率いるワットタンバー、トレンチ提督、グリーヴァス将軍、そしてドロイド軍を生み出すジオノーシスのポグル大公、通商連合のヌート・ガンレイ総督。そしてさらにはいろいろなバトルドロイドたちを収蔵しました。

  • Loading

    パルパティーン皇帝(ダースシディアス)

  • Loading

    シーヴ・パルパティーン(8039)

  • Loading

    シーヴ・パルパティーン 2014.set75044

  • Loading

    パルパティーン議長

  • Loading

    マス・アミダ mede by BIgKIDBRIX

  • Loading

    ドゥークー伯爵(7103)

  • Loading

    ドゥークー伯爵 2013.set75017

  • Loading

    ドゥークー伯爵(ダースティラナス)

  • Loading

    ヌート・ガンレイ(クローンウォーズ・バージョン)

  • Loading

    ヌート・ガンレイ(set9494,2012)

  • Loading

    ポグル・ザ・レッサー(Poggle the Lesser)

  • Loading

    ポ・ヌードー(Po Nudo)made by engineerio

  • Loading

    ラッシュ・クローヴィス made by engineerio

  • Loading

    グリーヴァス将軍

  • Loading

    ワット・タンバー

  • Loading

    トレンチ提督

  • Loading

    アサージ・ヴェントレス

  • Loading

    アサージ・ヴェントレス

  • Loading

    ダースモール

  • Loading

    サヴァージオプレス(Savage Opress)

  • Loading

    アンバラン・ソルジャー

  • Loading

    IG-100マグナガード(IG-100Magna Guard)

  • Loading

    TX-20タクティカルドロイド(TA-20 Tacthical Droid)

  • Loading

    セキュリティ・ドロイド

  • Loading

    スーパーバトルドロイド

  • Loading

    コマンドドロイド

  • Loading

    DSD1ドワーフ・スパイダー・ドロイド

  • Loading

    OG-9ホーミング・スパイダー・ドロイド

  • Loading

    EV-A4-D

  • Loading

    ドロイデカ(Droideka)

  • 1
    Loading

    パルパティーン皇帝(ダースシディアス)

    悪の皇帝パルパティーンです。ナブーの政治家の息子として生まれ、若い頃からシスの遺物などに興味を持っていたそうです。社会に溶け込んでいたダースプレイガスに弟子入りしてからはシスアプレンティス(シスの弟子)としてシスの教義を学びつつも、政治家としても活動を続け有力な政治家となっていきました。共和国最高表議長に上り詰める一方で師匠を殺害し、さらには分離主義勢力を自ら作り上げ裏から操りつつクローン大戦を勃発させ最終的には宿敵ジェダイを滅ぼすことに成功します。、、と彼について記述するとその勤勉さと有能さに驚きますね。ミニフィグもいろいろ出ていますがコレクション対象とはしていないです。ただこうして撮影してみると他のフィグも欲しくなってくるので不思議です。

    • いいね!

      23がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 6
    • 2
  • 2
    Loading

    シーヴ・パルパティーン(8039)

    2009年のset8039 Venetor Class Republic Attack Cruiserの付属フィグです。銀河帝国の皇帝となったパルパティーン(=ダース・シディアス)の銀河共和国の元老院の最高議長であったころの姿を再現したフィグです。

    • いいね!

      18がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 4
    • 5
  • 3
    Loading

    シーヴ・パルパティーン 2014.set75044

    銀河共和国の銀河元老院最高評議会議長として共和国の全権を握りながら裏では分離主義勢力を組織し、ジェダイの殲滅や共和国の打倒を進めたシスです。戦闘力でも知力でもスターウォーズ史上最強の存在といっても良いのではないでしょうか。

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 5
    • 0
  • 4
    Loading

    パルパティーン議長

    銀河共和国最後の元老院最高議長であったパルパーティーンはナブーの裕福な貴族の家に生まれ、若い頃からシスの遺物に興味を持って収集していました。ヒゴ・ダマスクと出会いました。ヒゴ・ダマスクは実は最後のシスであったダース・プレイガスであり、パルパティーンにシスの資質を見抜いたプレイガスはパルパティーンをダークサイドに誘い、その意のままに、実の父親を殺害したパルパティーンは、シスの弟子としてダークサイドの教義を学び、一方でナブー出身の政治家として順調に出世を続けました。その後のストーリーは良く知られたところです。このフィグは議長時代のパルパティーンで持っているのはデススターの設計図です。

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 6
    • 3
  • 5
    Loading

    マス・アミダ mede by BIgKIDBRIX

    マス・アミダはもパルパティーンの前任の議長だったヴァローラムの時代から銀河元老院で副議長を務めていました。パルパティーンと裏で通じており前任の議長の追放に大きな役割を果たし、銀河帝国になってからも宰相としてパルパティーンに仕えたという設定のようです。カスタムフィグのBigkidbrixの製品であまりに立派すぎてパルパティーンの方が格下に見えてしまいますね。

