bluenote Museum

by ミューゼオロゴ
File
File
File
File
File
File
File
File
File

Since 2018 September

ミュージアム・オーナー

File

bluenote

入館者数104172人

アイテム展示数1458個

いいね!数14457個

Museum Owner

File

bluenote

Floor Map

  • 46F

    IMPULSE LP

    67
    File
  • 45F

    サンプラー LP

    11
    File
  • 44F

    VANGUARD LP

    17
    File
  • 43F

    VOGUE JAZZ LP

    44
    File
  • 42F

    欧州 JAZZ LP

    32
    File
  • 41F

    マイナー・レーベル LP

    51
    File
  • 40F

    HANK MOBLEY LP

    24
    File
  • 39F

    DONALD BYRD LP

    31
    File
  • 38F

    PHIL WOODS LP

    24
    File
  • 37F

    SONNY STITT LP

    25
    File
  • 36F

    J . J . JOHNSON LP

    24
    File
  • 35F

    JACKIE McLEAN LP

    26
    File
  • 34F

    PAUL DESMOND LP

    24
    File
  • 33F

    MODE LP

    25
    File
  • 32F

    ART FARMER LP

    26
    File
  • 31F

    ZOOT SIMS LP

    40
    File
  • 30F

    JOHNNY GRIFFIN LP

    24
    File
  • 29F

    動物ジャケ シリーズLP その、2 (鳥編)

    25
    File
  • 28F

    動物ジャケ シリーズLP

    35
    File
  • 27F

    DEVID STONE MARTIN

    26
    File
  • 26F

    乗物ジャケ・シリーズLP (海、空)編

    22
    File
  • 25F

    乗り物ジャケ ・シリーズLP (陸編)

    35
    File
  • 24F

    THELONIOUS MONK LP

    29
    File
  • 23F

    STAN GETZ LP

    26
    File
  • 22F

    BUD POWELL LP

    25
    File
  • 21F

    ART BLAKEY LP

    47
    File
  • 20F

    HAMPTON HAWES LP

    19
    File
  • 19F

    LEE MORGAN LP

    21
    File
  • 18F

    CANNONBALL ADDERLEY LP

    25
    File
  • 17F

    SONNY ROLLINS LP

    37
    File
  • 16F

    CLIFFORD BROWN LP

    28
    File
  • 15F

    BILL EVANS LP

    21
    File
  • 14F

    RED GARLAND LP

    26
    File
  • 13F

    ART PEPPER LP

    20
    File
  • 12F

    JOHN COLTRANE LP

    36
    File
  • 11F

    CHET BAKER LP

    28
    File
  • 10F

    MILES DAVIS LP

    55
    File
  • 9F

    自作家具

    13
    File
  • 8F

    有名作曲家 ソング・ブック LP

    28
    File
  • 7F

    美女ジャケ LP シリーズ

    105
    File
  • 6F

    FONTANA JAZZ LP

    30
    File
  • 5F

    UK JAZZ LP ESQUIRE

    28
    File
  • 4F

    ジャズ・ボーカル VoL,3

    48
    File
  • 3F

    ジャズ・ボーカル VoL.2

    62
    File
  • 2F

    ジャズ・ボーカル

    60
    File
  • 1F

    MY AUDIO ROOM

    26
    File
  • Museum Library

    Library
  • Entrance

    File

Museum Library

1F MY AUDIO ROOM 26

File

私のオーディオ ルーム です。 6畳しかないので、オーディオとLPレコードで埋め尽くされた感じです。 自作のラックで、何とか工夫して収めている状態です。 スピーカー 2組、プリアンプ 3台、プリメイン 1台、レコードプレーヤー 3台、メインアンプ 2台、CDプレーヤー 2台、レコードクリーナー 1台 等々 LPレコード(JAZZ)が3500枚、CD200枚程度所有しております。 部屋は防音室になっています.

Loading

2F ジャズ・ボーカル 60

File

女性ジャズ・ボーカルを中心としたアルバムを紹介します。 又、その中から、お勧めの一曲を選びながら、そのアルバムに対する自分なりの想いを 取り入れて行きたいと思います。

Loading

3F ジャズ・ボーカル VoL.2 62

File

ジャズ・ボーカル LP を中心に、その中からお勧め曲を紹介します。

Loading

4F ジャズ・ボーカル VoL,3 48

File

ジャズ・ボーカル・シリーズ 女性ボーカルを主として、所有する残りのLPを紹介します。

Loading

5F UK JAZZ LP ESQUIRE 28

File

UK プレス ジャズ LP エスカイア(ESQUIRE) シリーズ です。 USA プレスティッジ(PRESTIGE)を、主とした、UK盤です。 オリジナル ジャケットを、モチーフに独自のイラストジャケットで、製作されたものが多く、昔、海外オークションで、入手しました。 製作されたのは、1960年代頃だと思います。 中身のレコードは、USAオリジナルプレスに、レーベルだけ張り替えていると思われ、再発盤レコードではなく、USA本国に 制作依頼し、独自のジャケットで、発売されたのではないでしょうか。 最近は、オークションでも、数が少なく、高価で取引されるので、入手出来なくなりました。

