しらぎく(30グラム包)

0

オリジナルの「しらぎく」は、占領下の沖縄で「琉球煙草株式会社」の製品として1952年10月に発売された。

当時の沖縄は、タバコ消費量の60%を刻み銘柄が占め、紙巻タバコ普及率はそれほど高くはなかった。結果、琉球煙草は刻み生産に重点を置いたため「アメリカ占領地」という新しい市場を狙ってきた外国資本による販売競争に巻き込まれずに済んだ。しかし次第にアメリカ統治による各種施策や、後発会社との競争などの圧力があり、新しい市場を求めざるを得なくなる。

一方で当時の日本専売公社は、「ハイライト」の爆発的売れ行きによる品不足と増産、そのための生産現場へのしわ寄せなど、労働問題が山積していた。そのことと刻み銘柄の退潮が、刻み専用工場を紙巻工場に転換する必要に迫らせるなど、恒常的な品不足状態にあった。

こうした沖縄と本土の状況がうまく噛み合った結果、原料引き渡しと製品買い付けを同時に行うことで代金を相殺し、実際の支払いは加工費用のみとする契約が締結された。期間は1962年から4年間、110万キロが供給されることになったが、それは日本専売公社による刻み煙草製造量の約2割に相当する。

この委託期間内に先行銘柄である「みのり」が廃止になり、「みのり」製造ラインで発生する余剰生産物を再利用した「富貴煙」が原料供給難から廃止となる。

1963年4月~ 
 ・60円で発売開始【画像1_3】
 ・価格は「ききょう」と同じで代替品扱いとされた。
 ・北陸・四国・関西地方では発売されなかった。

Default