みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成
(無料)

» ログイン
ミューゼオとは? よくある質問
File

サッカーユニフォーム(イングランド・クラブチーム)

イングランドのサッカーリーグに所属しているクラブチームのユニフォームです。マンチェスター・ユナイテッドをメインに収集しています

  • Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 91-92 HOME

  • Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 92-94 HOME

  • Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 94-96 HOME

  • Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 96-98 HOME

  • Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 98-00 HOME

  • Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 00-02 HOME

  • Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 01-02 AWAY & 3RD

  • Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 02-04 HOME

  • Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 04-06 HOME

  • Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 07-08 HOME

  • Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 08-09 3rd

  • Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 09-10 HOME

  • Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 10-11 HOME

  • Loading

    アーセナル 95-97 AWAY

  • Loading

    アーセナル 00-02 3rd

  • Loading

    アーセナル 07-08 3rd

  • Loading

    アーセナル 09-10 AWAY

  • Loading

    ウエストハム 97-99 HOME

  • Loading

    エバートン 09-10 AWAY

  • Loading

    チェルシー 05-06 HOME

  • Loading

    チェルシー 07-08 AWAY

  • Loading

    チェルシー 10-11 AWAY

  • Loading

    ニューキャッスル・ユナイテッド 95-97 HOME

  • Loading

    ブラックバーン・ローヴァーズ 05-06 HOME

  • Loading

    フルハム 10-11 3rd

  • Loading

    フルハム 11-12 3rd

  • Loading

    マンチェスター・シティ 07-08 HOME

  • Loading

    リヴァプール 02-03 AWAY

  • Loading

    リヴァプール 04-05 CL FINAL

  • Loading

    リヴァプール 05-06 CL/HOME

  • 1
    Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 91-92 HOME

    ライアン・ギグスのマンチェスターU在籍20周年を記念したモデル。記念BOX仕様で限定2000BOX販売されました。※元々はギグス引退記念モデルとして発表されましたが、ギグスが引退を撤回し現役続行したため、急遽20周年モデルに変更になりました。こちらは、ギグスがマンUでデビューした時のユニになります。当時はサプライヤーがadidasだったため、版権の問題上メーカーロゴと両肩のスリーラインが排除されてますが、それ以外はほぼ忠実に再現されています。でも、ないと印象が大きく違いますね。

    マーキング:11 (オフィシャル)

    成績:リーグ 2位 / カップウィナーズ・カップ 2回戦敗退
    主な在籍選手:ライアン・ギグス ブライアン・ロブソン マーク・ヒューズ

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 4
    • 0
  • 2
    Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 92-94 HOME

    レースアップ仕様好きとしては、マンU歴代のユニの中で最も好きなユニと言えます。しかも、オールドファンには懐かしい『MUFC』の透かしに日本のメーカー『SHARP』の胸スポンサーと文句なしのモデル。これで、新品・紙タグ付でカントナのオフィシャルマーキングにリーグパッチが付いていたら完璧でしたが、さすがに今では入手困難でしょうね。20年以上前のユニの割には全体的に程度は良好といいたいところですが、襟の黒ラインが色褪せているのが残念です。やっぱりどこか新品売ってないかな。

    成績:(92-93) リーグ 優勝
       (93-94) リーグ 優勝 / CL 2回戦敗退
    主な在籍選手:エリック・カントナ ピーター・シュマイケル マーク・ヒューズ

    • いいね!

      8がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 4
  • 3
    Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 94-96 HOME

    通称「オールドトラフォード・ユニ」
    ユニ全面にマンチェスター・ユナイテッドのホームスタジアムであるオールド・トラフォードの透かしが入っています。
    マンUのNo7といえば「キング・エリック」ことカントナ。ユニの襟を立てる着こなしはまさに王様でした。

    マーキング:7 CANTONA

    成績:リーグ2位 / CL グループリーグ敗退
    主な在籍選手:カントナ ロイ・キーン ギグス

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 4
    Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 96-98 HOME

    両サイドにクラブエンブレムの透かしをあしらったグッドデザインク。エンブレムの透かしをよく見たら『MANCHESTER UNITED』じゃなくて『OLD TRAFFORD』になっているんですね。前モデルのオールド・トラフォードユニに続いて、この頃のマンチェのユニはオリジナル性が高くデザインが凝っていて好きです。
    マーキングは、オランダのレジェン クライフの息子ジョルディ・クライフ。親譲りの足技を武器に活躍が期待されましたが、マンUでは怪我が多く満足にプレーできませんでした。