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 5
    • 0
  • 6
    Loading

    ドゥークー伯爵(7103)

    2002年にset7103 Jedi Duelに付属していたドゥークー伯爵です。もともとはジェダイの大物でクワイガンジンのマスターでしたが、ジェダイカウンシルに疑問を抱きシスとなり、分離主義勢力を率いていました。イエローヘッドのクラシカルなフィグですがこれはこれで良いかと。

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 5
    • 2
  • 7
    Loading

    ドゥークー伯爵 2013.set75017

    元ジェダイにして、ジェダイを裏切りダースシディアス(=パルパティーン)の弟子となって分離主義勢力を率いたドゥークー伯爵です。ドゥークーのミニフィグはこれまで3種ほどリリースされていますが、こちらは最後にリリースされたものです。映画の雰囲気にはこれが一番近いかもしれません。

    • いいね!

      31がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 4
    • 0
  • 8
    Loading

    ドゥークー伯爵(ダースティラナス)

    もともとはジェダイとしてクワイガンジンのマスターでもあったが、ジェダイオーダーに失望してダークサイドに落ち、ダースティラナスとして共和国転覆のために働く。最後はのちの皇帝パルパティーンとなる師匠ダースシディアスが指示により彼の新たな弟子アナキンスカイウォーカーに討たれる。湾曲した赤刃のライトセイバーもカッコイイです。

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 4
    • 0
  • 9
    Loading

    ヌート・ガンレイ(クローンウォーズ・バージョン)

    ヌート・ガンレイはスターウォーズのEP1から3、アニメ「クローンウォーズ」に登場した分離主義勢力の大物です。ニモディアンという非常にビジネス上手で知られる種族に属していましたが、ビジネスだけでなく、違法取引や追い落としなどにも長けた人物で、銀河共和国で大きな権力を持っていた通称連合の幹部となっていました。ここでダース・シディアスと利害が一致し、彼の支援により通称連合のライバルだった重役の暗殺に成功し、総督へと登りつめます。劇中は愚かしい振る舞いなども目立ちましたが通商連合は分離主義勢力の主軸となる独立星系連合を財政的に支援して戦い続けますが、最後はシディアスの命を受けたアナキンに殺害れてしまいます。レゴでは二種類のフィグがリリースされていますが、こちらはクローンウォーズでの姿を立体化したものようです。

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 4
    • 0
  • 10
    Loading

    ヌート・ガンレイ(set9494,2012)

    ヌート・ガンレイは惑星ニモーディア出身のニモーディアンです。若いころから星間貿易や星間輸送を担うトレードフェデレーション(通商連合)で上り詰め、他の幹部をダースシディアスが暗殺したことによりヴァイスロイ(総督)となりました。この後はナブー閉鎖を企んだり、ダースシディアスの弟子ダースティラヌス(ドゥークー伯爵)が分離主義勢力を立ち上げ後はその幹部となり、クローン大戦で大きな役割を担っていました。最後はダースシディアスの手先となったアナキンに虐殺されてしまいます。ガンレイのミニフィグは二種類出ていますが、こちらは後期のものとなります。

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 5
    • 0
  • 11
    Loading

    ポグル・ザ・レッサー(Poggle the Lesser)

    ポグル・ザ・レッサー(Poggle the Lesser)は共和国末期に分離主義勢力側についた惑星ジオノーシースの住人ジオノーシアンの一人です。もともとは下級層の出身でしたが、猛烈な権力欲でその地位を高め大公となります。ジオノーシアンは昆虫種族ですが、技術力も高く各種のバトルドロイドやデススターの開発なども彼の元で進められました。長く分離主義評議会の評議員を務めましたが、最後はダースヴェイダーとなったアナキンに惑星ムスタファーで殺害されます。もっている杖のみ適当な組み合わせ品で、原作では政敵の骨で作ったと言われていたらようで、適当な有りもので作ってしまったため白い部品を探してみようと思います。

    参考動画:
    https://www.youtube.com/watch?v=7ZpZzGOjRrc

    • いいね!

      25がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 8
    • 0
  • 12
    Loading

    ポ・ヌードー(Po Nudo)made by engineerio

    ポ・ヌードーは、惑星アンドー出身のアクアリッシュという種族の出身で、もともとは銀河共和国の元老院議員でしたが、ドゥークー伯爵の提唱する分離主義勢力に加担し、統治機関である分離主義評議会の構成メンバーとなっていました。しかしドゥークーを裏でマスターとして操っていたパルパティーンの全権掌握後には、新たなアプレンティスとなったアナキン・スカイウォーカーによって他の評議会メンバーとともに虐殺されてしまいます。

    • いいね!

