みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成
(無料)

» ログイン
ミューゼオとは? よくある質問
File

ティーポット・コーヒーポット・ティーカップ

お茶を楽しむためのティーポットやティーカップ、気に入ったものを少しずつ増やしています。英国製のアンティークシルバー、中国の紫砂製の茶壺、さまざまなティーカップ。

  • Loading

    925シルバーのティーポット(1920年製)

  • Loading

    プレートシルバーのコーヒーポット

  • Loading

    Mappin&Webのコーヒーポット

  • Loading

    ティーポット

  • Loading

    紫砂茶壺(張泉林)

  • Loading

    紫砂茶壺

  • Loading

    紫砂茶壺

  • Loading

    紫砂茶壺

  • Loading

    茶壺

  • Loading

    紫砂茶壺(周菊栄)

  • Loading

    紫砂茶壺(周菊栄)

  • Loading

    茶壺(吳晟誌 製)

  • Loading

    ファイヤーキング ジェダイト マグカップ

  • Loading

    ファイヤーキング フォレストグリーン ティーカップ

  • Loading

    ファイヤーキング ターコイズ ティーカップ

  • Loading

    ファイヤーキング アズール ティーカップ

  • Loading

    ファイヤーキング ジェダイト ティーカップ

  • Loading

    亀の茶壷

  • Loading

    ファイヤーキング アンバー バレルマグ

  • Loading

    エッグスタンド(シルバープレート製)

  • Loading

    バターナイフ(925シルバー.1897年製)

  • Loading

    ダートムアで購入したマグカップ

  • Loading

    景徳鎮製の茶器

  • Loading

    Ceramiche di Siciliaのデミタスカップ

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 6
    • 0
    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 5
    • 0
    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 4
    • 0
    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 3
    • 0
  • 5
    Loading

    紫砂茶壺(張泉林)

    つまみの動物と蓋の文字に惹かれて購入しました。紫砂製で使い勝手ももちろん良いです。作家は張泉林という方、いまはそれなりに著名な方のようです。

    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 6
    • 0
  • 6
    Loading

    紫砂茶壺

    作家は失念してしまいましたが亀に見立てたデザインとツマミの兎が気に入って購入しました。

    • いいね!

      18がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 7
    • 2
  • 7
    Loading

    紫砂茶壺

    作家不明、新宿の「茶語」で一目惚れして購入しました。茶壺全体を猪に見立てたデザインに加え、蓋のつまみの造形も愛用の理由です。

    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 7
    • 0
  • 8
    Loading

    紫砂茶壺

    作家名は失念してしまいましたが茶壺には珍しい六角形のデザインが気に入りました。厚みがある素材で頑丈なため使い勝手も良好です。

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 9
    Loading
    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 7
    • 0
  • 10
    Loading

    紫砂茶壺(周菊栄)

    周菊栄という方の作品とのこと、丸みと色合いが購入ポイントでした。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 8
    • 0
  • 11
    Loading

    紫砂茶壺(周菊栄)

    こちらも独特の色合いと丸みを帯びたデザインに惹かれ購入しました。作家さんは周菊栄という方とのこと。

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 5
    • 0
  • 12
    Loading

    茶壺(吳晟誌 製)

    2013年の台湾旅行時に購入しました。台北市内の御林芯(yulinxin.com)で一目惚れ。台湾の作家が台湾の土で作陶されているそうです。

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 5
    • 0
    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
    • いいね!

      7がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 3
    • 0
    • いいね!

      7がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
    • いいね!

      16がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 2
    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 18
    Loading

    亀の茶壷

    作家名は忘れましたが紫砂製の茶壺です。亀の甲部分のデザインも良いです。2008年購入。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 0
    • 0
    • いいね!

      8がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 20
    Loading

    エッグスタンド(シルバープレート製)

    いつごろのものかは不明ですが、英国滞在中にシルバープレート(銀メッキ)のエッグスタンドでボイルドエッグを食べたのが気に入って、時々アンティークシルバーを購入する「いぎりすもんや」で購入しました。プレートシルバーですが地金の厚みも十分で銀メッキの輝くも気品に溢れます。普段使いするのであればシルバープレートでも十分なのかもしれませんね。

    • いいね!

      9がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 3
    • 0
  • 21
    Loading

    バターナイフ(925シルバー.1897年製)

    1897年のチェスターアセイオフィスの刻印が押された925シルバー製のバターナイフです。持ち手はマザーオブパール製です。シルバープレート製と違い925シルバー製のイギリスの銀製品はすべてホールマークが刻印されておりこのホールマークからいろいろ遡るのも面白いものです。

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 5
    • 0
  • 22
    Loading

    ダートムアで購入したマグカップ

    イングランドのデボン州ダートムア内のカフェで購入したマグカップ。近隣のポタリーで製造されたものとのこと。

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 5
    • 0
  • 23
    Loading

    景徳鎮製の茶器

    香港の茶具文物館という茶器の博物館のミュージアムショップにて購入しました。景徳鎮製、ハンドメイドとありましたが、どの程度のものなのかは全く不明。でもこの中国的な色彩がいつもと違う感覚をくれそうで購入しました。現行品の茶器としては日本製や欧州製のものと比較してもかなり結構なお値段でしたが、これも高いのか安いのか良くわからず。でも満足はしています。

    https://eastmeadow.exblog.jp/28165285/

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 4
    • 0
  • 24
    Loading

    Ceramiche di Siciliaのデミタスカップ

    たまたま中目黒で見つけて一目惚れしたペアのデミタスカップです。Ceramiche di Sicilia(シチリア製陶)はGiovanni de Simone(ジョバンニ・デ・シモーネ)氏がシチリアに作られた製陶所のようです。1951年から製陶を始め多くの作品を残し、1991年の死後、弟子たちが継承して今にいたるとのこと。使用前に米ぬかで煮てくださいとアドバイス、これにより陶器は長持ちするようになるとのことです。こうしたひと手間が愛着を増します。

    • いいね!

    • 登録日:2018/10/5

    • 6
    • 0