ワイルドスミス エプロンフロント made by エドワードグリーン

0

ロンドンの名店 ワイルドスミスのエプロンフロント(Uチップ)です。

オークションで購入。
昔のワイルドスミスはエドワードグリーンに革靴の製造を依頼しておりエドワードグリーンと想定されるとのこと。ラスト61は現在もHarrowで使われています。
出品者の方によればソールの作りやヒールトップの仕様などから1970年代あたりと想定されるとのことでした。

ヴェルトショーン製法、分厚いダブルソールに袋状のタン、柔らかいけど分厚いシュリンクレザーとカントリーテイスト溢れる一足です。現在のエプロンフロントの主力ドーバーとは異なり無骨な印象がまた良いです。分厚いダブルソールから履き慣らしにはかなり苦戦しそうですが。。特に気に入ったのはシュリンクレザー、これは昔のものが圧倒的にバラエティーも質感も素晴らしいと思っています。

ヴェルトショーン製法:英国のカントリーテイストの靴に見られる製造法の一つ。以下リンクに詳細あり。
https://www.british-made.jp/topics/cheaney/201805180023698

Default
  • File

    グリーン参る

    2022/3/17 - 編集済み

    製法、タンの形状からはカントリー仕様の靴と思われます。
    シュリンクレザーはグラスゴーのタンナー、マーチン社の
    「ZUGレザー」のようです。水にとても強い革だそうです。

    File
    返信する
    • File

      mat2193

      2022/3/18

      とてもありがたい情報ありがとうございます!ますます大事にしたくなりました!グラスゴー製とは!

      返信する
    • File

      グリーン参る

      2022/3/18

      ZUGレザーと通常のカントリーカーフの
      耐水性を比較した実験画像があります。
      ご参考になれば幸いです。

      File
      返信する
    • File

      mat2193

      2022/3/18

      これはまたすごい!大感謝です!!実はカントリーカーフマニアなので嬉しい情報です!(ただメーカーとかは知らず、カントリーカーフとかの色や質感を楽しんでいるレベルですが。。)

      返信する
    • File

      グリーン参る

      2022/3/18

      添付画像は1924年のマーチン社の広告です。
      耐水性ではZUG>ZEBU>C.Cという順になる
      ようです。

      File
      返信する
    • File

      mat2193

      2022/3/18

      貴重な資料をありがとうございます!こういった情報にアクセスできる知識を見習いたいです!ホーウィンなど雑誌などで見かける皮革メーカーは認識していましたが!新たな扉が開いた気分!

      返信する
    • File

      グリーン参る

      2022/3/19

      添付画像は1942年12月のライフ誌掲載のリーガルの広告です。
      文章からはマーチン社のグレインレザーに対する高い評価が
      伺われます。

      File
      返信する
    • File

      mat2193

      2022/3/19 - 編集済み

      こちらもありがとうございます!
      こちらが向こうのリーガル本家なんですね。こちらも初めて拝見しました。

      返信する