    マーキング:14 CRUYFF

    成績:(96-97) リーグ 優勝 / CL ベスト4
    (97-98) リーグ 2位 / CL ベスト8
    主な在籍選手:ジョルディ・クライフ エリック・カントナ ライアン・ギグス

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 5
    Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 98-00 HOME

    歴代のマンUのユニの中でも92-94のレースアップモデルに次いで好きなユニです。世代によっては異なってくると思いますが、個人的にはマンUと言えば胸スポ『SHARP』の印象が強いです。その『SHARP』のラストイヤーモデルでもあり、襟付きで首元のジップアップ仕様がかっこよくて気に入っています。機能性重視の今ではジップアップが採用されることは難しいからこそ、このユニの価値が高まればいいなと思っています。あと、これにベッカムのマーキングすれば完璧でしたね。

    成績:(98-99) リーグ 優勝 / CL 優勝
       (99-00) リーグ 優勝 / CL ベスト8
    主な在籍選手:デビッド・ベッカム ポール・スコールズ ロイ・キーン

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 6
    Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 00-02 HOME

    マンU=umbroのイメージが強い世代にとってはサプライヤーがNIKEに変更となってかなりショックでした。秀逸だったレースアップユニや奇想天外なタオル地ユニ・スタジアムの透かしユニなど数々の名作を送り出したumbroもこのモデルでマンUとの関係が終焉となりました。umbroラストモデルということでしたが、予想外にシンプルなデザインで肩すかしをくらった感じです。しかも、襟がなくなっているし。でも、生地の一部にウールを使用しているようですが、それほどインパクトは残せなかったですね。また、スポンサーが『SHARP』から『vodafon』と変更になっています。

    成績:リーグ (00-01) 優勝 / CL ベスト8
           (01-02) 3位 / CL ベスト4
    主な在籍選手:デビッド・ベッカム ライアン・ギグス オレ・グンナー・スールシャール

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 7
    Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 01-02 AWAY & 3RD

    クラブ創立100周年記念モデル。
    両面にアウェイモデルと3rdモデルがデザインされたリバーシブル仕様で、生地が2枚重ねだけにかなりぶ厚くなっています。重厚感があり半袖タイプなのに夏に着用するには到底無理があります。コレクタブルなアイテムだけに機能性なんて完全無視仕様です。
    アウェイはエンブレムやスポンサーが刺繍ワッペンやフロッキー素材に対し、3rdはすべてラバー素材になっていて気をつけないと3rd側の劣化が激しいので注意してください。

    成績:リーグ 3位 / CL ベスト4
    主な在籍選手:デビッド・ベッカム ポール・スコールズ ライアン・ギグス

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 4
    • 0
  • 8
    Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 02-04 HOME

    2002年日韓W杯で一躍時の人となったベッカム選手。クラブでも活躍を期待されたが怪我や監督の不仲で低迷。結局、ベッカムのマンUでのラストモデルになってしまいました

    成績:リーグ 優勝 / CL ベスト8
    主な在籍選手:ベッカム ファン・ニステルローイ スコールズ

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 9
    Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 04-06 HOME

    当時のイングランド・プレミアリーグのクラブチームは基本ユニモデルの変更は2シーズン毎でした。なので、ニューモデルの発表にはいつも楽しみにしてたのですが、このマンチェのユニは前モデルのデザインとあまり変化が感じられずがっかりしたものです。スポンサーの『vodafone』も継続だったので余計にそう感じました。しかも、スポンサーの生地が個人的に好きだったフロッキーではなくラバーになってしまったのはとても残念。あと、浦和レッズのユニとそっくりなのが素直に喜べなかったですね(後日談ですが)。

    成績:(04-05)リーグ 3位 / CL 決勝TM1回戦敗退
       (05-06) リーグ 2位 / CL グループリーグ敗退
    主な在籍選手:ルート・ファン・ニステルローイ ポール・スコールズ ライアン・ギグス

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 2
  • 10
    Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 07-08 HOME

    昨年、リーグ優勝を果たし両袖には黄金に輝くチャンピオンズ・パッチがつけられています。ちなみにこのパッチは07-08よりモデルチェンジしています。ユニ自体は赤単色のシンプルなデザインに背部に縦走するラインが特徴のあまり魅力的とはいえないユニですが、このチャンピオンズ・パッチをつけることでかっこよさが倍増しました。
    マーキングは、マンチェスターユナイテッドではすでにエースとして君臨し、チームを引っ張っていたクリスティアーノ・ロナウド選手です。プレミアリーグでは31得点と得点王を獲得しました。

