スターウォーズ「ジェダイの復讐」書店ポスター

0

スターウォーズ「ジェダイの復讐」書店掲示ポスター。
画像2は、宣伝している”ロードショー特別編集”の「ジェダイの復讐」特集本。
私もこの本を公開当時に購入して、今でも持っています。 #スターウォーズ

Default
  • File

    CRASH AND BURN 場外劇場

    2022/1/27 - 編集済み

    自分もこの本買いましたよ。スチールもさることながら特撮場面のフィルム抜き焼きが多く、こんなブラーの入ったミニチュアの画像をどうやってマスク抜いて合成してるのか分からなくて頭ひねってました。

    返信する
    • Retro 36

      episode1

      2022/1/29

      この本は、
      倉庫状態の部屋のどこかにはあるはずですが、所在不明。

      本の内容をあまり憶えていなくて。

      「ジェダイの復讐」公開時に、
      別のSW特集本もあり、
      それとの記憶がオーバーラップ
      しています。

      特撮のジョン・ダイクストラは
      EP-4だけだったんですね。
      「ギャラクティカ」に手を出した為に、
      ルーカスとトラブルになったとか。

      EP-5(帝国)の特撮には
      マットペインティングを使っていたり。

      いろいろとありましたね。

      EP-6(ジェダイの復讐)は、
      【特別篇】では、
      最後のシーンが変更されていましたね。

      そして、
      【EP-6特別篇】地上波公開時には、
      更に変更されていた??
      だったかな。

      私的には、納得していませんが・・・。

      ちょっと記憶があいまいです。

      返信する
  • File

    CRASH AND BURN 場外劇場

    2022/1/30 - 編集済み

    ロードショー版はストーリー紹介がメインだった記憶があります。
    だから抜き焼きが多かったはず。

    ただダイクストラに関しては先日ギャラクティカの同人誌を出した時に調べたのですが、元々ルーカスの要求ハードルが高すぎて両社は険悪だったようです。

    その一方でルーカスもモーションコントロールカメラによる合成マスクの量産というメリットを理解せずにダンフォースに代わってもらおうとしたりと引っ掻き回すだけの事も多かったようで。
    そもそもギャラクティカの仕事をダイクストラが受けたのもスターウォーズ公開後はルーカスがILMを放置していて収入を得るため仕方なくうけたわけだったりします。

    File
    返信する
    • Retro 36

      episode1

      2022/1/30

      なるほど。

      いろいろと情報をありがとうございます。

      「ギャラクティカ」は、
      アメリカでは<完結>しているんでしょうか??

      多分、違いますよね。

      <完結>で思い出したのですが、
      かなり古い話。
      日本で「巨人の惑星」がTV放映されて、いつも中途半端で終わっていましたよね。
      これは日本側の事情もあるでしょうが。

      本国、アメリカでは<完結>していたのか??
      これも、完結せず、中途半端な形で終わっているのでしょうか??
      ずっと、ここが知りたかったのです。

      ネットで調べれば、済む事なのでしょうが、
      たまたま思い出しました。
      ご存じなら、教えて下さい。

      CRASH AND BURN 場外劇場さんなら
      ご存じかと思いまして。

      返信する
  • File

    CRASH AND BURN 場外劇場

    2022/1/31 - 編集済み

    ギャラクティカは最初のシリーズはいよいよこの太陽系に船団が到着するラストで当時ちゃんと最終回があったので驚いたものです。
    この後「ギャラクティカ1980」という続編はありますがあって無い様なもの、また90年代に「セカンドカミング」というパイロットフィルムがありましたが00年代にリ・イマジネーションが製作されたのはご周知の通り。
    ちなみに当時コミカライズを出していたマーベルコミックでも違う明確な最終回が描かれています。

    ちなみに完結しないのはあちらがシーズン制で視聴率が悪いとそこで終了させられてしまうのです。
    打ち切りを避けるためにシーズンの最後を前後編の前編にして視聴率を稼ぐクリフハンガー方式が定着したのですが、このためキャンセルされたドラマは酷い終わり方になっています。
    何故シーズン最後をそうするかというとアメリカでは毎回ではなく特定時期の視聴率をサンプルにするのでそこさえ上げれば次のシーズンが繋がるのです。
    放送方式の違いなので仕方ないですがそんな中で完走できた平成スタートレック3部作、バビロン5、平成ギャラクティカは幸運な例ですね。
    長文失礼いたしました。

    返信する
    • Retro 36

      episode1

      2022/2/2

      CRASH AND BURN 場外劇場 さん

      詳しい解説をありがとうございます。

      アメリカと日本での大きな違いが
      よ~く分かりました。

      「ギャラクティカ」は、
      日本でのTV放映と
      劇場版2作品しか観れていないので、
      その後の作品までを通して
      観たいと思えてきました。

      その前に、
      YouTubeで断片的にでも
      観れればと。

      返信する