      25がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 4
    • 0
  • 13
    Loading

    ラッシュ・クローヴィス made by engineerio

    ラッシュ・クローヴィスは、銀河元老院の議員にして、インターギャラクティック銀行グループの代表なども務めた人物です。かってはパドメ・アミダラとも恋愛関係にありました。しかしインターギャラクティックグループは分離主義勢力側についたことから通商連合などと組んでジオノーシスのドロイド工場建設に大きな役割を果たします。これを探りに来たパドメが途中で毒を盛られ、これを助けようとしますが、アナキンに置き去りにされ、その後は不明のようです。カスタムミニフィグメーカーのEngineerioの製品です。なぜこれを製品化しようと思ったのか不思議ですが、分離主義勢力コレクターとしてはスルーもできず入手に至りました。

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/24

    • 4
    • 0
  • 14
    Loading

    グリーヴァス将軍

    アニメ「クローンウォーズ」「クローン大戦」で大活躍する分離主義勢力の実力者・グリーヴァス将軍です。卑怯で強いという嫌な適役ですが、実はドゥークーに改造されてしまった可哀想な人でもあります。過去に倒したジェダイたちのセイバーを収集していて戦闘時には使います。グリーヴァスのフィグは知っている限り3種類出ており、どれもかなり表現が異なります。

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 5
    • 0
  • 15
    Loading

    ワット・タンバー

    ワット・タンバーは、惑星スカコ出身のスカコアンの男性で、クローン大戦中に分離主義勢力の幹部の一人としてアナキンやオビワンと幾度となく戦いました。
    タンバーは、テクノ・ユニオンの監督官であり、テクノ・ユニオンとは銀河系内の製造系企業の加盟団体で銀河でもっとも大きな商業ユニオンの一つでした。
    テクノユニオンは技術保護のためにバトルドロイドの所有を認められており、各惑星にも持つ製造施設でバトルドロイドや大型宇宙船を分離主義勢力に提供し続けました。
    しかしその最後は影の指導者だったダースシディアスの命によりアナキンに殺害されてしまいます。
    このフィグはレゴ純正ではなくサードパーティーのオリジナルです。

    ワット・タンバーの参照動画:https://www.youtube.com/watch?v=YNcSlrRQqu4

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 5
    • 0
  • 16
    Loading

    トレンチ提督

    分離主義勢力のトレンチ提督です。ハーチという蜘蛛に似た種族の出身で共和国内外に提督としての有能さと残忍さを記憶に残していました。劇中ではクローンウォーズにおいて幾度となく登場して共和国軍を脅かしました。このフィグはebayで購入したカスタムフィグです。特徴的な6本の腕はうち4本をボディの前後に印刷で表現しています。

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 6
    • 0
  • 17
    Loading

    アサージ・ヴェントレス

    ヴェントレスは、アニメ「クローンウォーズ」でオビワンやアナキンと戦い続けた元ジェダイ・パダワンです。奴隷からジェダイパダワンとなりますが、師匠を殺され、荒んだ生活を送っていた時に出会ったドゥークー伯爵の弟子となり、ある時はアサシン、ある時はドロイド軍の司令官となります。ただドゥークーは手駒としか見ておらず、これが判明した時点で分離主義勢力のもとを離れ賞金稼ぎとなります。さらにその後も波乱の人生を送ります。
    レゴからは数種発売されており、こちらのバージョンは6枚目・7枚目の姿が標準です。これにマントとフードを装着してみました。ヴェントレスは最後は愛のために尽くして最後を遂げるというキャラのためか単純な悪役とは異なり共感を引くキャラでもあります。

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 7
    • 3
  • 18
    Loading

    アサージ・ヴェントレス

    「クローンウォーズ」でドゥークー伯爵の弟子としてアナキンやオビワンの敵役を務めたアサージ・ヴェントレスの2008年のフィグです。スカート部分は本当に布でできています。もともとはジェダイ・パダワンでしたが、いろいろあってドゥークーの弟子となりますが、クローンウォーズの後半では師匠に捨てられ、賞金稼ぎとして放浪します。その後を描いた小説版ではジェダイマスターのクインラン・ヴォスとともに再登場したようです。

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 5
    • 0
  • 19
    Loading

    ダースモール

    エピソード1では主役以上の存在感を醸し出していました。ダースシディアスの弟子としてダークサイドの修行を行い、非常に強い戦士だった。二枚目以降に写っているのは弟のサージ・オブレス。EP1ではクワイガンジンを倒すがオビワンケノービに敗れ全身を半分に切られ反応炉に落ちる。しかし半分メカに改造されつつ生き延び、その後はダースシディアスから離れ裏社会をまとめるシャドウコレクティブを組織してジェダイ、シスの両方に敵対した。帝国成立後も生き延びたが最後はオビワンに敗れ死亡した。レゴではいくつかバージョンがありますがこれはたぶん一番ふつうのバージョンです。

    • いいね!