    マーキング:7 RONALDO (オフィシャル)
    オプション:プレミアリーグ・チャンピオンズパッチ (オフィシャル)

    成績:リーグ 優勝 / CL 優勝
    主な在籍選手:クリスティアーノ・ロナウド ルーニー テベス

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 11
    Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 08-09 3rd

    1968年にヨーロピアンカップを制覇してから40周年を記念したモデル。3rdモデル限定のデザインで、ベースが青なのは当時決勝戦で着用していたユニが青だったのが由来です。クラブエンブレム周囲に40周年記念刺繍と襟裏に当時のエンブレムがプリントされています。記念モデルですが限定販売ではなく通常の一般販売であまりレアなユニではありません。鮮やかなブルーで美しいユニなんですが・・・。
    マーキングは飽きもせず定番のクリスティアーノ・ロナウド選手。説明不要なマンチェの選手の中でも偉大だった選手の一人です。

    マーキング:7 RONALDO (オフィシャル)
    オプション:プレミアリーグ・チャンピオンズパッチ (オフィシャル)

    成績:リーグ 優勝 / CL 準優勝
    主な在籍選手:クリスティアーノ・ロナウド ウェイン・ルーニー ナニ

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 12
    Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 09-10 HOME

    1909年FAカップ初優勝してから100周年を記念したモデル。当時着用していたV字デザインのユニをモチーフにしたデザインなんですが、個人的にV字デザインは好きじゃなくてカッコイイとはいえないですね。また、丸首なのもよくなくて、歴代マンUのユニの中でもワースト1だと思っています。せめてCWCチャンピオンパッチを付けることで少しましになった感じです。
    マーキングは、ロナウドがレアルに移籍したことで実質マンUのエースとなったルーニー選手。ただ、このシーズンはCLで怪我を負いリーグ通算100ゴール達成するも得点王をドログバに譲ってしまいました。

    マーキング:10 ROONEY (オフィシャル)
    オプション:CLパッチ / CWCチャンピオンズパッチ (オフィシャル)

    成績:リーグ 2位 / CL ベスト8
    主な在籍選手:ウェイン・ルーニー アントニオ・バレンシア 朴智星

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/11/25

    • 2
    • 0
  • 13
    Loading

    マンチェスター・ユナイテッド 10-11 HOME

    ライアン・ギグスのマンチェスターU在籍20周年を記念したモデル。記念BOX仕様で限定2000BOX販売されました。※元々はギグス引退記念モデルとして発表されましたが、ギグスが引退を撤回し現役続行したため、急遽20周年モデルに変更になりました。
    こちらは、ギグスのマンU在籍20年目のユニになります。胸にはギグスのサイン入りですが直筆ではなくプリントと全く価値のない仕様になっています。また、記念といいながらギグスのマーキングもなく後付けでマーキングしました。なんか騙された気分です。

    マーキング:11 GIGGS (オフィシャル)
    オプション:プレミアリーグパッチ (オフィシャル)

    成績:リーグ 優勝 / CL 準優勝
    主な在籍選手:ライアン・ギグス ウェイン・ルーニー ハビエル・エルナンデス

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 4
    • 2
  • 14
    Loading

    アーセナル 95-97 AWAY

    シンプルかつ機能性重視の現代の没個性的なユニデザインの中で、異彩を放つ90年代のファンタスティックなデザイン。90年代ならではの稲妻デザインは、オールドファンなら懐かしく、知らない人には斬新に見えますね。旧エンブレムに旧NIKEロゴ、スポンサーの『JVC』と90年代好きには堪らないコレクションとして加えておきたい1枚です。
    マーキングは、別称アイスマンことベルカンプ選手。神の領域に達したと言われる卓越したボール捌きでアーセナルの中心選手として活躍しました。飛行機恐怖症で有名。

    マーキング:10 BERGKAMP

    成績:(95-96) リーグ 5位
       (96-97) リーグ 3位 / UEFA CUP 決勝TM1回戦敗退
    主な在籍選手:デニス・ベルカンプ イアン・ライト トニー・アダムス

