みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成
(無料)

» ログイン
ミューゼオとは? よくある質問

0

ブルマァク キングギドラ 当時物

「かつて金星で栄えていた高度な文明を3日で滅ぼした」との触れ込みで『三大怪獣 地球最大の決戦』(昭和39年公開)で初めて銀幕に登場して以来、幾度となくゴジラたちと激闘を繰り広げてきた怪獣、キングギドラ。
それまで悪役だったゴジラを結果的に善玉に転向させるきっかけともなった、昭和のゴジラシリーズを代表する悪役怪獣ですが、実力のほうも桁外れの強さで、『怪獣大戦争』(昭和40年公開)や『怪獣総進撃』(昭和43年公開)など'60年代の作品では常に一体で複数の地球怪獣の相手をしていた、まさに規格外の“宇宙超怪獣”でしたね。それでいて最後は、必ず善玉怪獣たちに花を持たせてあげて地球を去っていくという、悪役の美学をちゃんと持っていたのも昭和キングギドラの魅力でした(“超ドラゴン怪獣”や“千年竜王”も悪くはないんだけど、ちょっと違う気がする)。

ブルマァクのキングギドラ。
子供の頃、一番遊んだ怪獣のソフビです。今でも実家に当時のものがあります。
よく言われるように尻尾や羽の形状が着ぐるみとは全く違っていて、出来としては決して褒められたものではないのですが、思い出補正もあって大好きな怪獣ソフビです。どんなに出来の良いキングギドラのソフビが出てきても、個人的にはやっぱりこのブルマァクのものに尽きます。

#ゴジラ #ブルマァク #東宝 #ソフビ #怪獣

  • 631678ccfd004a589a4c1bf1073815b4
  • B6547d44ba7f407bb84e6f46f9b377f0
  • 9e06a3a08f2e4c3197d408b732bcac49
  • 26617b2fa57d453e94b3b82eae52932c
  • PLAY
631678ccfd004a589a4c1bf1073815b4