みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成
(無料)

» ログイン
ミューゼオとは? よくある質問
File

サッカーユニフォーム (イタリア・クラブチーム)

イタリアのサッカーリーグに所属しているクラブチームのユニフォームです。セリエAのビッグクラブをメインに幅広く集めています。

  • Loading

    インテル 03-04 AWAY

  • Loading

    インテル 05-06 3rd

  • Loading

    インテル 06-07 HOME

  • Loading

    インテル 07-08 HOME

  • Loading

    インテル 07-08 AWAY

  • Loading

    インテル 10-11 AWAY

  • Loading

    バッサーノ・ヴィルトゥス55ST 08-09 HOME

  • Loading

    パルマ 05-06 AWAY

  • Loading

    パルマ 09-10 HOME

  • Loading

    フィオレンティーナ 00-01 3rd

  • Loading

    フィオレンティーナ 08-09 HOME (後期モデル)

  • Loading

    フィオレンティーナ 10-11 HOME (後期モデル)

  • Loading

    ユベントス 96-97 3rd (後期モデル)

  • Loading

    ユベントス 97-98 HOME

  • Loading

    ユベントス 98-99 HOME

  • Loading

    ユベントス 01-02 HOME

  • Loading

    ユベントス 03-04 AWAY

  • Loading

    ユベントス 04-05 AWAY

  • Loading

    ユベントス 07-08 HOME

  • Loading

    ラツィオ 94-95 AWAY

  • Loading

    ラツィオ 99-00 HOME

  • Loading

    ラツィオ 02-03 HOME

  • Loading

    ラツィオ 09-10 3rd

  • Loading

    レッジーナ 04-05 HOME

  • Loading

    ACミラン 99-00 4th

  • Loading

    ACミラン 00-01 HOME

  • Loading

    ACミラン 03-04 HOME

  • Loading

    ACミラン 06-07 HOME

  • Loading

    ACミラン 09-10 HOME

  • Loading

    ASローマ 94-95 HOME

  • 1
    Loading

    インテル 03-04 AWAY

    濃淡のイエローのグラデーションが美しいボーダー柄のインテル・アウェイユニ。
    インテルのアウェイモデルのカラーといえば白が定番でしたが、このシーズンはアウェイモデルに珍しくイエローを採用した希少デザインです。(※インテルでは、イエローは大体3rdモデルで採用されていました)また、セリエAの中ではイエローを採用しているユニも少ないので思わず買ってしまいましたが、デザイン的にはオーソドックスであまり面白味もなく、個人的にこのシーズンのNIKEのテンプレートも好きじゃないですね。

    成績:リーグ 4位 / CL グループリーグ敗退
    主な在籍選手:アルバロ・レコバ クリスティアン・ヴィエリ ファビオ・カンナヴァーロ

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 2
    Loading

    インテル 05-06 3rd

    レアル・マドリードよりインテルへ移籍してきたフィーゴ。レアルでは限界説が囁かれていたが、このインテルでの活躍でその限界説を一蹴しました。
    主にCLで着用された人気モデル。こちらは正規品のレプリカモデルになります。

    マーキング:7 FIGO
    オプション:CLパッチ・コッパイタリアパッチ

    成績:リーグ 優勝 / CL 決勝TM 1回戦敗退
    主な在籍選手:フィーゴ アドリアーノ サムエル

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 3
    Loading

    インテル 06-07 HOME

    インテルを長年スポンサードしている『PIRELLI』の中国語表記バージョンで、PIRELLIが中国の市場拡大を狙ったプロモーション活動の一環としてつくられたユニです。中国語で書くと『倍耐力 輪胎』になるんですね。07.2.11 セリエA 第23節 キエーボ戦で着用されました。たった1試合のスポット着用で珍しいレアなユニだと思いますが、一般販売モデルでは通常のユニの『PIRELLI』の上からラバー製の『倍耐力 輪胎』を張り付けただけの手抜きなユニでした。オーソドックスなデザインの中で一際『倍耐力』の文字が目立っていますね。

    成績:リーグ 優勝 / CL 決勝TM1回戦敗退
    主な在籍選手:ズラタン・イブラヒモビッチ デヤン・スタンコビッチ ハビエル・サネッティ

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 4
    Loading

    インテル 07-08 HOME

    クラブ創立100周年記念モデル
    クラブエンブレムに100周年を記念する特別な刺繍が施され、左裾にも記念タブが取り付けられています。また、インテルでは久しぶりの襟付きモデルで絶妙なバランスのネラッズーロデザインはまさに記念モデルにふさわしいユニになっています。
    マーキングは、インテルの偉大なカピターノ サネッティ選手です。2014年現役引退。インテル一筋19年でクラブ史上最多となる通算858試合出場の金字塔を打ち立てた鋼鉄の男。彼の功績を称えインテルの4番は永久欠番になりました。

