みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

File
  • File
  • File
  • File
  • PLAY

アニメ『最後のユニコーン』サウンドトラックCD

アニメ映画『最後のユニコーン』(1982年,国内劇場未公開)のサウンドトラックCD。作曲はジミー・ウエッブ、演奏はアメリカ(バンド)。Virginレコードレーベル。『ダーククリスタル』と同じく、ITCのオーナー、グレード卿の企画で、アーサー・ランキンJr&ジュール・バス監督によるアニメ映画です。
タイトルがドイツ語になっているのは、西独(当時)で製造したためです。
原作は、米国のピーター・S・ビーグルの同名小説。ある豊かな森の守護者を努めていた雌のユニコーンは、ある時異変に気付き、森からの旅立ちを決意します。不老不死の同族のユニコーンが次々に姿を消しているという噂を確かめるべく、慣れぬ人の街道を旅するうちに、頼りない魔法使い見習いのシュメンドリック、モミー・フォルチュナ等々、旅の同行者がついていきます。果てはユニコーンを危険から守るべく、シュメンドリックが放った魔法が、予期せずにユニコーンを人間に変身させ《レディ・アマルシア》としてしまいました。そして…という話です。
このアニメーションは日本で制作されましたが、今まで日本では未公開のままで、Youtubeのようなネット動画が出るまでは、輸入版のVTRでなければ見ることは出来ませんでした。もしかしたら、グレード卿は『ダーククリスタル』と併映のような公開方法を考えていたかもしれません。
https://muuseo.com/jason1208/items/122
こちらにも関連記事があります。

#最後のユニコーン #TheLastUnicorn #ITC #ファンタジー映画

https://youtu.be/t-UpwWauZ50

FantasticFilms#33
米国のSF映画専門誌Fantastic Filmsの33号です。表紙で分かるように、1983年の発行で「ダーククリスタル」の特集を載せています。1980年代には米Starlog誌と一緒に洋書店で並んでいるのを見かけた雑誌でした。 当時は輸入雑誌はやたらと高価で、せいぜい7ドルもしない雑誌が千円以上といった値段で、欲しくてもなかなか何冊も買えませんでした。 画像4枚目の“The Last Unicorn”(最後のユニコーン)というアニメ映画は、「ダーククリスタル」の出資者である英国貴族のグレード卿(ITCのオーナーでもあります)がプロデュースして、日本のアニメ製作会社に作らせたものです。製作時期を考えると、もしかしたら「ダーククリスタル」との併映みたいなものを考えていたのかもしれません。 #ダーククリスタル #ジム・ヘンソン #フランク・オズ #マペット #特撮 #専門誌 #古書 #TheLastUnicorn
https://muuseo.com/jason1208/items/122

History

  • 2018/12/26

    アイテムの公開が始まる

  • 2018/12/27

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、2日目での達成!

  • 2018/12/27

    "いいね!"が20人を超える
    公開後、2日目での達成!

  • 2019/05/18

    "いいね!"が30人を超える
    公開後、144日目での達成!