みんなのコレクションが集まるミュージアム

Img01213

ジオンの脅威

1/144サイズのジオン系モビルスーツ達。

  • File

    MW-01 モビルワーカー01式 後期型

  • Img01518

    MS- 05A ザクⅠ

  • Img01519

    MS- 05B ザクⅠ 後期型

  • Img01512

    MS-06RP 試製高機動型ザクⅡ(RP型)

  • Img01515

    MS- 06R1A 高機動型ザクⅡ(R-1型)

  • Img01526

    MS- 06R1 ガイア 高機動型ザクⅡ(R-1A型)

  • Img01527

    MS-06R1 オルテガ

  • Img01516

    MS- 06R-2P 試制高機動型ザクⅡ(R-2P型)

  • Img01514 1

    MS-06FZ

  • Img01528

    YMS-07B

  • File

    MS-08TX/S イフリート-シュナイド

  • Img01668

    YMS-08B 宇宙用

  • File

    RMS-108 マラサイ(UCver.)

  • File

    AMX-003 ガザC

  • 1
    File

    MW-01 モビルワーカー01式 後期型

    【機体解説】
    サイド3ダークコロニー内で後のモビルスーツとなる新たなる兵器の開発が行われた。
    本機は初期型から操縦席やアーム形状などを強化した改修機で、2機製造された。
    パイロットは後の黒い三連星の一員であるマッシュ軍曹(当時)。

    【作成】
    ワーカーと言う事で、いつも貼りまくるコーションマーク系シールは極力使わず。
    逆に黄黒は塗り分け面倒そうなので全部付属シールを使用。
    この虎シールを馴染ませるのと、工作機械という設定を生かすのを目的に、
    久々のドライブラシで処理。素組みののっぺり感は無事消えた(?)

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/10/26

    • 8
    • 0
    • 0
  • 2
    Img01518

    MS- 05A ザクⅠ

    【機体解説】
    0074年02月にロールアウトされた最初期の機体。
    27機が生産され、教導機動大隊が編成されている。
    機体色の一部が後期型と異なる。

    【作成】
    体の半分は実は06。。A型とB型の差を出したくて、
    キットの発売順 06⇒05 で進化してるので、
    05Aを06改造、05Bをキットのままにしてみた。
    一応、膝にシリンダーモールド仕込んでチラピカしてます(自己満)

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/8

    • 5
    • 0
    • 0
  • 3
    Img01519

    MS- 05B ザクⅠ 後期型

    【機体解説】
    A型の実働データをもとに、コクピットや装甲材質を改善している。
    ザクⅡの量産開始までに793機が生産されている。
    教導機動大隊第2中隊D小隊(後の黒い三連星)はこのB型仕様であったとされる。

    【作成】
    A型と同時進行で作った、どノーマルの旧ザク。
    A型同様に膝にシリンダーを仕込んでます。
    300円のキット2個買うことが困難だった子供のころ、
    いつかA型とB型一緒に並べたい!と思ってた。
    数十年を経て実現♪

    • いいね!

      13がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/8

    • 6
    • 0
    • 0
  • 4
    Loading

    MS-06RP 試製高機動型ザクⅡ(RP型)

    【機体解説】
    ザクⅡの性能向上のため、F型の後期量産型の2機が使用される。
    グラナダ基地で開発が進められ、エリオット・レム少佐が1号機に搭乗し、
    2週間ほどのテストののち量産化された。
    2号機にはシン・マツナガ大尉が搭乗し、黒い三連星と模擬戦を行っている。
    (諸説あり)

    【作成】
    ずっと並べたかったRシリーズ♪
    こればっかりは今後も発売される望みは薄いかな。。。
    黒い3連星機を使って改造。
    アンテナ・胸のディテール・ふんどしセンサー(?)等、
    形が違う設定個所を極力拾って作ってみた。

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/9

    • 7
    • 0
    • 0
  • 5
    Loading

    MS- 06R1A 高機動型ザクⅡ(R-1型)

    【機体解説】
    R型として最初の量産タイプ。RP型から生産性向上の為の構造整理が行われている。
    しかし、R-1型の生産ラインは少なく、22機の生産に留まっている。

    【制作】
    このサイズでの販売。待ってました♪
    白狼機を量産カラーで塗装。素性が良いので無改造。

    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/9

    • 4
    • 0
    • 0
  • 6
    Loading

    MS- 06R1 ガイア 高機動型ザクⅡ(R-1A型)

    【機体解説】
    R-1型の推進剤消費量の問題を解決する為、カートリッジ化され、
    作戦行動時間が延長された他、本機より脱出コクピットシステムが採用され、
    専用のノーマルスーツの着用義務化と相まって生存性が高まった。

    生産コストの高騰により大量生産には至らず、
    R-1型からの改修機10機、仕様変更機11機、新規生産56機に留まっている。

    【作成】
    オリジン版。人気機体だからいろんなバージョンが発売されますね。
    もしそれぞれ3体買ってたら、06Rだらけになりそう(笑)

