みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

File
  • File
  • File
  • PLAY

朝日ソノラマ 宇宙船文庫 24年目の復讐 上原正三シナリオ傑作集

1985年3月30日初版発行
発行/(株)朝日ソノラマ

昭和60年(1985年)に朝日ソノラマの宇宙船文庫から刊行された、「24年目の復讐 上原正三シナリオ傑作集」です。
円谷プロ(ウルトラシリーズ・怪奇大作戦など)、東映(戦隊シリーズ・メタルヒーローシリーズなど)、ピー・プロ(鉄人タイガーセブン・電人ザボーガー)、宣弘社(シルバー仮面・レッドバロン)など、名だたる特撮ヒーロー番組の脚本を手掛けてきた上原正三氏。そんな氏が円谷プロで手掛けた『ウルトラQ』『ウルトラセブン』『怪奇大作戦』『帰ってきたウルトラマン』などの作品の中から17篇が収録されています。
円谷作品での上原氏というと、沖縄出身という出自を色濃く反映させた作品が多く、その最たるものが『帰ってきたウルトラマン』第33話「怪獣使いと少年」であるのは論を俟たないところですが、本書にはその「怪獣使いと少年」が原題の「キミがめざす遠い星」で収録されています。実際に放送された「怪獣使いと少年」は、レギュラー出演者が郷秀樹・伊吹隊長・坂田次郎の3人しか出てこない異色回でしたが、この「キミがめざす遠い星」を読むと本当はMATの他の隊員も、坂田家の人々も全部出てくるんですね(有名なパン屋の件、佐久間少年にパンを譲るのは、本来ならば坂田アキの役どころだった!)。「怪獣使いと少年」が問題作と評されるまでエスカレートしてしまったのは、演出の東條昭平氏が脚本を改変したことによるところが大きい、というのが「キミがめざす遠い星」を読むとよく判ります。

#ウルトラQ #ウルトラセブン #怪奇大作戦 #帰ってきたウルトラマン #上原正三 #朝日ソノラマ #宇宙船文庫 #円谷プロ #怪獣