敷島(20本入)-その3

0

大正期の人気上昇を得て、昭和初期の恐慌による銘柄整理などを生き延びた「敷島」ではあったが、終焉の時が訪れる。
1941年11月、35銭への価格改正時に、それまでの縦型および横型の打抜包装を廃止して、一般的な横平型の包装へ転換された。すでに「朝日」は、同年3月に廃止予定の「錦」の生産ラインを用いて、平型包装製品の供給をはじめるなど、生産現場の合理化がすすめられていた。太平洋戦争の開戦は、この年の12月のことである。

太平洋戦争のさなか1943年6月に製造が中止されたが、他の銘柄が「敵性語追放」による名称変更や資源節約による「印刷色数の削減、省略」などでその姿を大きく変えてゆく中で、唯一専売創始以来の「偉容」を守った銘柄であった。

【画像1】1941年11月1日~ 35銭へ価格改正
【画像2】同       ☆用紙裁断 左開き
【画像3】1943年1月17日~ 65銭へ価格改正
【画像4】1943年6月以降~ ☆戦時負担額併記
【画像5】同       ☆用紙裁断 左開き

・1943年12月27日~ 1円に価格改正
 (1943年6月下旬製造中止)

Default