みんなのコレクションが集まるミュージアム

みんなの「怪獣」コレクション

怪獣とは正体不明の生物のこと。特に特撮作品などでは人類の脅威となる存在として登場することが多い。
日本で「怪獣」という存在が普及したのは東宝の怪獣映画の貢献度が極めて高い。
日本の怪獣映画の元祖と呼ばれている「ゴジラ」は1954年にヒットし、数多くの模倣映画が作られることとなった。ゴジラは「怪獣王ゴジラ」の名前でも呼ばれ、怪獣という言葉を変化させる要因ともなった。
また「ウルトラマンシリーズ」に登場する「ウルトラ怪獣」も著名である。1966年には円谷プロダクションにより、テレビ特撮「ウルトラQ」が始まり、人気を受けて製作された後番組「ウルトラマン」も人気を博し、ますます子供たちに怪獣人気を植え付けることとなる。
ミューゼオでは様々な怪獣コレクションを眺めることができます。