    無改造だけど、リアルタイムMSV派としては、
    どうしても白をグレーにしたくなる。

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/8

    • 1
    • 0
    • 0
  • 7
    Loading

    MS-06R1 オルテガ

    【機体解説】
    R-1型の推進剤消費量の問題を解決する為、カートリッジ化され、
    作戦行動時間が延長された他、本機より脱出コクピットシステムが採用され、
    専用のノーマルスーツの着用義務化と相まって生存性が高まった。

    生産コストの高騰により大量生産には至らず、
    R-1型からの改修機10機、仕様変更機11機、新規生産56機に留まっている。

    【作成】
    まさか別枠で発売されるとわ。。。
    オルテガらしい超大型ヒートホークが目を引きます。

    久々のドライブラシ。06Rにはやっぱり似合うなぁ♪

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/8

    • 1
    • 0
    • 0
  • 8
    Loading

    MS- 06R-2P 試制高機動型ザクⅡ(R-2P型)

    【機体解説】
    次期主力機のコンペ用に作られた機体。R-1A型にMS-11(後のゲルググ)用の
    新型ジェネレーターを搭載した機体。
    エリオット・レム中佐によってテストされたが、ビーム使用時の冷却効率に問題があり、
    搭載を断念する。

    【作成】
    RP揃った♪
    ジョニザク使って設定部分を改造。
    主に胸の容積が1.4倍になったところをモリモリ。
    色はオレンジ説もあるけど、グリーンを採用。
    ビームライフルもマラサイ系ではなく、超銃身系ライフルにしてみた。
    MSV終盤は後付け設定率が上がってて、選び放題ですね。

    • いいね!

      14がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/9

    • 5
    • 0
    • 0
    • いいね!

      9がいいね!と言っています。

    • 登録日:2016/3/9

    • 1
    • 0
    • 4
    • いいね!

      12がいいね!と言っています。

    • 登録日:2016/3/13

    • 1
    • 0
    • 0
  • 11
    Loading

    MS-08TX/S イフリート-シュナイド

    【機体情報】
    1年戦争時に8機製造されたうちの1機。
    初代パイロット、マルコシアス中隊のダグ・シュナイド大尉より、
    その名前とカラーが付けられている。
    戦後、元連邦軍人フレッド・リーバー軍曹の手に渡り、数度の改修ののち、
    UC0096年トリントン基地襲撃作戦に参加している。

    【作成】
    待ってました。イフリート♪Re:で発売されて、今か今かと待ちわびてました。
    全身尖がったデザインが、このサイズだと安全基準でまんまるなので、
    全身薄々攻撃は必須ですね。
    ヒートダートがクリアパーツで入っているのに、
    モノアイとバズーカはシール対応なので、どちらもクリア化。
    モノアイはもっと反射しやすいパーツにすればよかった。。。

    • いいね!

      11がいいね!と言っています。

    • 登録日:2017/10/14

    • 8
    • 2
    • 0
  • 12
    Loading

    YMS-08B 宇宙用

    MSDドム試作実験機。
    アイナザク合わせの色ではなく、設定が出た当初のグレーカラーで作製。
    ラインデカールをちゃんと貼るのに大苦戦(汗) #ガンプラ #ドム #HGUC #ジオン

    • いいね!

      6がいいね!と言っています。

    • 登録日:2016/6/11

    • 1
    • 0
    • 4
  • 13
    Loading

    RMS-108 マラサイ(UCver.)

    【機体解説】
    グリプス戦役時にAEで開発された機体。
    ハマーンの地球降下時に迎賓館の防衛にあたる姿や、最終決戦時にはハマーン軍、グレミー軍ともに使用してる姿が目撃されており、この段階で鹵獲されている事が伺える。
    0096年のトリントン襲撃時にはグリーンに塗装された機体が参戦している。

    【作成】
    今ではかなり古い部類にはいるキットなので、
    可動についてはもう一歩ですが、
    スタイルは抜群‼超かっこいい🎵

    スケール感をアップさせるため薄々攻撃。せっかくのザクカラーなので、
    ジオン魂を込めたい‼
    ということで、デカールを往年のザクっぽく、ラインデカールや階級章をセレクト。
    画面上、2機が出撃していたようなので、
    機体番号を02に。満足🎵

    • いいね!

      8がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/3/29

    • 8
    • 2
    • 0
  • 14
    Loading

    AMX-003 ガザC

    【機体解説】
    アクシズが工作機械を兵器に転用した機体。
    生産性の高さから、大量配備を実現した。
    しかし、運動性、機動性は低く、
    当時のパイロットの練度も不足していたため、
    運用は移動砲台レベルだった。

    【作成】
    映画化の恩恵で発売されたキット。
    まさか、ハマーン様まで乗るなんて。

    MS形態は良好ながら、MA形態は
    こんなだったっけ?とちょっと思いましたが、そこはそれ。
    非常に作りやすく、色分けも当時としては合格水準で、シレッと電飾組み込めたり、
    この手のマイナーキットを買いたがる
    私のような層の人間には、嬉しい仕様🎵

    • いいね!

      7がいいね!と言っています。

    • 登録日:2018/5/25

    • 7
    • 0
    • 0