Loading

6F FONTANA JAZZ LP 30

File

欧州の ジャズ・レーベル フォンタナ です。 オランダ、イギリス、フランス から、フォンタナ・ポピュラー・ジャズ・シリーズ として、アメリカのジャズ・レーベルより、セレクトし、女性モデルを、 使って、一連のシリーズ・アルバムを、リリースしています。 過去に、海外オークションで、廉価で、入手しました。 欧州のレコードは、アメリカと違って、綺麗な状態で、入手出来るので、本当にありがたいです。

Loading

7F 美女ジャケ LP シリーズ 105

File

LP レコード収集をしている時、小さなサイズの、CDでは、味わう事の出来ない、ジャケット(カバー・アート)が、大きな魅力です。 特に、美女を扱った、ジャケットは、中身に関係なく、手に取ってしまうのです(通称ジャケ買い)。 ここでは、私の、お気に入り、美女ジャケ LP を、紹介します。

Loading

8F 有名作曲家 ソング・ブック LP 28

File

ジャズを、聴く時、テーマとなる曲に、名曲(スタンダード)が、多く使われます。 ジャズに、名演奏があって、名曲は無いと言われますが、やはり、元になる曲が良くなければ、名演奏は生まれません。 ここでは、アメリカの有名作曲家の、ジャズLP 選曲集(ソング・ブック)を、紹介します。

Loading

9F 自作家具 13

File

子供の頃から、機械いじり、模型製作が、好きでしたが、今でも、市販の家具では、大きさ、強度に満足したものが、ない場合は、自作しています。 もっぱら、隙間家具のようなものを、製作していますが、妻にも好評です。 材料は、ホームセンターで、18㎜厚の集成材(1820×910)が、割安なので、買っています。 必ず、カットしてもらいます。 自分で切ると、どんなに丁寧に切っても、誤差が出る(僅か、1㎜程度でも)からです、この、誤差が、組み立てた時の仕上りに、大きく影響します。 組立は、1日、塗装に、4~5日程度です。

Loading

10F MILES DAVIS LP 55

File

ジャズの、帝王と呼ばれる、トランペット奏者 マイルス・デイヴィス 。 私の所有する、LPレコードも、最も多いのが、マイルス。 晩年まで、常に、ジャズ界をリードしてきた、最大の功労者でしょう。 とは言っても、私の所有するのは、コロンビア・レコード時代の、1965年頃までですが。 卵の殻の上を歩く様な、緊張感で、演奏する彼の、ミュート・トランペットは、本当に魅力的です。

Loading

11F CHET BAKER LP 28

File

ウェスト・コーストの代表トランペット奏者、チェット・ベーカー。 甘いマスクとボーカルでも、有名ですが、私は、歌の方は好きになれない。 1929年生まれ、1988年、ホテルの窓から転落死、享年58歳。 PACIFIC JAZZ, RIVERSIDE レーベル時代の、1950年代録音を、主に、紹介します。

Loading

12F JOHN COLTRANE LP 36

File

テナー・サックス奏者 ジョン・コルトレーン。 無名のテナー奏者だった、ジョン・コルトレーンが、30歳を過ぎて、マイルス・デイビスのメンバーに迎えられ、テナーの巨人と言われるまで成長する。 マイルスのメンバーから独立した、コルトレーンは、インパルス・レコード移籍後、孤高の演奏スタイルを確立し、若くして、この世を去る。

Loading

13F ART PEPPER LP 20

File

アルトサックス奏者 アート・ペッパー。 1925年生まれ、1952年 初リーダー・アルバムを、DISCOVERY レーベル からリリースされる。 ウェスト・コーストを代表する、白人アルトサックス奏者。 麻薬常習の為、1955年迄、投獄される、その後は、TAMPA, JAZZ WEST, INTRO などの、マイナー・レーベルで、LPをリリースする。 1957年、CONTEMPORARY レーベルより、マイルス・デイビスのリズム・セクション・メンバーと共演した、代表作を残す。

Loading

14F RED GARLAND LP 26

File

ピアノ奏者 レッド・ガーランド 1923 年生まれ。 1955年、マイルス・デイビス、オリジナル・クインテットの、メンバーとして、活躍する。 1962年、引退する迄、殆ど、PRESTIGE レコード 専属ピアニストとして、マイルスのアルバムと、自身名義のアルバムを、残す。 左手の、ブロックコード、右手の、球を転がす様な、シングル・トーン 、この、演奏スタイルは、いつも変わらない。

