敷島(20本入)-その1

0

『「敷島」の大和心を人問わば朝日に匂う山桜花』専売局発足時の、口付4銘柄の筆頭にあげられる。その名称は先にもあげた本居宣長(1730-1801)の和歌より採られ、デザインは和歌の浦の風景をモチーフにしたと言われている。意匠作成者は本多忠保(1853-1914)。
 
それまでの民営タバコ時代のパッケージデザインに見られた、四面を分割しそれぞれに枠どりをする方式を改めて、全面に絵模様が展開する仕様とした。このスタイルが後に受けつがれることになる。同時期に発売された他の口付銘柄が、角型の包装であったのに対し、「敷島」はより芯のある用紙で一貫して平型の包装を用いるなど一線を画していた。

発売当初は国産の高級タバコとして扱われていたが、戦費調達のための税収を見込んで発売された、後発の「国華」・「不二」の2銘柄に高級口付煙草の座を明け渡した時期もあった。しかし、専売以来の口付品種としての人気がそれを跳ね返し、大正中ごろには売上の首位を記録し、刻みタバコの退潮にも拍車をかけることになる。

◎「煙艸専売局」名にて1904年7月1日より金8銭で発売開始。

【画像1】1917年12月1日~ 12銭へ価格改正
【画像2】1925年11月7日~ 18銭へ価格改正
【画像3】1938年1月31日~ 22銭へ価格改正
【画像4】鞘紙(口紙の厚紙は除去)

・1941年11月~ 35銭へ価格改正時に、縦型打ち抜き包装を廃止し横平型に統一する

Default
  • Tyranosaurus rex

    shirotanino

    2020/7/11

    「敷島」の収蔵点数が、up可能な画像数を超えましたので、包装形態に合わせて分割しました。

    返信する