    マーキング:4 ZANETTI (オフィシャル)
    オプション:セリエA・レガカルチョパッチ (オフィシャル)

    成績:リーグ 優勝 / CL 決勝TM1回戦敗退
    主な在籍選手:サネッティ イブラヒモビッチ スタンコビッチ

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 5
    Loading

    インテル 07-08 AWAY

    クラブ創立100周年記念アウェイモデル。
    歴代インテルのユニの中でも秀逸の部類に入るモデルです。ミラノの紋章をモチーフにした赤十字デザインは、個人的にインテルのユニではNo1のカッコよさだと思います。当時も人気が高く品薄状態でしたが、今でも程度がいいものであれば高値で取引されています。お気に入りの一枚なんですが、お金を惜しんでセリエAパッチを付けなかったことが唯一悔いです。
    マーキングは、スウェーデンの悪童イブラヒモビッチ選手。四つのリーグで優勝を経験したストライカーで、インテルでもゴールを量産しリーグ制覇に貢献しました。

    マーキング:8 IBRAHIMOVIC' (オフィシャル)
    オプション:セリエA・レガカルチョパッチ (オフィシャル)

    成績:リーグ 優勝 / CL 決勝TM1回戦敗退
    主な在籍選手:ズラタン・イブラヒモビッチ ルイス・フィーゴ ワルテル・サムエル

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 6
    Loading

    インテル 10-11 AWAY

    インテルカラーで描かれた大蛇のデザインはインパクト絶大。この大蛇は、ミラノ市のシンボルで十字軍時代のヴィスコンティ家の紋章に描かれている『人を呑み込む大蛇』が由来になっています。01-02の蛇柄ユニや07-08の胸十字ユニ以来の傑作デザインだと断言してもいいかな。インテルは、たまに挑戦的なデザインを採用するので好きなんです。
    マーキングは、アルゼンチン出身の万能FWディエゴ・ミリート選手。稀代のゴールハンターでしたが、30歳でインテルというビッグクラブに挑戦と遅咲きの選手でしたね。

    マーキング:22 MILITO (オフィシャル)
    オプション:CLチャンピオンズパッチ/レスペクトパッチ/コッパイタリアワッペン/スクデットワッペン (オフィシャル) 

    成績:リーグ 2位 / CL ベスト8
    主な在籍選手:ディエゴ・ミリート 長友佑都 ヴェスレイ・スナイデル

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 7
    Loading

    バッサーノ・ヴィルトゥス55ST 08-09 HOME

    バッサーノ・ヴィルトゥス55STは、イタリアでも第4部に相当するリーグに所属しているかなりマニアックなクラブチームです。個人的にもクラブ情報はまったくわかりません。ただ、胸スポンサーのファッションブランド『DIESEL』に惹かれ購入してしまいました。どうやらクラブオーナーがディーゼルの創始者なのがスポンサーの所以らしいです。『DIESEL』スポンサーだけでなく、よくよく見るとナンバースペースが盾形と個性的でだったり、選手仕様を示す『FORMOTION』(※シームレス仕様ではない)だったりと、マニアックなユニながらけっこう魅力的なユニだと思います。

    成績:リーグ 4位
    主な在籍選手:不明

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 8
    Loading

    パルマ 05-06 AWAY

    海外クラブでも珍しいイエローベースのユニフォーム。パルマのユニといえば、昔はジャッロブルーのボーダー柄が特徴でしたが、今ではクロチャーティーの愛称で知られる胸十字デザインが定番になっています。05-06シーズン途中よりサプライヤーがChampionからこのerrea製に変更になり、体にフィットした伸縮性のあるユニになりました。
    05-06シーズンは、不正事件の処罰で勝点が減点のクラブがあり、繰り上げ順位で7位となりました。元々は10位です。昔ビッグ6と呼ばれてたパルマも今では・・・。