      20がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 5
    • 0
  • 20
    Loading

    サヴァージオプレス(Savage Opress)

    サヴァージオプレスは、ダソミリ・ザブラクのナイトブラザー氏族の一員であり、ダースモールの弟。もともとは誇りある戦士だったがダークサイドのアサージヴェントレスに洗脳や肉体改造を受けドゥークー伯爵の元に弟子として送り込まれる。ドゥークーの元でシスアプレンティスとしてダークサイドの修行を受け強い力を持つに至る。その後正気を取り戻し、兄のダースモールとともに第3勢力であるシャドウコレクティブと結成した。最後はダースベイーダーに敗れ死亡。
    斧とセイバーを持ちますが、斧とセイバーは入手できなかったためサードパーティーのものを流用しています。

    #LEGO

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 5
    • 0
  • 21
    Loading

    アンバラン・ソルジャー

    クローンウォーズに登場した惑星アンバラに居住するアンバランという種族の兵士です。アンバランは光が届かない惑星アンバラに適応しており人類から見ると病的な外見でシャドウピープルと呼ばれましたが、非常に高度な文明を築いていました。もともとは銀河共和国に加わっていましたが、ディーチ評議会議員の暗殺に伴い分離主義勢力に鞍替えしました。またパルパティーンの補佐官だったスライ・ムーアもアンバランです。このフィグはアンバランの一般兵士でレゴ純正、ブラスターのみ適当に現用銃を持たせました。

    CWのアンバラの戦いは光の届かないアンバラを非常に印象的に描いていると思います。
    https://www.youtube.com/watch?v=21ulBvOcukk

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 5
    • 0
  • 22
    Loading

    IG-100マグナガード(IG-100Magna Guard)

    IG-100マグナガードはグリーヴァス将軍のボディガードとしてドークー伯爵によって配備された高性能バトルドロイド。グリーヴァスとともにジェダイとも激しく戦った。

    • いいね!

      9がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 4
    • 0
    • いいね!

      7がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 3
    • 0
  • 24
    Loading

    セキュリティ・ドロイド

    バトル・ドロイドの中でも赤のマーキングはバトルシップや基地などの防衛用のセキュリティドロイドのマーキングとのこと。持たせたE5ブラスターライフルはCAC(Clone Army Coustum)のものです。

    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 3
    • 0
    • いいね!

      7がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 3
    • 0
  • 26
    Loading

    コマンドドロイド

    コマンドードロイドは、正式にはBXシリーズ・ドロイド・コマンドーという名称でバクトイド・コンバット・オートマタ社が製造したバトルドロイドで非常に高性能でしたが製造コストが高く量産には向いていませんでした。隠密行動などにも向いており特殊作戦などに投入されました。
    参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=gLIWZOtAZt0

    • いいね!

      23がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 2
  • 27
    Loading

    DSD1ドワーフ・スパイダー・ドロイド

    クローン大戦中に分離主義勢力に参加したコマースギルドが開発したバトルドロイドです。より大型のホーミングスパイダードロイドとともに行動することが多く、ドワーフスパイダードロイドが先行して入手した情報をホーミングスパイダードロイドに送信して攻撃するという役割分担がなされていました。アニメ「クローンウォーズ」内でも印象的な歩行ドロイドの一つです。簡単な感情も備えていました。

    • いいね!

      19がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 4
    • 0
  • 28
    Loading

    OG-9ホーミング・スパイダー・ドロイド

    クローン大戦中に分離主義勢力に加わっていたコマースギルドによって運用された兵器です。感情や個性などは設定されておらず軍事行動にはより小型のドワーフ・スパイダー・ドロイドからの情報と指示に基づき攻撃を行っていたようです。

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 4
    • 0
  • 29
    Loading

    EV-A4-D

    EV-A4-Dは労働ドロイドのスーパーバイザーとして作られたEVシリーズのドロイドの一つです。EVシリースはプログラムミスでサディスティックで残忍な性格という大きな欠陥を抱えていたそうです。A4-Dは分離主義勢力のグリーヴァス将軍の医療・修理ドロイドで、グリーヴァスの修理にあたりました。

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 6
    • 0
  • 30
    Loading

    ドロイデカ(Droideka)

    アニメ「クローンウォーズ」でもかなり活躍?していた戦闘用の昆虫型のドロイド。分離主義勢力を構成するトレードフェデレーションが戦闘用に使用しました。偏光シールドを発生させ防御力も高く、さらにツインブラスターに加え、移動時には球形になって転がりながら高速で移動する厄介なバトルドロイドでした。
    複雑な形をレゴでうまく表現しており愛嬌もあります。

    • いいね!

      22がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 6
    • 3