Loading

15F BILL EVANS LP 21

File

ビル・エバンス 1929年生まれ、白人ジャズ・ピアニスト。 ベース スコット・ラファロ、 ドラムス ポール・モチアン との、ピアノ・トリオで、RIVERSIDE レーベル に、不滅の4部作を、残す。 1958年、マイルス・デイビス・クインテット に、参加し、名盤、KIND OF BLUE を、録音。 1980年、51歳で、亡くなる迄、多くのLPを、残すが、お勧めは、RIVERSIDE レーベルに尽きる。 知的な風貌から、女性に、やたらと人気がある。 本当に、JAZZが好きなのか、疑問ですが ・・・・・

Loading

16F CLIFFORD BROWN LP 28

File

トランペット奏者 クリフォード・ブラウン 1930 年生まれ。 天才と呼ばれるにふさわしい、テクニックと、自由奔放な、演奏スタイル、美しい音色。 惜しくも、自動車事故事故の為、1956年、25歳と言う、若さで亡くなる。 もし生きていたなら、JAZZ界は、マイルス・デイビスと、二分する時代を迎えていただろうか ?。

Loading

17F SONNY ROLLINS LP 37

File

ソニー・ロリンズ (ts) 1930 年生まれ、 1949 年、J.J.JOHNSON のアルバムに、初レコーディング参加、 1951 年、MILES DAVIS に、参加。 1953 年、PRESTIGE レコード より、初リーダー・アルバム SONNY ROLLINS WITH MJQ を、リリースする。 1955 年、CLIFFORD BROWN & MAX ROACH グループに、参加。 1956 年、不滅の名盤 SAXOPHONE COLOSSUS を、発表。 BLUE NOTE, CONTEMPORALY, RIVERSIDE に、多くの、アルバムを、残し、1950 年代末、一時引退。 1961 年、活動を、開始、RCA,IMPULSE,と、レコーディングを、続ける。 テナーの、巨人として、現在も、存命中。

Loading

18F CANNONBALL ADDERLEY LP 25

File

キャノンボール・アダレー (as) 1928 年生まれ。 1955 年、オスカー・ペティフォードが、演奏していた、クラブ・セッション に、飛び入り参加し、圧倒的なテクニックで、一夜にして、その名を知らしめる。 この年、チャーリー・パーカー が、死去し、若手アルトサックス奏者には、名を売るチャンスが、やって来る。 ジャッキー・マクリーン、や、フィル・ウッズ、 は、キャノンボール の、この時の、演奏を聴き、愕然とする。 マイルス・デイビス は、彼の演奏を聴き、メンバーに、誘うが、断られ、止む無く、ジョン・コルトレーン を、メンバーに、入れる。 直ぐに、クインシー・ジョーンズの、推薦で、SAVOY レーベルに、デビュー・アルバム を、録音する。 1958 年になっで、やっと、マイルスは、キャノンボールを、メンバーに引き入れ、その年、BLUE NOTE レーベルに、マイルスの、強力な、サポートを、受け、名盤 SOMETHIN' ELSE を、翌年、KIND OF BLUE を、録音する。 その後は、弟 NAT ADDERLEY (tp) と共に、RIVERSIDE レーベルに、移籍する。 もし、マイルスの、誘いを、最初に受けていたら、ジョン・コルトレーン は、世に出ただろうか ?。 マイルスの、音楽も、違ってきたのでしょうか ?。

Loading

19F LEE MORGAN LP 21

File

リー・モーガン (tp) 1938 年生まれ。 1956年、クリフォード・ブラウン の、死後、若干 18歳にして、名門、BLUENOTE, SAVOY レーベル に、 リーダー・アルバム を、リリースして、クリフォード・ブラウン の再来と言われる、天才トランペッター。 1957年、ベニー・ゴルソン作曲の、I REMEMBER CLIFFORD は、忘れられない、名演奏。 1958年、アート・ブレーキー・ジャズ・メッセンジャーズに迎えられ、1961年迄、フロント・ライン として、活躍する。 1963年、ザ・サイドワインダーが、大ヒット・アルバムになる。 1972年、クラブで、出演中、愛人に、ピストルで、撃たれ、33歳で、死亡する。

Loading

20F HAMPTON HAWES LP 19

File

ハンプトン・ホーズ 1928年、LA 生まれ。 ウェスト・コースト を、代表する、ピアニストとして、1940年代後半から、活躍。 1955年、から、CONTEMPORARY レーベル を、メインに、名盤アルバムを、リリースする。 1958年、麻薬の為、引退するが、1964年、カムバックし、欧州でも、活躍。 1952年、から、兵役の為、2年間、日本に、滞在し、その間、日本のジャズ・ミュージシャンに、多大な影響を残す。 1977年、脳溢血の為、他界。