    成績:リーグ 7位(※10位)
    主な在籍選手:ファビオ・シンプリシオ ベルナルド・コッラーディ ドメニコ・モルフェオ

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 9
    Loading

    パルマ 09-10 HOME

    パルマといえば、中田英寿選手が在籍した頃の印象が強くジャッロブルーというイメージなんですが、個人的にはこのクロチャーティのデザインの方がかっこよくて好きですね。ただ、デザインがいいだけにメーカーがマイナーな『errea』で出来がチープなのが残念。理由はわかりませんが、04-05シーズンを機にクロチャーティが1stカラーとなり、以後継続しています。
    マーキングは、セリエAでのさすらいの旅人ガロッパ選手。イタリアの各年代の代表に選出され、幼少の頃よりインテリスタでインテルでのプレーを夢見てきましたが、夢破れこのパルマでおちついた感じでしたね

    マーキング:14 GALLOPPA (オフィシャル)
    オプション:レガカルチョパッチ (オフィシャル)

    成績:リーグ 8位
    主な在籍選手:ダニエレ・ガッロッパ ヴァレリ・ボジノフ ルイス・ヒメネス

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 10
    Loading

    フィオレンティーナ 00-01 3rd

    ユニの中でゴールドユニは比較的メジャーになってきましたが、このシルバーユニはまだまだマニアックなカラーの1つです。画像では分かりにくいですが、画像以上に輝度が高く綺麗です。それだけに残念なのはヴィオラの紫との相性があまりよくないです。
    これまた画像では伝わりにくいですが、生地の重厚感がハンパないです。1枚生地なのに、まるでマンUのリバーシブルユニのようなぶ厚さと固さには、これがサッカーユニなのかと驚くこと間違いなし。あと、「TOYOTA」の位置が高すぎるような気がします。

    成績:リーグ 9位
    主な在籍選手:マヌエル・ルイ・コスタ エンリコ・キエーザ

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 11
    Loading

    フィオレンティーナ 08-09 HOME (後期モデル)

    後期モデルと謳っていますが、基本的には前期モデルと同じデザインになります。前期モデルとの大きな違いは、胸スポンサーが前期モデルでは『TOYOTA』でしたが、後期モデルでは『TOYOTA』の下に当時売り出していたTOYOTA車の『iQ』のロゴが追加されています。
    ヴィオラの美しい紫に縫製ラインの金糸がいいアクセントになっています。

    成績:リーグ 4位 / CL グループリーグ敗退
    主な在籍選手:ジラルディーノ メロ ヨヴェティッチ

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 12
    Loading

    フィオレンティーナ 10-11 HOME (後期モデル)

    世界一美しい紫と言われているフィオレンティーナのユニ。実物は画像以上に綺麗です。アクセントに金が使われていますが、紫との相性はいまいちで高級感はあるけど別になくてもいいかな。このモデルは後期モデルになります。シーズン前半はNGO団体『Save the Children』がメインスポンサーでしたが、後半から日本の車メーカー『mazda』となり『Save the Children』は右胸に強制移動になりました。元々、ヴィオラのユニの流通量は少ないうえ、後期モデルになるとさらに流通量は減るので、ある意味レアなユニじゃないでしょうか

    成績:リーグ 9位
    主な在籍選手:アルベルト・ジラルディーノ マルコ・マルキオンニ アドリアン・ムトゥ

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 3
  • 13
    Loading

    ユベントス 96-97 3rd (後期モデル)

    ユベントスのシンボルでもありトリノ市の紋章にも描かれている雄牛の顔を前面にデザインされたインパクト絶大なユニ。一見馬のように見えますが雄牛らしいです。ホームモデルのオーソドックスなビアンコネロのデザインに対しアウェイや3rdモデルのこうした遊びを感じる前衛的なデザインは個人的に大好きです。後期モデルよりスポンサーの『SONY』の下に『MiniDisc』が付きました。ユーベ好きには前期モデルも欲しいところですが、予算の関係上断念。前期モデルのスッキリ感もいいですが、後期モデルのMiniDiscのロゴに時代を感じて好きですね。

    成績:リーグ 優勝 / CL 準優勝
    主な在籍選手:アレッサンドロ・デル・ピエロ ジネディーヌ・ジダン ディディエ・デシャン

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 14
    Loading

    ユベントス 97-98 HOME

    数多あるユニの中でもあらゆる面でNo1を誇るユベントスの97-98HOMEモデル。ジダンやデル・ピエロを筆頭にスター選手を揃えユーベの黄金時代を築いていた時のモデルであり、独創的で奇抜なデザインでありながら不思議に魅了されるビアンコネロデザイン。そして、日本人の誇り スポンサーの「SONY MiniDisc」。まさに最強のユニ。
    こちらはオリジナルではなく、限定500枚の「オールドレジェンド社」の復刻版になりますが、オリジナルを忠実に再現されており価値は高く今では入手困難なユニです。

    マーキング:21 ZIDANE
    オプション:スクデットワッペン

    成績:リーグ 優勝 / CL 準優勝
    主な在籍選手:ジネディーヌ・ジダン アレッサンドロ・デル・ピエロ フィリッポ・インザーギ

    • いいね!

