みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

沢田研二さん直筆サイン

沢田研二さんの直筆サインです。御本人から直接頂ければとても嬉しいのですがそれは困難ですし、また、各曲が歌われた当時のサインも手に入れたいと思い、メルカリ等でお譲りいただいています。入手の際には、基本的には具体的なサイン時エピソードをお持ちの方からの品又はレコード会社色紙等の非売品にサインされた品を選定していますが、いずれに該当しなくても筆跡等から御本人直筆と判断できるものも含めています。

  • Loading

    【1967年頃】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1970年7月】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1970年頃】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1971年頃】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1972年頃】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1973年1月】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1973年4月】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1974年3月】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1975年1月】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1975年8月頃】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1976年2月】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1977年5月】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1978年1月】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1979年4月】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1980年9月】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1981年7月】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1982年6月】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1982年8月】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1982年11月】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1982年12月頃】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1983年4月(その1)】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1983年4月(その2)】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1984年6月】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1985年1月】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1986年10月】沢田研二さん直筆サイン

  • Loading

    【1992年3月】沢田研二さん直筆サイン

  • 1
    Loading

    【1967年頃】沢田研二さん直筆サイン

    「シーサイド・バウンド(1967年5月5日)」「モナリザの微笑(1967年8月20日)」の頃のサインとなります。

    サインは「Sawada」と「けんじ」の文字の崩し字となっているようです。時期については①「S」の文字が鋭角に書かれていること、②「awada」の字が比較的大きいことから、タイガース初期の1967年頃と推定されます。

    こちらは①筆跡、②「ポリドールレコード」の色紙(本物)に書かれていることから、御本人直筆と認定しています。

    なお、こちらは倉庫からレコードと一緒に出てきたお品とのことです。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 2
    • 0
  • 2
    Loading

    【1970年7月】沢田研二さん直筆サイン

    従来のサインがデフォルメされたスタイルのサインとなっています。色紙裏面に「1970年7月27日」「タイガース」と鉛筆でメモ書きされており、また、筆跡からも、1970年に書かれたものと推定されます。また、色紙左上のサインが沢田研二さんのサインですが、その下の「THE TIGERS」も沢田研二さんの直筆と思われます(「E」の字が、例えば1975年以降に書かかれるようになった「KENJI」の「E」の字とよく似ていますし、また、横線の傾斜角度が上のサインのものとほぼ同じです。)。

    こちらは筆跡から、御本人直筆と認定しています。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 2
    • 0
  • 3
    Loading

    【1970年頃】沢田研二さん直筆サイン

    従来のサインが更にデフォルメされたスタイルのサインとなっています。写真の大きさは約9センチ×13センチで、筆跡から1970年頃に書かれたものと推定されます。

    こちらは①筆跡、②譲っていただいた方からの情報※から、御本人直筆と認定しています。

    ※「ファンクラブ又は渋谷の渡辺プロのショップ(当時)で購入したものと記憶」

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 1
    • 0
  • 4
    Loading

    【1971年頃】沢田研二さん直筆サイン

    「君をのせて」(1971年11月1日)の頃のサインとなります。

    タイガース時代のスタイルから様変わりして、「沢田研二」の文字の新たな崩し字になっているようです(このスタイルは1980年頃まで続きます。)。縦長の形であることから、1971年頃に書かれたものと推定されます。

    こちらは①筆跡、②「ポリドールレコード」の色紙(本物)に書かれていること、③譲っていただいた方の情報から推定される情報※から、御本人直筆と認定しています。

    ※「おそらくサイン会で頂いたもの」

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 1
    • 0
  • 5
    Loading

    【1972年頃】沢田研二さん直筆サイン

    「許されない愛」(1972年3月10日)、「あなただけでいい」(1972年6月25日)の頃のサインとなります。

    従来の縦長サインを若干上下に圧縮したスタイルとなり、「PYG」と「☆」が付記されています。

    大阪府(難波の新星堂又は梅田の大月楽器(当時))でのレコード購入時に入手されたものとのことです。筆跡及び「☆」の記述から、1972年頃に書かれたものと推定されます。

    こちらは①筆跡、②譲っていただいた方の上記の情報から情報から、御本人直筆と認定しています。

    • いいね!