Loading

21F ART BLAKEY LP 47

File

アート・ブレイキー (ds) 1919 年生まれ。 1954 年、クリフォード・ブラウン(tp)を迎え、ジャズ・クラブ、バード・ランドで、ハード・バップの、夜明けを告げる、歴史的な、ライブ録音が、BLUE NOTE レーベル より、リーダー名義で、リリースされた。 この年から、ホレス・シルバー(p)と共に、THE JAZZ MESSENGERS を、結成。 1956 年、ホレス・シルバー 脱退後も、リーダーとして、多くの、若手プレーヤーを、育て上げる。 この間、BLUE NOTE レーベルを、メインに、多くの、名盤を、リリース。 1961 年の、初来日以来、大の親日家でも、知られる。 1990 年に亡くなる迄、ジャズ・メッセンジャーズの、リーダーとして、活躍する。

Loading

22F BUD POWELL LP 25

File

バド・パウエル (P) 1924 年生まれ。 セロニアス・モンク (P) に認められ、1940 年代中期から、活躍する。 麻薬、アルコール中毒で、苦しみ、また、精神障害も患い、好不調の波が激しいながらも、、活動を続ける。 新たな、ピアノ操法で、天才バップ・ピアニストとして、多くの、ピアニストが、多大な影響を受ける。 1960 年、フランスに、渡り、活動を続けていたが、1966 年、亡くなる。

Loading

23F STAN GETZ LP 26

File

スタン・ゲッツ (ts) 1927年 フィラデルフィア生まれ、白人クール・テナーの、第一人者。 1943年、ジャック・ティガーデン楽団に加入、以降ベニー・グッドマン楽団へ、1947年、ウディ・ハーマン楽団に迎えられ、花形ソリストとして活躍する。 1949年、ROOSTレーベルに名演を残し、VERVEレーベル契約後、看板スターとして、多くの、リーダー作を録音。 彼もまた、麻薬、アルコール依存症に苦しみながら、演奏活動を続けることになる。 1962年、当時まだブラジルで生まれたばかりのボサノバ音楽に魅せられ、ジョアン・ジルベルトらを迎え、一連のボサノバ作を録音し、大ヒツトする。 1991年、64歳、癌の為亡くなる。

Loading

24F THELONIOUS MONK LP 29

File

セロニアス・モンク (P) 1917年生まれ。 1947年 BLUE NOTE レコードに、初のリーダー・アルバム。を録音。 1952年から、PRESTIGE レーベルに、移籍後、1954年、マイルス・デイビスとの有名な、喧嘩セッションを録音。 孤高の天才ピアニストとして、無音部分に、音楽を創造する、その演奏スタイルは、誰にもまねが出来ない。 自身作曲の、ROUND MIDNIGHT は、マイルス・デイビスのアルバム・タイトルにもなっった、名曲。 1955年から、RIVERSIDE レーベルと、長期契約し、1961年まで、多くの、代表作を残す。 1962年から、COLUMBIA レーベルに、移籍する。 1982年、脳溢血の為死亡。

Loading

25F 乗り物ジャケ ・シリーズLP (陸編) 35

File

JAZZ レコードには、乗り物を使ったアルバムが、結構あります。 ここでは、所有しているLPから選んで、リストアップしてみました。 枚数が多いので、陸編(主に車)を、取り上げています。 他のコレクションルームで、紹介したアルバムも、あるのですが、主に、1950年代の名車が、 沢山あって、楽しめます。

Loading

26F 乗物ジャケ・シリーズLP (海、空)編 22

File

乗物ジャケ・シリーズLP、枚数が多かったので、陸編に続き、(海、空)編で、まとめてみました。 こちらも、以前紹介したアルバムも、一部重複しています。 次回は、動物シリーズ、計画中です。

Loading

27F DEVID STONE MARTIN 26

File

DEVID STONE MARTIN (デビット・ストーン・マーチン) 1913年、シカゴ生まれ。 VERVE レコードの、オーナー、ノーマン・グランツは、1946年、CLEF レコードから、スタートし、その後、NORGRAN, VERVE と、レーベルをを、変え、1961年、MGM に売却するまで、膨大な数のアルバムを、リリースする。 創世記のCLEF レーベル から、多くの、イラスト・ガバーを、担当したのが、デヴィッド・ストーン・マーチン。 ベン・シャーンの、影響を受け、独自の作品を生み出す、彼の、レコード・ジャケットは、芸術作品と言えるでしょう。 私の所有する、LPは、その中の、一部だけですが、紹介します。