      5がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 15
    Loading

    ユベントス 98-99 HOME

    90年代のユーベは、選手もユニフォームも好きでマーキング付ユニを集めたいところなんですが、当時はお金やユニ収集に興味もなかった頃なので、気づいた時にはさすがに新品・紙タグ付そして好きな選手マーキングのユニなんて到底入手困難な状況でした。その最中、OLD LEGEND社が復刻限定ユニとして市販されたときは喜び勇んでポチッてしまいました。ユーベ初の赤ナンバーが素敵。でも、やっぱりオリジナルの方がいいですね。そして「D+」もいいけど90年代のユーベといえば「SONY」がしっくりきます

    マーキング:21 ZIDANE

    成績:リーグ 6位 / CL ベスト4
    主な在籍選手:ジネディーヌ・ジダン アレッサンドロ・デル・ピエロ エドガー・ダーヴィッツ

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 16
    Loading

    ユベントス 01-02 HOME

    ユーベのバンディエラといえば、デル・ピエロ。左45度のデルピロゾーンはまさに芸術的。98年に左膝十字靭帯断裂という大けが負い、その後怪我は回復するもスランプに陥っていました。しかし、01-02シーズンには、リーグ16得点をあげて完全復活を果たし、ユーベの4度目のスクデットに貢献しました。

    マーキング:10 DEL PIERO

    成績:リーグ 優勝 / CL 2次グループリーグ敗退
    主な在籍選手:デル・ピエロ ブッフォン トレセゲ

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 17
    Loading

    ユベントス 03-04 AWAY

    昨シーズンのACミランとのチャンピオンズリーグ決勝での惜敗に引きずってしまったのか、リーグ戦でも覇気がなくリーグ戦3位とセリエA3連覇を果たすことができませんでした。

    成績:リーグ 3位 / CL ベスト16
    主な在籍選手:デル・ピエロ ネドヴェド ザンブロッタ

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 18
    Loading

    ユベントス 04-05 AWAY

    予想外にマッチしている黒×ピンクの変則ストライプデザインに加え、このシーズンのNIKEのテンプレートデザインがとても好きで、さらにはオイラも尊敬しているマーキングしたチェコの大砲 ネドヴェド選手がこのシーズンで引退や移籍という噂もあったので、思わず記念的に購入しました。結局、引退はしませんでしたが、ユニがカッコイイから許す。
    04-05シーズンのユーベは見事スクデットを獲得しましたが、その後セリエB降格のきっかけとなったカルチョ・スキャンダルが発覚し優勝剥奪になってしまいましたね。

    ナーキング:11 NEDVED (オフィシャル)

    成績:リーグ 優勝(※優勝剥奪) / CL ベスト8
    主な在籍選手:パヴェル・ネドヴェド ズラタン・イブラヒモビッチ アレッサンドロ・デル・ピエロ

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 19
    Loading

    ユベントス 07-08 HOME

    カルチョ・スキャンダルで06-07にセリエBへ降格しましたが、わずか1年でセリエAに昇格を果たしました。そのセリエA復帰1年目となる記念すべきユニであり、98-99モデル以来の赤ナンバーが採用されました。98-99は6位と低迷したこともあり、印象は良くなく以後赤ナンバーを採用することはありませんでした。それだけにセリエAに復帰するにあたり赤ナンバーはインパクトは絶大でした。
    マーキングは、チェコの英雄であり無尽蔵のスタミナでユーベでも活躍したパベル・ネドヴェド選手。07-08シーズンで引退の噂があり思い出記念としてマーキングしましたが、現役続行となり複雑な気分でした。

    マーキング:11 NEDVED (オフィシャル)
    オプション:セリエA・レガカルチョパッチ (オフィシャル)

