みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成
(無料)

» ログイン
ミューゼオとは? よくある質問

0

プロトコルドロイドK-3PO

惑星ホスのエコー基地で働いていたプロトコルドロイドです。細かい上官のもと戦略データが蓄積したため戦略支援に携わるようになっていったそうです。ただエコー基地が破壊された際に共に終わりの時を迎えました。2016年にリリースされたAssult on Hothに付属しています。

  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • PLAY
File
  • File
    2017/8/5

    ace

    最近、展示品よりrealminiatureさんに感嘆してしまいがちです^^;

    返信する
    • File
      2017/8/5

      realminiature

      マメさだけが取り柄でして。。いつもコメントありがとうございます!

      返信する

みんなのモノ日記

  • 2018/4/5
    File

    プロトコル・ドロイド・ミニフィグまとめ

    スターウォーズに登場するドロイドのうちプロトコル・ドロイドと呼ばれるドロイドたちのミニフィグをまとめてみました。 プロトコルドロイドは、さまざまな種族の言語や儀礼などに通じたドロイドのことで、通訳業務などさまざまな業務に従事しました。 一体ずつ紹介していきます。まずは一番有名なプロトコル・ドロイドであるC-3POです。新シリーズになって影が薄くなりかなり残念ですね。 こちらはEP1でバトルドロイドと頭が入れ替わってしまったC-3POです(単に頭を入れ替えただけです)。 こちらはEP7に登場したC-3POです。別の作戦で犠牲になった仲間のドロイドの腕をつけたままにしているという設定のようです。 こちらは2012年ごろに出ていたC-3POです。下半身のディテールが省略されています。 他のプロトコルドロイドを紹介していきます。まずはU-3POです。オルデラン王室に仕えていましたが、実際には帝国のスパイドロイドで彼の発した通信でレイアの乗るタンティブⅣは鹵獲されてしまったそうです。 続いて同じくシルバーのドロイドTC-14です。クロームシルバーの特別なミニフィグです。TC-14はEP1から3にかけて登場した通商連合のヌートガンレイに仕えたドロイドです。 続いてK-3POです。惑星ホスにあった反乱同盟軍のエコーベースで戦略策定を支援していました。これまでの上官がデータを消さなかったことでこの業務を行えていたそうです。 赤いカラーが特徴のTC-4です。パルパティーンの所有物だったそうです。議長時代のパルパティーンは常に赤い服装に身を包み、彼の私兵だったガードマンたちも赤い服装に身を包んでいました。 ちょっと古いミニフィグですが同じく赤いR-3POです。エコーベースで帝国の偵察ドロイドの監視にあたっていたそうです。 あとは少し変形のプロトコルドロイドを二体紹介します。RA-7と呼ばれるドロイドで昆虫種族に似せて作られました。主にデススターにおいて高官のもとに配備されていましたが、実際にはスパイの役割を担わされていたそうです。ちょっとかわいそうな感じもしますね。 こちらは塗装を剥ぎ取られたRA-7です。 こちらバージョン違いのRA-7です。ちょっとだけ塗装が違います。 ハンソロに登場したS106-SA-5です。ケッセル鉱山で厳しい労働に従事させられているようです。頭が逆でした。。 以上、ミニフィグから見るプロトコルドロイドたちを紹介してみました! #コレクションログ #比較

    File

    realminiature

History

  • 2017/08/05

    アイテムの公開が始まる

  • 2017/08/05

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、1日目での達成!