みんなのコレクションが集まるミュージアム

0

Edward Greenの茶・その1(アンティークカーフ)

高級紳士靴で1990年代に一気に浸透した「アンティークフィニッシュ」なる発想。特殊な染料やバフ掛けなどで施される革への一種の演出だが、そのきっかけを作ったのがエドワード・グリーンによる一連の茶系の靴だろう。このChestnutカラーのアンティークカーフは、基本的には前出のBrackenより僅かに薄口の、ややオレンジっぽいミディアムブラウン。ただし、古い家具や文字通り栗の実の皮のように色味に濃淡が美しく入り混じった仕上がりは、それまでの新品では有り得ないアプローチだった。初めて見た時「ああヤられた……」と唸りまくったのを今でも思い出す。柔軟なレザーソールやかかと部の小振りな造形も含め、エドワード・グリーンがここ四半世紀の英国紳士靴に果たした役割は絶大だ。

  • File
  • File
  • File
  • PLAY
File

Offcial Museum by ミューゼオ編集部

  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
File

Museum of muuseo_staff

みんなのアクティビティー