Loading

28F 動物ジャケ シリーズLP 35

File

動物を、使った、ジャケット は、写真、イラストを、含め、かなりの枚数があったので、コレクションルームを、二つに分けて、紹介します。 こちらも、他の、コレクションルームと、一部重複が有ります。

Loading

29F 動物ジャケ シリーズLP その、2 (鳥編) 25

File

動物を、使った、ジャケット は、写真、イラストを、含め、かなりの枚数があったので、コレクションルームを、二つに分けて、紹介します。 何故か、鳥を使った、アルバム が、多く、その、2 (鳥編) で、集めました。

Loading

30F JOHNNY GRIFFIN LP 24

File

ジョニー・グリフィン (ts) 1928 年 シカゴ生まれ。 小柄な身体ながら、その演奏は、エネルギッシュで、リトル・ジャイアント の異名をとる。 1945年~47年は、ライオネル・ハンプトン楽団に、その後は、R&Bや、アーネット・コブ楽団に在籍し、54年地元シカゴで、自身のグループを結成。 1956年、ニューヨーク進出、名門BLUE NOTE より、初リーダー・アルバム を、リリースし、以降、スター・プレイヤーとして、活躍する。 1958年、RIVERSIDE レーベルへ、移籍し、多くのリーダー・アルバムを、リリース。 1963年、欧州へ移住し、活動を続け、2008年、亡くなる、享年80歳。

Loading

31F ZOOT SIMS LP 40

File

ズート・シムズ (ts) 1925年 カルフォルニア生まれ。 ベニー・グッドマン、スタン・ケントン、アーティー・ショウ 等、多くの、ビッグ・バンド楽団に在籍し、ウディー・ハーマン楽団では、「フォー・ブラザーズ」の、一人として活躍。 その後、アル・コーン (ts) と、共同で、「アル & ズート」名義の、アルバムを、長きにわたり録音。 1962年 スタン・ゲッツ より先に、世界で初めて、ボサノバ・アルバムを、録音する。 ビッグ・バンド出身らしく、スウィング感溢れる、演奏スタイルは、多くの人に愛される。 彼ほど、多くの、レーベルから、アルバムを、リリースした人は、いないと思う、又、その全てに、はずれが無い。 1985年没。

Loading

32F ART FARMER LP 26

File

アート・ファーマー (tp、flh) 1928年、アイオワ州生まれ。 双子の、アディソン・ファーマーも、ベーシストとして、活躍、共演作もある。 ライオネル・ハンプトン楽団に在籍後、1953年、PRESTIGE レコードと契約、初リーダー・アルバムを、録音。 PRESTIGE レーベルに多くの、リーダー作、又、サイド・メンバーとしても、活躍。 1958年、BLUE NOTE の、名作、クール・ストラッティン に、参加。 1959年、~1962年にかけて、ベニー・ゴルソン との、双頭バンド、ジャズ・テット 結成。 ARGO,MERCURY,ATRANTIC,UNITED ARTISTS 等、多くの、レーベルでも、名作を、録音。 派手なブロウはないが、端正な、メロディー・ラインには、いつも、聴き惚れてしまう。 1999年没、享年71歳。

Loading

33F MODE LP 25

File

1957年、ハリウッドで、設立された、JAZZ レーベル。 この頃になると、イースト・コーストの、黒人ジャズ・メンによる、ハード・バップが、全盛期を迎え、アレンジ偏重の、白人中心の、ウェスト・コースト・ジャズは、衰退する。 その為、MODE レーベルは、30枚程の、LPを、リリース、した後、僅か、一年程で倒産する、悲劇のマイナー・レーベル。 引き継いだ会社は、ドラッグストアと、スーパー・マーケットを、通じて、JAZZ ファンに知られる事もなく、バナナの、叩き売り同然で、安売りしてしまう。 エヴァ・ダイアナ による、ポートレイト画で、統一された、ジャケット、優秀録音と、丁寧な作りの、アルバムは、後年、ジャズ・ファンの、コレクターズ・アイテムとして、収集の、的になる。 その多くのアルバムは、後年、日本国内で、復刻販売され、私も、入手出来た次第。

Loading

34F PAUL DESMOND LP 24

File

ポール・デスモンド (as) 1924年、サンフランシスコ生まれ。 1951年、デイブ・ブルーベック・カルテットの正式メンバーに迎えられ、1967年迄在籍。 独特の透明感溢れるトーンで、アルト・サックス奏者として、名声を確立する、又、作曲者としても才能を発揮する。 名曲 テイク・ファイブは、ジャズを聞かない人も、一度は聞いたことがあるはず。 自己の、リーダー・アルバムも、数多く、快作を残す。 ウェスト・コースト・ジャズ衰退後も、ポピュラー指向の強い作品を手掛け、活躍する。 1977年、癌の為、死去する。

