仮面ライダー(旧1号)

0

『仮面ライダー』は、1971(昭和46)年から1973(昭和48)年までに全98話が放映された、石森章太郎原作、毎日放送・東映制作の特撮テレビドラマ作品、及び作中で主人公が変身するヒーローである。

【プロフィール】
バッタ型の改造人間であり、モチーフ通りの高い跳躍力を持つ。その正体は本郷猛がショッカーによって無理やり改造人間にされた姿である。ヒトならぬ存在になってしまった彼は自身の境遇に苦悩しつつも、相棒の一文字隼人/仮面ライダー2号、恩師・立花藤兵衛、戦友・滝和也らと共に、人類の自由と平和の守護者として闘い続ける。
戦闘では、徒手空拳での格闘戦を中心に闘う。その凄まじい脚力から繰り出される「ライダーキック」をはじめ、手刀や投げ技等の多彩な必殺技を持ち、後の「技の1号」としての片鱗を見せていた。また、時に敵の武器を奪って使う等、咄嗟の機転にも優れる。本郷が凄腕のバイクレーサーであることもあり、バイクの腕前もピカイチ。変身の際は強化後や2号とは異なり、ベルトのバックル部分にある「タイフーン」に風を受け、そのエネルギーを使って変身や姿の維持を行う。従って、無風状態では変身できないどころか、本郷猛の姿に戻ってしまう。これが旧1号最大の弱点である。『仮面ライダー』第40~52話では、カラーリングの変わった通称「桜島1号」が登場。全身が黒っぽくなり、両目は真っ赤になった。この姿も「旧1号」ではあるが、『仮面ライダー対ショッカー』(1972)では、新1号のように変身ポーズをとることで変身した。因みに「桜島」は第40、41話のロケ地に由来する。(怪人&等身大ヒーローwiki特撮大百科事典より)

魅力的なプライズ商品を次々と世に送り出すバンプレストが、「石森デザインワークスコレクション ソフビフィギュア インブリスター」というシリーズを展開していました。
第1弾は『仮面ライダーシリーズ』より、仮面ライダー1号、本郷猛、仮面ライダー2号、一文字隼人、仮面ライダー新1号、仮面ライダー新2号、仮面ライダー桜島1号、仮面ライダーBLACK、仮面ライダーV3、仮面ライダーストロンガー、ショッカー戦闘員、ショッカー戦闘員(赤)が登場。『サイボーグ009』よりは、サイボーグ009と003が登場。『秘密戦隊ゴレンジャー』より、アカレンジャー、アオレンジャー、キレンジャー、モモレンジャー、ミドレンジャー。『がんばれ!! ロボコン』より、ロボコンとロビン。『人造人間キカイダー』より、キカイダーとハカイダー以上、計23種類のキャラクターが登場と超豪華ラインナップです。
こちらは旧1号です。シルエット的に子供の頃よくノートに落書きした漫画版の仮面ライダーに似ている気がして好きです。

#ソフビ #バンプレスト #仮面ライダー

Default
  • File

    shin00001

    2017/11/8

    こうゆう、頭でっかちゆるゆる二頭身フィギュアとか大好き(笑)

    ほ・欲しい(笑)

    返信する