みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

File

面取リキュールグラス

丁寧なカットにより10面の面取りが施されたリキュールグラス。口縁部は明治期のグラス・コップによくみられる研磨仕上げになっている。手取りが重く、ヌメリのあるガラス質で、指で弾くと高い音が響く。また、ガラスの色調もやや黒味を帯びており、この時代に見られる鉛ガラスの特徴を備えている。イギリスやフランスのバカラ製グラスを模したものであるが、カットの精度も高く一見本歌に見紛う出来である。