みんなのコレクションが集まるミュージアム

0

File
  • File
  • File
  • PLAY

鹿島アントラーズ2021-2022HOME レジェンド背番号#10

2021年10月1日でクラブ創設30周年記念となるため、記念のモデル。クラブカラーであるディープレッドをシャツ、ショーツ、ソックス全てに採用。品格とアグレッシブさを兼ね備え、10年ぶりのオールレッド仕様。
デザインは、鹿の角や刀が交わる瞬間を”X”で表現したフロントグラフィックを斬新に使い、Xが浮かび上がるように配置されたドットにより躍動感を演出し、鹿島灘からインスピレーションを得てオールレッドにアクセントを入れている。

クラブ創設30周年を迎える2021年シーズンは、これまで数多くのクラブレジェンドが背負ったアントラーズ伝統の背番号をオリジナルデザインにて加工したレプリカユニフォーム(1ST、2ND)がある。

取扱いナンバーは2番、3番、4番、5番、6番、7番、8番、9番、10番、11番、12番、13番、18番、21番、40番で、1993年Jリーグ開幕当初の背番号をイメージしたオリジナル書体。
1STモデルはゴールド、2NDモデルはアントラーズレッドのカラーとし、背番号の中にはクラブエンブレムを配置。
クリエイティブディレクター源馬大輔氏が率いるデザインチームとのコラボレーションで制作した30周年ロゴも。