    成績:リーグ 3位
    主な在籍選手:パベル・ネドヴェド アレッサンドロ・デル・ピエロ マウロ・カモラネージ

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/30

    • 2
    • 0
  • 20
    Loading

    ラツィオ 94-95 AWAY

    今ではクラブ中位で停滞している名門ラツィオですが、当時は優勝を狙えるセリエA・ビッグ6の1つでした。潤沢な資金力で有力な選手を集め、特にセリエA史上最高のFWの一人であるシニョーリ選手は全盛期でもありました。残念ながら得点王はバティストゥータ選手でしたが、圧倒的なスピードからの豪快なシュートは必見でした。切り裂かれたようなデザインはクールでカッコよくて、このデザインのために買ってしまいました。できれば、さらにレアな3rdモデルが欲しいのだけどもう入手困難な状況です。

    成績:リーグ 2位 / UEFA CUP ベスト8
    主な在籍選手:ジュゼッペ・シニョーリ ロベルト・ディ・マッテオ アレッサンドロ・ネスタ

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 21
    Loading

    ラツィオ 99-00 HOME

    クラブ創立100周年記念モデル & 99-00 セリエAスクデッド獲得記念モデル
    クラブの経営悪化から低迷しているラツィオですが、90年代後半はセリエAの「ビッグ7」と呼ばれた内の1クラブでした。当時は莫大な資金力を活かし、ベロンやネスタ、ネドヴェドなどスター選手を揃え見事スクデッドを獲得、ラツィオの黄金期でした。
    100周年を記念したエンブレムに、スクデッド獲得を記念した左胸の刺繍や背部のプリントは、まさにユニの玉手箱やぁ~~(イミフ)

    成績:リーグ 優勝 / CL ベスト8
    主な在籍選手:ベロン ネスタ ネドヴェド

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 22
    Loading

    ラツィオ 02-03 HOME

    幻のノースリーブモデル。少しでもユニが選手のプレイに支障をきたさないようにと両袖を排除してしまったpuma社考案の斬新なデザイン。まるでバスケットボールのユニみたいです。しかし、セリエAのリーグ規定にひっかかった為、実際試合に着用することなく消えてしまった幻のユニフォームになります。もし、選手が試合に着用していたらどんな感じだったのかな、興味本位でみてみたかったですね。同様にpumaがサプライしていたカメルーン代表にもこのノースリーブモデルが採用されましたが、こちらも使用禁止になっていました。

    成績:リーグ 4位 / UEFA CUP ベスト4
    主な在籍選手:デヤン・スタンコビッチ シモーネ・インザーギ クラウディオ・ロペス

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 23
    Loading

    ラツィオ 09-10 3rd

    クラブ創立110周年記念モデル。なんか中途半端な記念モデルのような気がしますが・・、経営が苦しいクラブにとっては少しでも収入源にしたいものです。その記念ユニですが、エンブレムの下に申し訳程度の110周年を示す刺繍が入っているぐらいです。ラツィオらしい爽やかなデザインですがオーソドックスすぎて面白味がないですね。
    マーキングは個の突破力に秀でたアルゼンチン出身のFWマウロ・サラテ選手。キレキレのドリブルは凄かったですが、独善的なプレーで能力にあった実績が残せませんでした。

    マーキング:10 zarate
    オプション:セリエA・レガカルチョパッチ (オフィシャル)

    成績:リーグ 12位 / EL グループリーグ敗退
    主な在籍選手:マウロ・サラテ トンマーゾ・ロッキ ステファーノ・マウリ

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 24
    Loading

    レッジーナ 04-05 HOME

    今となればとっても買ったのが恥ずかしいと思えるユニです。あの当時、現役バリバリの日本代表 中村俊輔選手がマリノスから初めて海外移籍したクラブであったことを差し引いても、個人的に買ってはいけないユニの1枚だったと思います。コレクションとしてならせめて俊輔のマーキングや胸スポンサー付でないと意味がないでしょう。どうしてあの頃はこんな龍?のデザインを凄く気に入ってしまったのだろう?自分の好きなクラブチームがこのデザインを取り入れたら暴動を起こしたいぐらいです。

    成績:リーグ 10位
    主な在籍選手:中村俊輔 マルコ・ボリエッロ カルロス・パレデス

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 25
    Loading

    ACミラン 99-00 4th

    クラブ創立100周年記念 4thモデル。当時は、ユニのバリエーションとして3rdモデルに留まらず4thモデルまで展開していました。毎年すべてのモデルを集めているサポにとっては痛い出費でしたね。この4thモデルは、ゴールドをベースにした派手なデザインに、左胸に100周年を示したワッペンがあしらわれた記念モデルらしいユニに仕上がっています。Homeモデルのクラシックなデザインに対し、この4thモデルはまさに100周年記念というゴージャスなユニと言えますね。ただ、個人的にはHomeの方が好きですが・・・。