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 15
    Loading

    アーセナル 00-02 3rd

    セガの迷機『Dreamcast』がスポンサーになっているアーセナルの3rdモデル。デザイン性も高く、元日本代表の稲本潤一選手も在籍していたことから人気の高かったユニです。

    成績:リーグ 2位 / CL ベスト8
    主な在籍選手:稲本潤一 ベルカンプ アンリ

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 16
    Loading

    アーセナル 07-08 3rd

    1925年以来アーセナルの躍進を支えたハーバート・チャップマンを記念して作られたユニ。襟内側にチャップマンの銅像と歴史がプリントされています。
    その配色から早稲田大学ラグビー部のようなユニと揶揄されてましたが、07-08シーズンモデルの中でも抜群の人気を誇ったユニでした。サッカーユニでは珍しいエンジとネイビーのボーダー柄にアクセントのゴールドがそのデザインセンスの高さをよく表わしています。アーセナル歴代のユニの中でも、ハイバリーラストモデルと並んで秀逸なユニといえますね。

    成績:リーグ 3位 / CL ベスト8
    主な在籍選手:トマーシュ・ロシツキー セスク・ファブレガス ロビン・ファン・ペルシ 

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 17
    Loading

    アーセナル 09-10 AWAY

    アーセナルのホームモデルは、単調であまり変わり映えのしないデザインとコレクションとしては面白味がないですが、一転してアウェイや3rdモデルは時には思いもよらない冒険をしたデザインを採用することがあり集めがいがありますね。ただ、当たりハズレが大きいのが難点なところです。こちらは当たりの部類になるのかな。まるでシックなポロシャツ風のクールなデザインでユニっぽくないですよね。
    マーキングは、18歳でアーセナルのレギュラーを掴み、アーセナルのキャプテンも務め、ヴィエラの後継者と呼ばれた天才セスク・ファブレガス選手です。

    マーキング:4 FABREGAS (オフィシャル)
    オプション:プレミアリーグパッチ (オフィシャル)

    成績:リーグ 3位 / CL ベスト8
    主な在籍選手:セスク・ファブレガス トマーシュ・ロシツキー ロビン・ファン・ペルシー

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 18
    Loading

    ウエストハム 97-99 HOME

    クラブカラーである臙脂×水色を基調としたサッカーユニでは珍しい配色のモデルです。同国のアストン・ヴィラも同じクラブカラーであり、歴史的にはアストン・ヴィラの方が古いですが、理由はないけど個人的にはウエスト・ハムの方が好みですね。
    珍しい配色に加え、メーカーがマイナーな『PONY』やドイツのシューズブランド『Dr.Martens』が胸スポンサーとマニアックすぎるコレクターとしては1枚押さえておきたいユニですね。この『Dr.Martens』のロゴデザインのためだけに1枚買っちゃいました。

    成績:リーグ (97-98) 8位 (98-99) 5位
    主な在籍選手:リオ・ファーディナンド フランク・ランパード パオロ・ディカーニオ

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 19
    Loading

    エバートン 09-10 AWAY

    サプライヤーとして長年使用していたumbroから、09-10シーズンよりle coqへと変更となりました。ホームモデルのデザインはいまいちでしたが、このアウェイモデルのデザインは秀逸といっても過言ではないでしょう。黒地にアクセントとしてのピンクは最強。ここまできたらスポンサーもマーキングも全てピンクにして欲しかったですね。
    マーキングは、アフロヘアーがトレードマークの長身MF。空中戦が得意でFWとしての能力も高く、エバートンでの活躍を機にマンUへとステップアップしました。

    マーキング:25 FELLAINI (オフィシャル)
    オプション:プレミアリーグパッチ (オフィシャル)

    成績:リーグ 8位 / EL 決勝TM 1回戦敗退
    主な在籍選手:マルアン・フェライニ ルイ・サハ ミケル・アルテタ

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 20
    Loading

    チェルシー 05-06 HOME

    クラブ創立100周年記念モデルにして、チェルシーのumbroラストモデルになります。100周年という記念すべきシーズンにエンブレムを一新、現代風にアレンジされました。個人的にシンプルな前エンブレムより洗練されたデザインで気に入っています。そして、そのエンブレムの周りには金糸で100周年の記念刺繍が入っており記念モデルならではのデザインになっています。ただ、残念なところはスポンサーが『Fly Emirates』から『SAMUSUNG』になってしまったこと。やっぱりどのユニでもかっこよく見えてしまう『Fly Emirates』の方がよかったな。
    マーキングは、チェルシーのレジェンド フランク・ランパード選手。英国の心臓と呼ばれ、長年クラブや代表を支えてきた鉄人。

