みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問
File

ゲーム・コミック・その他

ガンダムはアニメ史上稀にみる世界観の確立を成し得た作品。そのため、関連ゲーム、コミックのリリースは後を絶たない。 ここでは、そんなゲーム・コミック等に登場した通好みのモビルスーツを取り上げます。

  • Loading

    パーフェクトガンダム

  • Loading

    ガンキャノン量産型 ホワイトディンゴ隊仕様

  • Loading

    ジム ホワイトディンゴ隊仕様

  • Loading

    ジム・ストライカー

  • Loading

    グフ ヴィッシュ・ドナヒュー機

  • Loading

    ゲルググ ヴィッシュ・ドナヒュー機

  • Loading

    ジム・ブルーディスティニー1号機

  • Loading

    ジム・ブルーディスティニー1号機 EXAM発動

  • Loading

    ジム・ブルーディスティニー2号機

  • Loading

    ジム・ブルーディスティニー2号機 ニムバス機

  • Loading

    イフリート改

  • Loading

    ジム・ブルーディスティニー3号機

  • Loading

    ジム・ブルーディスティニー3号機 EXAM発動

  • Loading

    ジム改 ワグテイル

  • Loading

    サイサリス MLRS仕様

  • Loading

    ザクI スナイパータイプ

  • Loading

    ガンダムピクシー

  • Loading

    イフリート・ナハト

  • Loading

    デルタガンダムカイ

  • Loading

    ムーンガンダム

  • Loading

    ガンダムAN-01 トリスタン

  • Loading

    ザクIII改

  • Loading

    ZII トラヴィス・カークランドカラー

  • 1
    Loading

    パーフェクトガンダム

    マンガ「プラモ狂四郎」に登場。ガンダムに追加装甲、二連装ビームライフル、大型バックパック、大型キャノン砲を装備したモビルスーツ。パーフェクトジオングの対をなす機体である。
    商品はGFFの初期作品。パーツの着脱は可能で装甲をパージするとノーマルのガンダムになる。パーツのポロリが多く、可動範囲も狭い。後にフレームモデルとしてより完成度の高い商品が発売されている。

    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/12

    • 8
    • 0
  • 2
    Loading

    ガンキャノン量産型 ホワイトディンゴ隊仕様

    機動戦士ガンダム外伝ーコロニーの落ちた地で・・・に登場するモビルスーツ。ゲームでは中盤以降に選択可能。厚い装甲により、驚異的な耐久性を誇るが、重装備と重装甲に伴う極端な重量化の為、機動性は低い。
    キットはプレバンより発売。基本的な仕様は先行発売のガンキャノン量産型と変わらないが、メインカメラにクリアパーツを使用。部隊用のマーキングシールが付属する。

    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/15

    • 7
    • 0
  • 3
    Loading

    ジム ホワイトディンゴ隊仕様

    プレイヤー機・僚機として最初から選択可能。
    固定武装としてバルカン砲、ビームサーベル、ハンドグレネードを装備し、選択武装として100mmマシンガン、ロケットランチャー及び大型ないし小型シールドを携行する。
    キットはプレバンより発売。
    ノーマルのジムの成型色を変更。100㎜マシンガンと小型シールドが付属。

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/3/6

    • 8
    • 0
  • 4
    Loading

    ジム・ストライカー

    一年戦争末期にジム改をベースに、地球連邦軍が近接戦闘に特化した機体として開発したモビルスーツ。 敵機との接近時に着弾時の衝撃を外部へ拡散するよう内部炸薬を搭載した装甲、ウェラブル・アーマーが全身に施されている。
    キットはパワードジムをベースにウェラブルアーマー部分を中心に新規パーツを追加。専用の武器、ツイン・ビーム・スピアも付属。

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/3/3

    • 7
    • 0
  • 5
    Loading

    グフ ヴィッシュ・ドナヒュー機

    ジオン公国のオーストラリア駐屯軍、アリス・スプリング支隊のモビルスーツ部隊長、ヴィッシュ・ドナヒュー中尉の搭乗するグフ。自ら画才がありパーソナルマークは眼帯を付けたドクロと稲妻をモチーフにした。
    キットはプレバンから発売。初期のHGUCのグフにオリジナルのマーキングが付属している。
    ザクマシンガンが主武装。

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/11

    • 8
    • 0
  • 6
    Loading

    ゲルググ ヴィッシュ・ドナヒュー機

    ジオン公国軍、ヴィッシュ・ドナヒュー中尉の専用機。機動力を活かした電撃戦を得意とし、荒野の迅雷として知られた。
    キットはプレバンから発売。ゲルググの成型色を変更したもの。ドクロをあしらった専用のデカールが付属。

    • いいね!