    • 登録日:2021/5/9

    • 1
    • 0
  • 6
    Loading

    【1973年1月】沢田研二さん直筆サイン

    「ウィズアウト・ユー(1972年10月 日生劇場)」「あなたへの愛(1973年1月1日)」の頃のサインとなります。

    この頃から、日付けも書かれるようになりました。

    こちらは①筆跡、②サイン時に撮影されたとされる写真2枚添付、③譲っていただいた方の情報から推定される情報※から、御本人直筆と認定しています。

    ※「大阪府大阪市のABCホールの楽屋にて御本人から直接サイン入手」

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 3
    • 0
  • 7
    Loading

    【1973年4月】沢田研二さん直筆サイン

    「危険なふたり(1973年4月21日)」の頃のサインとなります。

    従来のサインを更に若干上下に圧縮したスタイルのサインとなっており、「PYG」が付記されています。

    こちらは①筆跡、②譲っていただいた方からの情報※から、御本人直筆と認定しています。

    ※「兵庫県姫路市の公演の楽屋にてリハーサル前にサイン入手」

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 2
    • 0
  • 8
    Loading

    【1974年3月】沢田研二さん直筆サイン

    「魅せられた夜(1973年11月21日)」「恋は邪魔もの(1974年3月21日)」「遠い旅(1974年3月21日)」の頃でしょうか。

    付記されている「J.」は、JULIEの略称かと思われます。

    こちらは①筆跡、②非売品の「MUSIC SHOP OTSUKI」(かつての「大月楽器」と思われます。)の色紙に書かれていること、③譲っていただいた方からの情報※から、御本人直筆と認定していまます。

    ※「コンサート会場にてレコード購入時の抽選での当選品」

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 2
    • 0
  • 9
    Loading

    【1975年1月】沢田研二さん直筆サイン

    「白い部屋」(1975年3月1日)の頃のサインとなります。

    従来のサインに「KENJI」の崩し字が付記されるようになりました。1975年のサインは、なぜか年月日の記載のあるものが見受けられません。なお、色紙裏面に「1975年1月10日」と鉛筆でメモ書きされています。

    こちらは筆跡から、御本人直筆と認定しています。

    • いいね!

    • 登録日:2021/5/9

    • 1
    • 0
  • 10
    Loading

    【1975年8月頃】沢田研二さん直筆サイン

    「時の過ぎゆくままに」(1975年8月21日)の頃のサインとなります。

    サインされているミニポスターの内容や1975年8月5日山形県民会館のコンサート半券が添付されていることから、1975年8月頃に書かれたものと推定されます。

    こちらは筆跡から、御本人直筆と認定しています。

    • いいね!

      4がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 3
    • 0
  • 11
    Loading

    【1976年2月】沢田研二さん直筆サイン

    「立ちどまるなふりむくな(1976年1月21日)」の頃のサインとなります。

    この頃から、日付けの西暦にはこのように「(1)9」が付記されるようになりました。

    こちらは①筆跡、②譲っていただいた方からの情報※から、御本人直筆と認定しています。

    ※「ザ・ピーナッツの付き人をされていた方の御関係者の御厚意で、その付き人の方を通じて入手」

    • いいね!

    • 登録日:2021/5/9

    • 1
    • 0
  • 12
    Loading

    【1977年5月】沢田研二さん直筆サイン

    「さよならをいう気もない」(1977年2月1日)、「勝手にしやがれ」(1977年5月21日)、「メモリーズ」(1977年7月30日)の頃のサインとなります。

    こちらは筆跡から、御本人直筆と認定しています。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 1
    • 0
  • 13
    Loading

    【1978年1月】沢田研二さん直筆サイン

    「サムライ」(1978年1月21日)、「ダーリング」(1978年5月21日)の頃のサインとなります。

    こちらは①筆跡、②譲っていただいた方からの情報※から、御本人直筆と認定しています。

    ちなみに、こちらは42年間、ラップで大事に包まれていたお品でした。黄ばんだラップはもろくも剥がれ、中から長い時を経て綺麗な色紙が出てきました。

    ※「大阪パルコのオープンスペースでラジオの公開収録があり、挙手制の質問コーナーで選ばれた際に入手」

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 1
    • 0
  • 14
    Loading

    【1979年4月】沢田研二さん直筆サイン

    「カサブランカ・ダンディ」(1979年2月1日)、「OH!ギャル」(1979年5月31日) の頃のサインとなります。

    こちらは①筆跡、譲っていただいた方からの情報※から、御本人直筆と認定しています。

    ※「奈良県奈良市の会館に御本人が来られた際に仕事の関係にてサイン入手。その場にいらした皆さん一人ずつ頂いた。」

    • いいね!

      5がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 1
    • 0
  • 15
    Loading

    【1980年9月】沢田研二さん直筆サイン

    「恋のバッド・チューニング」(1980年4月21日)、「酒場でDABADA」(1980年9月21日)、「おまえがパラダイス」(1980年12月23日)の頃のサインとなります。

    こちらは筆跡から、御本人直筆と認定しています。

    • いいね!