    成績:リーグ 3位 / CL 1次リーグ敗退
    主な在籍選手:アンドリー・シェフチェンコ レオナルド パオロ・マルディーニ

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 26
    Loading

    ACミラン 00-01 HOME

    90年代から00年代前半にかけてのACミランのユニは今でも人気があって高く取引されています。当時はスター選手も数多く在籍し、選手達のマーキング付ユニはさらに価値が付いていました。そのため、今では容易にデッドストック品の入手はできず、どうしても欲しい場合は手頃なUSED品になってしまいます。このユニもその内の1枚でいつかは新品を手に入れたいものです。
    マーキングは日本でも活躍したレオナルド選手です。このモデルは2シーズン着用されましたが、レオナルド選手は01年にサンパウロへ移籍しており00-01モデルとなります。

    マーキング:18 LEONARDO

    成績:リーグ 6位 / CL 2次グループリーグ敗退
    主な在籍選手:レオナルド ズボニミール・ボバン フェルナンド・レドンド

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 27
    Loading

    ACミラン 03-04 HOME

    才能がありながら伸び悩んでいたピルロ選手。このACミランにてレジスタとしてその才能が開花し、03-04シーズンのACミランのスクデットに貢献する大活躍でした。
    胸スポンサーが『OPEL』の社名ではなく、珍しく車名になっています。

    マーキング:21 PIRLO (オフィシャル)

    成績:リーグ 優勝 / CL ベスト8
    主な在籍選手:ピルロ シェフチェンコ ルイ・コスタ

    • いいね!

      5がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 28
    Loading

    ACミラン 06-07 HOME

    00年代の歴代ミランのユニの中でも抜群のかっこよさを誇るデザイン。バランスの良いロッソ・ネロのカラーに襟付きで金ナンバー・ネーム、そして金のパイピングと秀逸なデザインと言えます。ただ、残念なのは長年スポンサーであった『OPEL』から『bwin』に変更になってしまったこと。それでも、近年のミランのユニの中では一番好きなモデルです。
    マーキングは、ミランのパンディエラであった世界屈指のDFマルディーニ選手。06年に引退宣言をし記念としてマーキングしたのですが、CLで優勝しCWCにも出場意欲が湧き現役続行となり残念なユニになってしまいました。

    マーキング:3 MALDINI (オフィシャル)
    オプション:セリエA・レガカルチョパッチ/ビッグイヤーパッチ (オフィシャル)

    成績:リーグ 4位 / CL 優勝
    主な在籍選手:パオロ・マルディーニ アンドレア・ピルロ ジェンナーロ・ガットゥーゾ

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/28

    • 2
    • 0
  • 29
    Loading

    ACミラン 09-10 HOME

    ミランのホームモデルでは初の白襟が採用されたユニ。単体でみると、ミランのクラブカラーであるロッソ・ネロに白襟とのミスマッチ感でかっこ悪く見えますが、実際選手が着用すると白襟がいいアクセントとなってかっこよく見える不思議なユニです。
    マーキングは、2007年のU-20W杯での活躍で数々の強豪クラブからのオファーの中からミランに移籍したパト選手。08年のデビュー後よりゴールを量産し将来のミランのエースと期待されましたが、10年以降怪我が多くミランでは輝きを放てませんでした。

    マーキング:7 PATO (オフィシャル)
    オプション:セリエA・レガカルチョパッチ/ビッグイヤーパッチ (オフィシャル)

    成績:リーグ 3位 / CL 決勝TM1回戦敗退
    主な在籍選手:アレッシャンドレ・パト ズラタン・イブラヒモビッチ ロビーニョ

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 30
    Loading

    ASローマ 94-95 HOME

    機能性重視のデザインが主流の今では珍しいレースアップ仕様のユニです。紐が太いのが気になるけど、やっぱりレースアップのユニはカッコイイ。そして、シンプルなローマの旧エンブレムやサッカーボールやエンブレムロゴの透かしが入った光沢のデザインは時代を感じさせられます。また、サプライヤーも日本メーカーの「asics」だったり、イルカのイラストが可愛いマイナーなスポンサーだったりと90年代ならではのユニじゃないかな。
    90年代のユニ好きにはたまらない1枚ですね。

    成績:リーグ 5位
    主な在籍選手:ヨナス・テルン アウダイール

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 2