      3がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/11

    • 7
    • 0
  • 7
    Loading

    ジム・ブルーディスティニー1号機

    陸戦型ガンダムをベースに地球連邦軍に亡命した元フラナガン機関の研究者クルスト・モーゼスが開発したニュータイプ殲滅システム「EXAM」システムを搭載した試作型モビルスーツ。パイロットはモルモット隊のユウ・カジマ。
    キットは機動戦士ガンダム外伝THE BLUE DESTINYに登場する1号機。HGUCで最初にキット化されたVer.1.0のモデル。脚部のダクト部はカラーシールで再現。

    • いいね!

      8がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/13

    • 8
    • 0
  • 8
    Loading

    ジム・ブルーディスティニー1号機 EXAM発動

    ガンダムエースのジム・ブルー・ディスティニーに登場する1号機。頭部の右側にシステムモニタリング用のアンテナユニットが追加されている。EXAM発動時のため、赤い発光に加え、バックパック、脚部クラスターが展開。
    キットはHGUCのVer.2.0。Ver.1.0に比べて淡いブルーの成型色となっている。可動範囲も向上している。

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/13

    • 8
    • 0
  • 9
    Loading

    ジム・ブルーディスティニー2号機

    陸戦型ガンダムをベースに開発されたため、頭部がガンダムタイプのものに変更されている。運用も宇宙空間を想定しているため、バックパック・脚部バーニアが換装されている。本機のEXAMシステムにはリミッターが設定されておらず、システム暴走の危険性が高い。
    キットは機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINYに登場する2号機のVer.1.0。胸部ダクト、腹部の黒、バックパックの白はカラーシールで再現。

    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/2/2

    • 8
    • 0
  • 10
    Loading

    ジム・ブルーディスティニー2号機 ニムバス機

    オーガスタ研究所から回された新型ガンダムタイプをベースに、ジオン系の技術を加えた汎用型モビルスーツに改良されている。ジオン軍のパイロット、ニムバス・シュターゼンによって奪取され、彼のパーソナルマーキングである赤に両肩を塗装されている。
    キットは漫画ザ・ブルーディスティニーに登場する2号機のVer2.0。肩パーツにより、ニムバス機と一般機の選択が可能。

    • いいね!

      7がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/2/2

    • 6
    • 0
  • 11
    Loading

    イフリート改

    ゲーム『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』に登場。クルスト・モーゼス博士が地球連邦への亡命前に開発した機体であり、「EXAMシステム」を搭載した実験機となる。
    操縦難度の高い機体だが、テストパイロットであるニムバス・シュターゼン大尉の手によって驚異的な性能を発揮した。
    キットはプレバンより発売。先行発売されたイフリートシュナイドに頭部、肩部、胸部、脚部パーツを追加。脚部の白いラインはカラーシールで再現。

    • いいね!

      5がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/2/21

    • 8
    • 0
  • 12
    Loading

    ジム・ブルーディスティニー3号機

    本来は1、2号機のパーツ取り用の予備機だったが、強奪された2号機の追撃任務を受け急遽実戦投入された。 稼動前に開発者であるクルスト博士が死亡したため、機体の色はほぼベース機である陸戦型ガンダム標準カラーのままになっている。
    キットは設定通りブルーディスティニー1号機と陸戦型ガンダムのパーツに3号機用のパーツを追加。

    • いいね!

      7がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/3/1

    • 7
    • 0
  • 13
    Loading

    ジム・ブルーディスティニー3号機 EXAM発動

    漫画「ザ・ブルー・ディスティニー」に登場。2号機と同じく新型をベースとした高機動型MSとして開発。塗装もパイロットに合わせて陸戦型ガンダムに近いカラーリングにした。
    キットは3号機特有の陸戦型シールドが新規造形で再現されているほか、同作品でジム・ドミナンスが使用する「二連ビーム・ライフル」が付属。

    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/3/16

    • 8
    • 0
  • 14
    Loading

    ジム改 ワグテイル

    雑誌企画『ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者』に登場するMS。
    カラバとアナハイムによる「ジムIII計画」のトライアウトで選に漏れた高機動型テストパーツ「ワグテイルユニット」をアナハイムから譲り受け、取り付けた機体。
    武装はジムII用のビームライフルをバレル延長しRX-78系の丸型センサーを取り付けた強化型ライフルを装備。肩部スラスターに干渉しないよう上半分を除去したシールドと、両肩とシールド裏に合計4本のビームサーベルを装備する。
    キットは電撃ホビーの付録。市販のジム改に取り付ける事により、ワグテイルを再現出来る。メインカメラのクリアパーツはそこまま使用可能。全体をセールカラーでスプレー後、部分塗装。