Loading

35F JACKIE McLEAN LP 26

File

ジャッキー・マクリーン (as) 1931年 ニューヨーク生まれ。 1951年、バド・パウエル(p)の、推薦で、マイルス・デイビスと、活動を共にし、PRESTIGE レーベル で、初録音する。 1955年、初リーダー・アルバムを、マイナー・レーベル AD LIB に残す。 その後は、PRESTIGE レーベル と、契約し、リーダー・アルバム と、多くの、アルバムで、セッションを重ねる。 1956~1957年、アート・ブレーキー・ジャズ・メッセンジャーズに、参加する。 1958年、BULUE NOTE レーベル、ソニー・クラーク/クール・ストラッチン で、録音した後、1959年、BLUE NOTE に、移籍し、リーダー・アルバムを、リリース。 1960年代に、フリー・ジャズに、傾倒した後、1966年、活動を休止、1972年、ステープル・チェイス・レーベルと、契約し、活動を再開する。 マクリーン節、と呼ばれる、哀愁を帯びた、ハスキーな、プレイで、愛される。 2006年、没。

Loading

36F J . J . JOHNSON LP 24

File

J.J.ジョンソン (tb) 1924年、インディアナポリス生まれ、バップ・トロンボーン奏者の、第一人者。 1943年、ベニー・カーター楽団に在籍、1945年、カウント・ベイシー楽団等、50年代初頭にかけて、ビッグ・バンドに在籍。 ヴァルブ・トロンボーンを、吹いているかのような、錯覚を抱かせる驚異的なテクニックで、注目を浴びる。 1952年から、一時活動を休止するが、1954年、カイ・ウィンディングと、2 トロンボーンチームを組む。 1955年から、ダウンビート誌トロンボーン部門第一位を、10数年間続ける。 2001年、前立腺癌による病苦から自殺する。

Loading

37F SONNY STITT LP 25

File

ソニー・ステイット (as,ts) 1924年、ボストン生まれ。 チャーリー・パーカー (as)の後継者として、1940年代末から、アルト・サックス奏者として、優れた技術で、ビ・バップ時代から、ハード・バップ全盛期まで、 活躍する。 テナー・サックスでは、自身の演奏スタイルも確立し、多くの、ミュージシャンに影響を与える。 地味な印象が先に立つのか、過小評価されがちだが、多くの、名盤を残す。 1982年没。

Loading

38F PHIL WOODS LP 24

File

フィル・ウッズ 1931年、米国 マサチューセッツ州生まれ。 ジュリアード音楽院卒業後、ビ・バップの洗礼を受け、パーカー派を、代表する、白人プレーヤーとして、活躍する。 1954年、PRESTIGE レーベルより、初リーダー・アルバムを、録音、翌年、代表作 ウッド・ロアー を、リリース。 1957年、EPIC レーベル 移籍後、名盤 ウォーム・ウッズを残す。 1960年代後半、ジャズは、冬の時代に入り、多くのプレーヤーが、活躍の場を失い、渡欧する。 ウッズも、1968年、渡仏し、ヨーロピアン・リズム・マシーン を、結成。 1972年、帰国後、幅広い分野で、活躍し、ポール・サイモン、ビリー・ジョエル のアルバムにも参加。 優れた、テクニックと、艶やかな音色は、晩年になっても変わらない。 2015年、没。

Loading

39F DONALD BYRD LP 31

File

ドナルド・バード (tp) 1932年 デトロイト生まれ。 ウエイン大学、マンハッタン音楽院で学び、兵役終了後の、1955年、ジョージ・ウォリントン・クインテットに参加プロデビューする。 同年、TRANSITION、レーベルから、初リーダー・アルバムを、リリース、ジャズメッセンジャーズに、ケニー・ドーハムの、後任として参加。 1957年、ジジ・グライス(as)と、ジャズ・ラブ・クインテット結成。 1958年、フランス・パリ・オリンピア劇場での、ライブ録音をリリース、同年 BLUE NOTE レーベルと契約、多くのリーダー作を残す。 1963年、渡仏、66年、帰国後、コロンビア大学に入学、人種・公民権問題の研究に従事。 1973年、ハワード大学の音楽主任教授となる。 1974年、アルバム、ブラック・バードが、大ヒット、2013年、没。

Loading

40F HANK MOBLEY LP 24

File

ハンク・モブレー (ts) 1930年、ジョージア州生まれ。 1954年、ホレス・シルバー率いる、ジャズメッセンジャーズに参加、シルバー退団後も、行動を共にする。 1955年、BLUE NOTE レーベルに、初リーダー・アルバムを、録音、以降、同レーベルの看板アーティストとして、多くのアルバムを、残す。 ソニー・ロリンズ、や、ジョン・コルトレーンの様な突出した個性はないが、ブルース・フィーリングに溢れた、基本に忠実な演奏スタイルは、ハード・バップ・セッション には、欠かせない存在として、活躍する。 60年代後半、欧州へ移住、70年、帰国するも、病のため活動を断念。 1986年、肺炎の為亡くなる。

