みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

File
  • File
  • File
  • File
  • PLAY

吹雪文みつ豆鉢

主に「みつ豆」用として大正から昭和初期に作られた鉢。骨灰を混ぜたガラスを吹き、口縁部付近を冷却することで白濁させ、さらに鉄板に敷いた緑色のガラス片を巻き取り装飾とする。口縁部は輪花となっている。
あたかも緑色のガラス片が吹雪の様に見えることから、このような文様を「吹雪文」と呼んでいる。本品のように単色の物もあれば、緑のほかに茶や青、オレンジを混ぜたものなど様々である。
かき氷を盛る「氷コップ」を主として、コンポート、みつ豆鉢、ソーダコップなどには色ガラスを多用し様々な技法で加飾された華やかな作品が多く見られる。なかでも氷コップはコレクターも多く、3色以上の色ガラスを使用したものや、珍しい技法で加飾された物は特に高価で取引されている。