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/17

    • 8
    • 0
  • 15
    Loading

    サイサリス MLRS仕様

    「機動戦士ガンダム 戦場の絆」にて登場するガンダムGP02A (MLRS)、試作ガンダム2号機の改良型。多連装ロケットシステムとビームバズーカを搭載。アトミックバズーカ使用後の機体再利用案として考案されたビーム兵装機体。
    キットはビーム・バズーカと、6連装ロケットランチャーが新たに付属。バズーカはBPジョイントと付属し射撃形態を再現。ビーム・バズーカは砲塔とバズーカ本体部と2分割し、砲塔はシールド裏側に収納、本体は背中越しに保持を可能とする。

    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/27

    • 8
    • 0
  • 16
    Loading

    ザクI スナイパータイプ

    ザクIに大型のサブ・ジェネレーターを搭載して、長距離ビーム砲の運用を可能とした機体。狙撃任務用に頭部センサー類は高性能のものに換装されており、右膝には射撃姿勢を補佐するギアを内蔵する。
    キットは旧ザクに頭部、胸部、右膝、バックパック用に新規パーツを追加。スナイパーライフルは膝を付いて構えることが出来る。

    • いいね!

      9がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/2/19

    • 8
    • 0
  • 17
    Loading

    ガンダムピクシー

    アポジモーターの増設により、地上での瞬発力はRX-78-2 ガンダムを上回る。装甲は対実弾兵器用のものが採用され「ビーム・ステルス・コート」が塗布されている。
    キットはプレバンより発売。特徴的な頭部、胸部、肩部、腕部等外装はすべて新規造形。
    ビーム・ダガー、90mmサブ・マシンガン等の特徴的な武装が付属。

    • いいね!

      8がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/3/2

    • 8
    • 0
  • 18
    Loading

    イフリート・ナハト

    強力なジャミング機能を搭載したステルス特化機。夜間迷彩を兼ねた紫色のカラーリングが施され、熱探知対策のために排熱口やスラスターには開閉可能な可動蓋が設けられている。
    キットはプレバンより発売。新規にコールドブレード(ナハトブレード)と投擲用小型実体剣「コールドクナイ」が付属、左腕装甲内には3連装ガトリング砲も追加。

    • いいね!

      8がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/3/3

    • 8
    • 2
  • 19
    Loading

    デルタガンダムカイ

    デルタガンダムのデータやデルタプラスの運用データをベースにして造られた技術実証機であり、ウェイブライダー形態への変形が可能。
    非常に高い攻撃力を持たされており、新型のサイコミュシステム(ナイトロ)が搭載されている。
    デルタガンダムの成型色を変更。プロト・フィン・ファンネル、ロング・メガ・バスター、ハイメガキャノン搭載型シールドが追加。新規外装パーツも付属。差し替えでウェイブライダー形態に変形可能。

    • いいね!

      5がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/8

    • 8
    • 0
  • 20
    Loading

    ムーンガンダム

    ユッタ・カーシムの搭乗機。バルギルの胴体にG-ドアーズの頭部と8枚の遠隔操作兵器「サイコプレート」を移植した機体で、背部に三日月状に連結されたサイコプレートの形状から「ムーン(月)ガンダム」と命名される。
    キットはMSサザビーに通じる肩形状をはじめ、全身ディテールを再現。サイコプレートは分離、組み替え機構を搭載。ビーム・トマホーク、ビーム・ライフル、そして展開ギミックを再現したバタフライ・エッジが付属。各ビームパーツはクリアパーツで表現されている。

    • いいね!

      5がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/4/19

    • 8
    • 0
  • 21
    Loading

    ガンダムAN-01 トリスタン

    アクシズ捜索を命じられたメーメット隊指揮の特殊部隊マスティマを強襲したモビルスーツ。ガンダムNT1アレックスをベースにした機体と思われるが、入手経路や開発の経緯は不明。
    キットは設定通り、アレックスのベースにトリスタン用のパーツを追加。
    アレックスは比較的初期のHGUCため、可動範囲やパーツの合わせ目など最新キットとしては課題が多い。

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/11

    • 7
    • 0
  • 22
    Loading

    ザクIII改

    アクシズで開発されたザクⅢを改修した機体。重装甲かつ高機動のオプション装備を施された指揮官機は「赤」で塗装されている。アクシズ内部で、危機に陥ったダントンが搭乗することになる。
    キットはプレバンより発売。頭部、左肩部、スカートはマシュマー機から、それ以外はノーマルのザクIIIのパーツを流用。

    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/3/6

    • 7
    • 0
  • 23
    Loading

    ZII トラヴィス・カークランドカラー

    ゲームソフト『機動戦士ガンダム サイドストーリーズ』に収録されるエピソード「機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク」に登場するZII(ゼッツー) トラヴィス・カークランドカラー。機体性能は通常のZIIと差異なし。
    キットはプレバンより発売。複雑なパネルラインをもつ外装の特徴的なカラーリングを成形色とシールで再現。

    • いいね!

      8がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/6/8

    • 7
    • 0