    マーキング:8 LAMPARD

    成績:リーグ 優勝 / CL ベスト16
    主な在籍選手:フランク・ランパード ディディエ・ドログバ ジョン・テリー

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 21
    Loading

    チェルシー 07-08 AWAY

    目立つこと間違いなしの斬新的カラーな蛍光ユニ。
    チェルシーのオーナーであるロシアの石油王アブラモビッチが昨年のバルサの蛍光ユニをみて一目ぼれし、オーナーの鶴の一声でチェルシーのユニにも蛍光イエローが採用されました。しかし、同じ蛍光ユニでもバルサに比べるとデザインセンスがないですね。

    成績:リーグ 2位 / CL 2位
    主な在籍選手:ランパード ドログバ テリー

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 22
    Loading

    チェルシー 10-11 AWAY

    日本人には不思議と馴染みやすい、別称『ジャイアンツ・ユニ』
    まるで日本の野球チーム・読売ジャイアンツ(巨人)を彷彿させるようなデザイン。そして、豊富な資金力でお金に物を言わせてスター選手を買いあさるクラブ体質はまさに読売ジャイアンツそのもの。こういったクラブチームは個人的に好きじゃありません。さらには、胸スポンサーが韓国企業の『SAMSUNG』と好意的にとらえるところが少ないですが、ブラック×オレンジのカラーリンク゛だけは割と好きです。

    成績:リーグ 2位 / CL ベスト8
    主な在籍選手:フェルナンド・トーレス フランク・ランパード ジョン・テリー

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 23
    Loading

    ニューキャッスル・ユナイテッド 95-97 HOME

    一見イタリアの某クラブチームにも見えますが、イングランドのニューキャッスル・アポン・タインにあるクラブチーム『ニューキャッスル・ユナイテッド』のユニになります。古豪で歴史のあるクラブチームですが、今やマンUやチェルシーなどビッグクラブの後塵を拝し知る人ぞ知るクラブチームになっています。サッカーユニとして白×黒の縦縞デザインはありふれたデザインですが、襟首のマオカラーと胸スポンサー『NEWCASTLE BROWN ALE』のロゴデザインは秀逸で歴代のニューキャッスルのユニの中でも1,2を争う程のかっこよさです。コレクターとしてこれだけでも買っておきたいコレクタブルな1枚です。

    成績:(95-96) リーグ 2位
       (96-97) リーグ 2位 / UEFA CUP ベスト8
    主な在籍選手:アラン・シアラー ダヴィド・ジノラ スチュアート・ピアース

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 24
    Loading

    ブラックバーン・ローヴァーズ 05-06 HOME

    イングランドのクラブチームの中でも歴史のあるクラブですが、今では地方のマイナーなクラブチームまで低迷しています。クラブとしての認知度は低いですが、薔薇の花がクラブエンブレムに描かれている素敵なユニとしてユニコレクターの中では一目置かれているクラブチームです。個人的にサプライヤーとしてマイナーなメーカー「LONSDALE」も魅力的で、さらに胸スポンサーまで「LONSDALE」とコレクターとして1枚持っておきたいユニかな。マーキングは元フィンランド代表FWですが、マーキング付で購入した為よくわかりません。

    マーキング:9 KUQI

    成績:リーグ 6位
    主な在籍選手:シェフキ・クキ クレイグ・ベラミー モアテン・ガムスト・ペデルセン

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 25
    Loading

    フルハム 10-11 3rd

    当時ではまだ珍しいカラーの部類だったカーキをメインに、ナンバーやエンブレム・メーカーロゴなどにゴールドを採用したデザインは、10/11シーズンの中でもベストユニだったと思います。どうしても欲しかったユニなんですが、フルハムといえばイングランドでもマイナーなクラブであり、3rdモデルということもあって日本では未発売となかなか入手ができなくて苦労しました。地味だけど今でもお気に入りの1枚です。
    マーキングは、元北アイルランド代表で長くキャプテンを務めたアーロン・ヒューズ選手。ポジショニングと正確なカバーリングで守る理知的なDFでした。

    マーキング:18 HUGHES (オフィシャル)
    オプション:プレミアリーグパッチ (オフィシャル)

    成績:リーグ 8位
    主な在籍選手:アーロン・ヒューズ ダミアン・ダフ ダニー・マーフィー

    • いいね!