Loading

41F マイナー・レーベル LP 51

File

ジャズ自体、レコード・セールスの少ない、マイナーな音楽として、大手レーコード会社は、消極的だった為、個人コレクター経営の様な、小さなレコード会社が多く生まれた。 ジャズ三大レーベル、と言われる、BLUE NOTE ,RIVERSIDE ,PRESTIGE も、経営に苦しみながらも活動を続けるが、ついには消滅、吸収される。 ここでは、更に小さなレーベル、を集めてみました。

Loading

42F 欧州 JAZZ LP 32

File

欧州 特に、イギリス、フランス では、早くから JAZZ が大衆音楽として受け入れられ、多くのレーベルからアルバムが、リリースされた。 1960年代、本国アメリカで、ハード・バップが、衰退し始めた頃、活躍の場を失った、ジャズ・ミュージシャンが、活動の場を求めて、欧州へ移住し、地元ミュージシャンに多大な影響をもたらし、現在も多くの人が、活動を続ける。 何故かほとんど、ペラジャケ・コーティング仕様で、アルバムが作られるが、優れたデザイン・センス、高音質な物が多い。

Loading

43F VOGUE JAZZ LP 44

File

フランス を代表する、レーベル VOGUE ,前身は、SWING レーベル として、1940年代からスタートする。 1951年、レーベル名を、VOGUE に変更、SWING 原盤も、VOGUE レーベルで、再リリース。 ピアニスト、アンリ・ルノーは、A&Rマンとして、活躍、数多くの、アメリカ ジャズ・プレーヤーと契約、自社製作アルバム を、録音する。 セロニアス・モンク、 デューク・ジョーダン、 アル・ヘイグなど、初リーダー・アルバムを、リリースする。 又、早くから、米国のジャズ・レーベルとライセンス契約、BLUE NOTE, CONTEMPORARY, CORAL, WARNER, ROULLETTE, GNP 他、VOGUE レーベルからリリース。 1951年には、英国にも支社を設立したが、やがて、英国 DECCA に吸収される。

Loading

44F VANGUARD LP 17

File

1950年設立した、VANGUARD レコードは、クラシックやフォークを、リリースしていたが、1953年、ジャズ評論家兼プロデューサー、 ジョン・ハモンドを招いて、ジャズ部門制作依頼する。 この頃になると、スウィング・ジャズは、衰退し、スモール・コンボ・スタイル の、モダン・ジャズが、主流となる。 ジョン・ハモンドは、モダン・ジャズになじめなかった、ベテラン・スウィング・ジャズメンを、コンボ・スタイル形式で、セッションさせる。 スウィングとモダンの、中間を行く、中間派ジャズが、生まれる。 最初に手掛けた、ヴィック・ディケンソン、をリーダーとする、「 ヴァンガード・ジャズ・ショウケース 」シリーズが、ヒットし、VANGUARD レーベルは、中間派ジャズを確立。 又、クラシックを扱う、レーベルなので、高音質な、録音でも知られる。 やがて、中間派ジャズは、ベテラン・スウィング・ジャズメンの、引退に伴って、衰退してしまう。

Loading

45F サンプラー LP 11

File

JAZZ LP 販売促進用として、作られた、サンプル盤が、何枚かあるので、集めてみました。 又、ジャンル分けから漏れた、テストプレス 等も、含めています。

Loading

46F IMPULSE LP 67

File

1960年、ABCパラマウント レコードのプロデューサー、クリード・テイラーによって、設立された。 翌年、クリード・テイラーが、VERVE レコードに移籍した為、代わって、ボブ・シールが、プロデューサーとなり、ルディー・ヴァンゲルダーが、サウンド・エンジニアを担当する。 1961年、ATRANTIC レコードから、ジョン・コルトレーンを、高額な契約金で引抜き、主力アーティストとして、フリー・ジャズの名門レーベルとして、成長するが、 1967年、コルトレーンの死後と共に、衰退し始め、1979年、親会社のABCと共に、MCA レコードに売却。 現在は、ユニバーサル傘下として、再販のみを行っている。 コルトレーン 以外にも、多くの名盤を残し、黒とオレンジで統一した豪華な見開きジャケットは、レコード・ラックに収めた状態でも直ぐに判別出来る。

