みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成
(無料)

» ログイン
ミューゼオとは? よくある質問

0

Jim Henson The Works

マペット操演の創始者、ジム・ヘンソンの評伝、“Jim Henson, The Works”です。全ページが、多くの作品とカラフルなアートや図版で満載で圧巻です。
この評伝は、ジム・ヘンソンが存命中に企画出版されたものですが、ジム・ヘンソンが1990年頃に急死したため、巻末の本人の結びの言葉など遺言のように感動的な作品となっています。
以下に、拙訳の「結びの言葉」を引用しておきます。

《ジム・ヘンソンからのいくつかの考え》

 続く文章は、ジム・ヘンソンが1986年に書き残したいくつかの文章からの抜粋である。彼は「信念の誇り」と呼ばれた本のために、いくつかの考えの寄稿を頼まれ、この文章を書いたのである。本は結局、出版されなかった。

 長年にわたり、私は自分の初心と心構えを培ってきた。それは仕事をどのように考えるかである。私は特に、人に自分の考え方や生き方を話すことを、得意と思ったことはない。そういうことに関しては、私よりもっとよく知っている人がいる。しかし、まあ、やってみよう……
 私は人生というのは、基本的に成長のプロセスだと思う。私たちはそれぞれの多くの人生を生き、それらのシチュエーションや課題を選び、それが私たちが学ばせるのだ。私たちは自分の人生を形作るのだと思う。それが、私たち自身の現実感を作るのだ。それが全てをベストにしていくのだ。私は、自分が幾人かの人々を途方もない楽天主義に熱狂させているのを知っているが、しかし、それはいつも私が努力をした結果なのだ。
 私は世界に対し、人々に対し、仕事に対し、前向きな態度をとるべきだと信じている。私は自分が目的を持って、ここにいると思う。私は私たちが皆似たようなものだと思うが、しかし、私だけがそう思っているだけなのだろう。私は自分が望むものになろうと努力する、そして、私は自分を、私たち全ての一部と考えようとする――全人類、そして全ての生き物のだ。こんな高尚な考えを一日中持ち続けるのは簡単でないということも分かっている。しかし、こんな考え方は私たちが行く道のつらさから、私を確かに助けてくれている。
 私は自分の仕事を気に入っている。それを楽しんでいるからだ。労働であるとは思っていないということだ。かくして、私は自分の大部分の時間を仕事に費やしている。私は人々と協力的に働くのが好きだ。そのベストとして、映画やTVの世界はこの方法でクリエイティブに機能する。私は共に働く素晴らしい人々がいる。そして、私は仕事を、"私たちの"仕事と考える。
 私はアイデアがどこからやってくるのか、本当のところは分からない。しかし、私が働いていると素晴らしいアイデアが正に現れる。私は似たようなことを言う他の人々を知っている――それは助けとガイダンスをひねり出す方法のひとつだと私は知っているのだ。いかにして聞かれるのを待っているところからアイデアや情報を受け取るかを考えるのは問題だ。
 私に取って今もこれからも、止まることや活力を再充填することや、インスピレーションを再び得ることは、大変重要であることは分かっている。自然の美しさは私の人生で大きなインスピレーションを与えてくれた一つだ。芸術家として成長するにつれ、自然のデザインの全ての細部の美しさに私は、いつも畏敬を払うようになった。自然の素晴らしい配色はいつも調和がとれていて、私は特に眩惑される。私は開けた場所で空を見上げるのが好きだ。私がインスピレーションを得た最も幸福な瞬間の一つは何年も前にカリフォルニアで、芝生に寝転がって、大きな古い樹の幹や葉を見上げた時に起こったものだ。私はその感覚を何にでも誰にでも思い出すことがある。
 人形を動かして働きながら、私はいつも自然の動きが成し遂げることに対する自分の力の無さに打ちのめされる。トカゲや鳥の信じられないような動きを見ながら、最も小さな昆虫にさえも、謙虚になれる経験があるのだ。
 私の人生の幾つかのポイントで、私は正しくも悪くも決断した。この人生には私には何もできない多くの状況がある――テロリズムの暴力や、自然な偏見の敵意、冷たい戦争、その他――そうだ、私がするべきことは私のエネルギーが影響できる状況に集中することだ。
 私は私たちがTVや映画をよい影響を与えることに使うことができたと信じる。私たちは子供たちの考えを形作り、大人に前向きな方向に導くことができた。それが明らかになると、私は自分たちがやったいくつかの仕事をとても誇りに思い、もっとよいことができると思ったものだ。
 若い頃には、私の志は世界を違った方向に導いていく人々のひとりになることだった。私の望みはいまだに私がいるここを少しでもよい方向に向かわせることなのだ。

It was a wonderful life and I love it.

#マペット #ジム・ヘンソン #フランク・オズ #TheMuppetShow #SesamiStreet

このビデオ作品「The World of Jim Henson」は映画並みの長編ですが、“Jim Henson, The Works”をそのまま映像化したと言える作品です。
https://www.youtube.com/watch?v=dEWB0zuZvlI&t=29s

  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • File
  • PLAY
File
  • File
    2018/4/18

    ace

    背表紙、洒落てますねー!😆

    返信する
    • Animals 16
      2018/4/20

      Jason1208

      本当に全編カラフルなマペット満載で、お洒落な本なんですよ。
      日本語版が出なかったのが不思議なくらいです。

      返信する

History

  • 2018/04/18

    アイテムの公開が始まる

  • 2018/04/20

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、3日目での達成!

  • 2018/09/17

    "いいね!"が20人を超える
    公開後、153日目での達成!

  • 2018/09/20

    "いいね!"が30人を超える
    公開後、156日目での達成!