1956 (28TH) SPARK GORDINI T32 A.PILETTE

0

F1親子鷹 アンドレ・ピレット
最後のゴルディーニ GORDINI T32

アンドレ・ピレット ベルギー出身
息子のテディ・ピレットも
1974年ブラバムでF1参戦している
F1界では2番目のF1親子鷹の父の方

アンドレは1951年よりスポット参戦
1954年ゴルディーニで自身唯一の5位入賞

1年空けて1956年はゴルディーニと
地元ベルギーではフェラーリで参戦
モナコGPとベルギーGPはともに6位
1956年は5位まで入賞の為
惜しくも入賞はならなかった

1950年から参戦しているフランスの
ゴルディーニはこの年限りでF1撤退
T32が最後のマシンとなった

モデルはスパーク
モナコGP仕様 決勝6位
ピレットはこのGPで予選に出場しておらず
決勝でエリー・バイヨル(フランス)と
車両を共有しそれぞれ44周走行
100周のレースでトップから12周遅れ
優勝はスターリング・モス(マセラッティ)

https://muuseo.com/FW12C/items/1548?theme_id=34513

1974 (45TH) SPARK BRABHAM BT42 T.PILETTE
F1史上2組目の親子ドライバ― テディ・ピレット BRABHAM BT42 テディ・ピレット ベルギー出身 父は1950年代にゴルディーニや フェラーリにも在籍した アンドレ・ピレット 1974年開幕戦から参戦した H・J・シュトゥック(マーチ)に続く F1史上2組目親子ドライバ― 1974年R5地元ベルギーGPに ブラバム3RDドライバ―でスポット参戦 マシンは型落ちの BRABHAM BT42 予選は31位までが通過のGPで27位 決勝はトップから4周遅れの17位完走 このGPはスポットスポンサーで 日本のHITACHがブラバムをサポート 同社のロゴが目立つマシンになっている テディ・ピレットはこの後 1977年にBRMから3戦エントリーするも すべて予選落ちで F1での決勝進出は 1974年のベルギーGP 1戦限りであった
https://muuseo.com/FW12C/items/1548

Default