みんなのコレクションが集まるミュージアム

0

File

十角面取り利休杯(リキュールグラス)

丁寧なカットにより10面の面取りが施された利休杯(リキュールグラス)。口縁部は明治期のグラス・コップによくみられる研磨仕上げになっている。手取りが重く、ヌメリのあるガラス質で、指で弾くと高い音が響く。また、ガラスの色調もやや黒味を帯びており、この時代に見られる鉛ガラスの特徴を備えている。幕末から明治初期にみられる透明鉛ガラスを用いた、厚手の型吹きガラス作品群を「水晶手」と呼んでいるが、この作品も水晶手の一種である。イギリスやフランスのバカラ製グラスを模したものであるが、カットの精度も高く一見本歌に見紛う出来である。

  • File
    2019/12/12

    テッツァライト

    スッキリとしていて美しいグラスですね。
    写真の撮り方も素敵です!

    返信する

History

  • 2019/05/18

    アイテムの公開が始まる

  • 2020/03/06

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、294日目での達成!