Loading

Thank you !!
Museum of bluenote はいかがでしたか?
入館の記念にコメントを残してみましょう。

  • File
    2019/1/4

    45rpm

    bluenoteさん、フォローありがとうございます。展示されてるレコードのジャケットの麗しき事!ジャズのジャケットは洒落たものが多いので、ゆっくり鑑賞させてもらっています。
    そして憧れのオーディオルームの豪華なシステム!そんな余裕のある大人になりたいです?☺️

    返信する
    • File
      2019/1/5

      bluenote

      45rpm さん、こちらこそ、沢山のいいね!ありがとうございます。
      少しずつですが、紹介したいLP(ジャズしか無いのですが)が、まだまだあるので、見ていただけたら幸いです。
      オーディオは、古い時代の機種ばかりですが、長年にわたり使っているので、余裕があるわけではありません。

      返信する
  • File
    2019/1/7

    nonstop24hours

    フォローありがとうございます。
    フォローさせて頂きました。
    よろしくお願い致します。

    返信する
  • File
    2019/1/8

    MOYO.

    フォロー頂きまして誠に有り難う御座いますm(__)m。

    私はジャズは初心者なので、このミュージアムを参考に少しずつ聴いてみたいと思います。

    これからもどうぞ宜しくお願い申し上げますm(__)m。

    返信する
    • File
      2019/1/8

      bluenote

      MOYO.さん
      こちらこそ、沢山のいいね!ありがとうございます。
      少しでも、ジャズを聴いてくれる人が増えたら嬉しいです。
      これからもよろしくお願いします。

      返信する
  • File
    2019/1/27

    0214seiji

    フォロー頂きありがとうござます。
    宜しくお願い致します。

    返信する
    • File
      2019/1/28

      bluenote

      こちらこそ宜しくお願い致します。

      返信する
  • File
    2019/5/21

    woodstein

     bluenoteさん、この度はフォローして頂きまして有難うございました。以前、モノ日記をいくつか読ませて頂きました。そして改めてミュージアムに訪問させていただきましたが、ジャズのレコードのコレクターということですね。私もサントラのレコードは数百枚所有していますので、いずれその辺りの話ができれば、と思っています。また、サントラの中にはジャズを背景音楽にした映画に関する盤もありますので馴染みがないわけではありません。ヘンリー・マンシーニやジョン・ウィリアムズなどの出自はジャズ畑ですからね。ですが、知っているのはそのくらいで、そもそもジャズ自体に詳しくないので、もしかしたら教えを請うこともあるかもしれませんが、その時は宜しくお願いします。ということで、もうすでに多くのフォロワーがおられるようですが、私もその末席に加えさせてもらいます。

    返信する
  • File
    2019/7/6

    ace

    フォロー&いいね!ありがとうございます😊
    しっかりしたコレクションとオーディオルーム、憧れます!よろしくお願いいたします!

    返信する
    • File
      2019/7/6

      bluenote

      こちらこそ、沢山のいいね!、フォローありがとうございます。
      膨大な数の、アイテムを管理、収納に、苦労されているでしょうね。
      何か良い方法があるのでしょうか?

      返信する
    • File
      2019/7/7

      ace

      アイテムの管理・収納の不備に苦労しております…😅

      返信する
  • File
    2019/7/28

    チュル

    自作家具が素晴らしいですね👍✨
    御影石の活かし方とか感動しました。
    今後ともどうぞよろしくお願いしますm(__)m

    返信する
  • File
    2019/8/25

    tanupon

    フォローありがとうございます。
    自作家具いいですね。
    欲しくなります。
    よろしくお願いします。

    返信する
    • File
      2019/8/26

      bluenote

      沢山のいいね!、フォローありがとうございます。
      こちらこそよろしくお願いいたします。

      返信する
  • File
    2020/3/18

    qqtys

    38cmのスピーカーシステムが組みあがったので、最近はbluenoteさんが紹介されているアーティスト・円盤をアマゾンミュージックで検索して聴くのが楽しみになっています。
    (もちろんLPで聴くのが一番ですが、意外といい音で聴けてしまうんです)
    ジャズに限らずクラシックもそうですが、50年代~60年代前半の名盤を聞いてしまうと、この60年で何が進歩したのかわからなくなりますね・・・。
    今後もコレクションの数々楽しみにしております。

    返信する
    • File
      2020/3/18

      bluenote

      qqtys さん、コメントありがとうございます。
      38cmの、スピーカーシステムですと、かなり、大きな箱になりますね、自作されたのでしょうか?
      これからも、気長にLP、紹介していきたいと思います。
      よろしくお願いいたします。

      返信する
    • File
      2020/3/18

      qqtys

      ドライバー用ホーン・38cm用箱とも中古で入手して、バッフルだけウーファー用に作り直しました。
      まったく木工技術が無いので、bluenoteさんが自作された家具の数々は、私には魔法の産物のように思えます!

      返信する

Recommend

Museum Shortcut Map