    • 登録日:2021/5/9

    • 1
    • 0
  • 16
    Loading

    【1981年7月】沢田研二さん直筆サイン

    「渚のラブレター」(1981年5月1日)、「ス・ト・リ・ッ・パ・ー」(1981年9月21日)の頃のサインとなります。

    従来のスタイルから様変わりしました。

    こちらは①筆跡、②「アポロンミュージックテープ(アポロン音楽工業)」の色紙に書かれていることから、御本人直筆と認定しています。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 1
    • 0
  • 17
    Loading

    【1982年6月】沢田研二さん直筆サイン

    「麗人」(1982年1月10日)、「おまえにチェックイン」(1982年5月1日)の頃のサインとなります。

    こちらは筆跡から、御本人直筆と認定しています。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 1
    • 0
  • 18
    Loading

    【1982年8月】沢田研二さん直筆サイン

    「おまえにチェックイン」(1982年5月1日)、「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」(1982年9月10日)の頃のサインとなります。

    1981年以降の色紙のサインで右上部分を空白としているのは、こちらのように写真を貼付できるようにするための沢田研二さんの御配慮であったのでしょうか。

    こちらは①筆跡、②譲っていただいた方からの情報※から、御本人直筆と認定しています。

    ※「大分県大分市の大分文化会館にてテレビ関係者がサイン入手」

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 2
    • 0
  • 19
    Loading

    【1982年11月】沢田研二さん直筆サイン

    「おまえにチェックイン」(1982年5月1日)、「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」(1982年9月10日)の頃のサインとなります。

    渡辺プロダクションのタレントグッズなどを販売していた福岡県福岡市のお店からの入手品とのことです。

    こちらは筆跡から、御本人直筆と認定しています。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 1
    • 0
  • 20
    Loading

    【1982年12月頃】沢田研二さん直筆サイン

    「おまえにチェックイン」(1982年5月1日)、「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」(1982年9月10日)の頃のサインとなります。

    1982年12月公開の映画「男はつらいよ」の試写会が札幌の市民会館で行われた際、オークションにて入手したものとのことです。上記の映画には沢田研二さんも出演され、試写会では山田洋次監督のトークショーもあったそうです。

    和紙を使用した特別仕様の色紙入れ付きで、オークションの出品物だからでしょうか、日付けは書かれていない一方、写真が貼付されている上に比較的丁寧に、また、若干大きめにサインされています。

    こちらは①筆跡、②譲っていただいた方からの上記の情報から、御本人直筆と認定しています。

    • いいね!

      2がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 1
    • 0
  • 21
    Loading

    【1983年4月(その1)】沢田研二さん直筆サイン

    「背中まで45分」(1983年1月1日)、「銀河旅行」(1983年3月1日)、「晴れのちBLUE BOY」(1983年5月10日)の頃のサインとなります。

    従来左寄りだった縦書きのお名前が中央に移りました。また、この頃から「沢」の字の左払いが大きくなっています。

    こちらは①筆跡、②譲っていただいた方からの情報※から、御本人直筆と認定しています。

    ※「京都府京都市のお店でサイン入手」

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 1
    • 0
  • 22
    Loading

    【1983年4月(その2)】沢田研二さん直筆サイン

    「背中まで45分」(1983年1月1日)、「銀河旅行」(1983年3月1日)、「晴れのちBLUE BOY」(1983年5月10日)の頃のサインとなります。

    こちらは①筆跡、②譲っていただいた方からの情報※から、御本人直筆と認定しています。

    ※「京都府京都市のお店でサイン入手」

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 1
    • 0
  • 23
    Loading

    【1984年6月】沢田研二さん直筆サイン

    「AMAPOLA 」(1984年9月25日)の頃のサインとなります。

    この頃から、「沢」の字の「尺」が若干簡略化されています。

    こちらは①筆跡、②譲っていただいた方からの情報※から、御本人直筆と認定しています。

    ※「映画会社の撮影スタッフをしていた関係で御本人からサイン入手」

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 1
    • 0
  • 24
    Loading

    【1985年1月】沢田研二さん直筆サイン

    「灰とダイヤモンド」(1985年8月8日)の頃のサインとなります。

    従来付記されていた「Exotics」がなくなるとともに文字サイズが大きくなっています。

    家の解体の際に見つけられたお品とのことです。

    こちらは筆跡から、御本人直筆と認定しています。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 1
    • 0
  • 25
    Loading

    【1986年10月】沢田研二さん直筆サイン

    「女神」(1986年10月22日)の頃のサインとなります。

    「沢」の字が若干変わるとともに少し横に大きくなりました。

    放送局関係の方経由で入手されたお品とのことです。

    こちらは筆跡から、御本人直筆と認定しています。

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 1
    • 0
  • 26
    Loading

    【1992年3月】沢田研二さん直筆サイン

    「SPLEEN 六月の風にゆれて」(1991年5月17日)、「そのキスが欲しい」(1993年5月20日)の頃のサインとなります。

    サインは、従来より文字の横幅が伸びて全体的に大きくなっています。また、「尺」の字のスタイルが若干変更され、右払いも大きくなりました。

    こちらは①筆跡、②譲っていただいた方からの情報※から、御本人直筆と認定しています。

    ※「知り合いの方が東京グローブ座にて直接御本人からサイン入手」

    • いいね!

      1がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/5/9

    • 1
    • 0