江戸後期 六寸 四段重 「総角」

0

江戸後期の製作と思われる小型の五寸の四段重です。各段はみな同じ高さになっています。蓋は一枚のみ。松葉と菜種のみを使った変り塗で、「総角」という模様です。木地は薄く狂いはありません。共箱はかなり草臥れていますが、重箱自体は大切にされていたようで状態はかなり良好です。
古いものはただ地味なだけではなく、深い味わいのある模様が多いです。

Default