みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成
(無料)

» ログイン
ミューゼオとは? よくある質問

0

LEGENDS CADZZILLA(2/2)

LEGENDS 2CAR SET ”CADZZILLA”

レジェンドシリーズには「4car set」の他に「2cat set」もあります。2car setの特長は同じカラー、同じモデルの車両「1/64」「1/24」の2台で1setとなります。今回は1/24サイズを全2回に分けて紹介します。
※1/64スケールはLEGENDS CUSTOM RODSにカラーを含めて準じるため割愛します。

〈CADZZILLA〉
米国ロックバンド ZZ TOPのビリー・ギボンズ氏がオーダーしたキャデラック。デザインは元GMデザイナーのラリー・エリクソン氏。‘48年型シリーズ62キャデラック2ドアセダンをベースにフルカスタムされたCADZZILLA(キャジラ)で多くの職人技で作られた美術品とも言える美しいデザインなのが特長です。
今回はメカニカルセクションについて記します。まず、シャシーエキスパートのLarry Sergejeffが使用してカスタムスチールフレームを製作し、'85コルベットステアリングシステム&フロントサスペンション、ディスクブレーキ化、Koniコイルオーバーショックというメニューです。後輪は完全にスカート状になっています。フロントはヴィンテージのキャディキャップに似せるように設計された22インチの2ピースのビレットアルミホイールだったりします。アートクリスマンは、Cadillac 500 CI V8E/Gにスムーズでキャデラックの乗り心地を与えるためにいくつかの機能拡張を加えました。ホーリーの燃料噴射セットアップを適合させ、2インチ排気ヘッダーを製作。トランスミッションはGM Hydra-Maticとなります。また低く長い後ろを段差乗り越え時に擦らないようにウイリーバーをさり気なく仕込んでいます。 スーサイド化したドアを開ければ、クリーンなオフホワイトの内装。オリジナルのダッシュを尊重し、存在感をより一層深めています。シャシーのセットアップ、E/Gを含めた機器類。専用デザインの内装と言い、隙の無い美しい仕上げを魅せています。オリジナルの’48年型キャデラックを信じられないほどの自動車彫刻に変身させたCADZZILLA 。
現車はHW LEGENDS 2car setの1/24サイズとなります。上記の内容が手に取るように解る作り込みと芸術品のようなボディを見事に再現しています。そこに’05年に来日した際に頂いたビリー・ギボンズ氏のサインをルーフに添えました。
そんな特別なHW LEGENDSのCADZZILLAを堪能して下さいませ。

※全2回に分けて紹介しています。第1回はこちら。
https://muuseo.com/twinmill/items/1342

LEGENDS CADZZILLA(1/2)
LEGENDS 2CAR SET ”CADZZILLA” レジェンドシリーズには「4car set」の他に「2cat set」もあります。2car setの特長は同じカラー、同じモデルの車両「1/64」「1/24」の2台で1setとなります。今回は1/24サイズを全2回に分けて紹介します。 ※1/64スケールはLEGENDS CUSTOM RODSにカラーを含めて準じるため割愛します。 〈CADZZILLA〉 米国ロックバンド ZZ TOPのビリー・ギボンズ氏がオーダーしたキャデラック。デザインは元GMデザイナーのラリー・エリクソン氏。‘48年型キャデラックをベースにフルカスタムされたCADZZILLA(キャジラ)で多くの職人技で作られた美術品とも言える美しいデザインなのが特長です。 ‘48年型シリーズ62キャデラック(2ドアセダン)は4,764台しか製造されていません。その内の錆の無い1台がドナー車としてアリゾナ州からBOYDのガレージに運ばれました。 デザイナーのラリー・エリクソン氏はストックボディをベースに高年式モーターを積んだモノをデザインされましたボディもストックフレームを活かした作りを想定したカスタムだったようです。しかし、オーダーしたビリー氏が望んでいたカスタムキャデラックでは無かったようで、ハードカスタムに変更されました。実際出来上がったCADZZILLAをみれば、ラリー・エリクソン氏の才能を信じ、車に彫刻的な美しさに変えさせたビリー氏の采配は凄いですね。 そんな経緯で誕生したCADZZILLA。1989年にBOYDのガレージから出て、Hot Rod Super Nationalsまでの2200マイルのクルーズを含む多くの出演を行いました。ひと通り全米を回った後、伝説を作ったCADZZILAは、しばらく行方不明になります。実はビリー氏のガレージに眠ってました。そして、’05年に復活を遂げて、なんと日本のショウ(HCS)にて世間の前に登場します。その後はイギリスのGOOD WOODや米国ピーターセンミュージアムなど色んな方々に楽しませてくれています。 現車はHW LEGENDS 2car setの1/24サイズとなります。サイズを活かした作り込みと芸術品のようなボディを見事に再現しています。室内はクリーンなオフホワイトの内装やキャデラック 500ci E/Gも再現されて、それぞれ、スーサイドドアやチルトトップカウル越しに見て取れます。そこに、’05年に来日した際に頂いたビリー・ギボンズ氏のサインをルーフに添えました。 そんな特別なHW LEGENDSのCADZZILLAを堪能して下さいませ。 ※全2回に分けて紹介しています。次回はメカニカルセッションを紹介予定です。 ※LEGENDS CUSTOM RODSのCADZZILLAはこちら。 (製作会社のBOYDとボディカスタムについて記載) https://muuseo.com/twinmill/items/1019
https://muuseo.com/twinmill/items/1342

  • File
  • File
  • B8309ca304004cbfb901514db23c443b
  • File
  • 15daa133375341b3940c96c3a5570b99
  • C721dd0fe11c44bcb11f8806bda9dd0c
  • File
  • File
  • PLAY
File

History

  • 2018/07/20

    アイテムの公開が始まる

  • 2018/07/20

    "いいね!"が10人を超える
    公開後、1日目での達成!

  • 2018/07/21

    "いいね!"が20人を超える
    公開後、2日目での達成!