      5がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/8

    • 2
    • 0
  • 26
    Loading

    フルハム 11-12 3rd

    Johnny Haynes special edition.
    フルハムに入団してから約20年、フルハム一筋のレジェンド選手ジョニー・ヘインズ。イングランド代表でもキャプテンを務め、クラブだけでなく代表でも中心選手として活躍しました。そのジョニー・ヘインズの功績を称え、ゴールドを基調としたユニにジョニー・ヘインズの銅像がデザインされたスペシャルモデルです。
    マーキングは、スイス代表のMFパイティム・カサミ選手。能力に期待され各国の中堅クラブを転々としましたが、いまいち活躍することができなかったですね。

    マーキング:10 KASAMI (オフィシャル)

    成績:リーグ 9位
    主な在籍選手:パイティム・カサミ アンディ・ジョンソン フィリップ・センデロス

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 27
    Loading

    マンチェスター・シティ 07-08 HOME

    UAEの投資グループに買収される前の古き良き時代のシティのユニです。あの元オアシスのノエル兄弟も愛してやまないクラブチームです。当時はまだ中堅クラブの1つで同じ本拠地をおくマンUとは実績や認知度も全く違ったものでした。ユニはプレミアでは珍しいle coqだったり、マーキングも特殊な紺色を採用したりとマニアックなユニです。
    マーキングは次世代のイングランド代表として期待されていたジョンソン選手でしたが、怪我が多く2度の事件も起こし活躍しないまま引退してしまいましたね。

    マーキング:6 JOHNSON (オフィシャル)
    オプション:プレミアリーグパッチ (オフィシャル)

    成績:リーグ 9位
    主な在籍選手:マイケル・ジョンソン ベルナルド・コラーディ マイカ・リチャーズ

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 28
    Loading

    リヴァプール 02-03 AWAY

    全盛期にあったワンダーボーイことオーウェンやそのオーウェンの相棒ヘスキーに新星ジェラードと代表クラスの選手を揃えながら、ウリエ監督の面白くもないリアクション・サッカーでクラブは低迷していました。

    成績:リーグ 5位 / UEFAカップ ベスト8
    主な在籍選手:オーウェン ジェラード ヘスキー

    • いいね!

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0
  • 29
    Loading

    リヴァプール 04-05 CL FINAL

    『イスタンブールの奇跡』と呼ばれた04-05CLファイナルモデル。リバプールのシンボルであるライバーバードにCL決勝の金刺繍が施されています。CL決勝 ACミラン戦において、ミランに前半で3点のリードをされながら後半の一瞬の合間に同点に追いつき、PK戦の末 見事ミランを下し優勝を果たしました。興奮がおさまらい中おもわず記念に購入、このユニを見る度に6分間の同点劇にPK戦でのGKデュデクのパフォーマンスが今も思い出されます。当時のリバプールは、リーグ戦では弱くてCLなど大舞台には強いイメージでしたね。

    成績:リーグ 5位 / CL 優勝
    主な在籍選手:スティーブン・ジェラード シャビ・アロンソ ミラン・バロッシュ

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/10/14

    • 2
    • 0
  • 30
    Loading

    リヴァプール 05-06 CL/HOME

    CL専用モデル。昨シーズン、『イスタンブールの奇跡』と呼ばれ21年ぶりにCL制覇を果たしました。そして、CL2連覇を期待しリバプールでは02-03シーズン以来のCL専用モデルをだしました。クラブカラーのレッドにゴールドをあしらったデザインはリバプールの本気を感じましたが、残念ながら決勝TM1回戦であっさりと敗戦してしまいましたね。
    個人的に襟付きモデルが好きなんですが、この首下を変形カットしたデザインもかっこよくて気に入っています。今ではサプライヤーのリーボックも懐かしいですね。
    マーキングは、リバプールのバンディエラ スティーブン・ジェラード選手。MFならどのポジションもこなせるユーティリティ選手でイングランドを代表とする選手の一人です。

    マーキング:8 GERRARD
    オプション:CLチャンピオンズパッチ / ビッグイヤーパッチ

    成績:リーグ 3位 / CL ベスト16
    主な在籍選手:スティーブン・ジェラード フェルナンド・モリエンテス シャビ・アロンソ

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/9/7

    • 2
    • 0