ゴールデンバット(10本入)―その1

0

日本の紙巻たばこは、専売制度の開始以前から輸出品の製造を行うなど極めて先進的であった。専売制度開始後はその販路を十分に活かせず、また海外の有力会社進出による売り上げ低迷、商標の抵触などもあって、市場撤退を余儀なくされる銘柄も多く存在した。

このゴールデンバットもそうした銘柄の一つで、「ほまれ」同様、当初は清国向け輸出銘柄の一つであった。コウモリが選ばれた理由は、コウモリの漢字表記「蝙蝠」にある。この「蝙蝠」(biānfú)の音よみが、「福が偏り来る」を意味する「偏福」(piānfú)に似ており、コウモリの図案は目出たいものとして古くから喜ばれていたことによる。上海ブリティッシュ・シガレット・カンパニー製品に抵触するということで、国内販売銘柄に転換された。

発売当初から永らくは、ただ安いタバコの地位に甘んじていた。しかしながら、昭和恐慌時に多くの銘柄が整理されたことと、その価格の安さが人気を呼んで、1930年には売上ベスト1を記録するトップ銘柄に躍り出る。発売期間の長いこと、また著名な愛好者が多かったことで「バット党」という言葉も生まれ、その他多くの逸話に事欠かない銘柄である。

・1906年9月1日~ 4銭で発売開始

【画像1】1907年12月28日~ 5銭へ価格改正
【画像2】1917年12月1日~  6銭へ価格改正
【画像3】1919年8月6日~  7銭へ価格改正

・1922年10月1日 6銭へ価格改正
☆物価政策の一環で値下げ。
☆外箱の形態変更により、証票の位置変更。

【画像4】1925年11月7日~  7銭へ価格改正
☆「賣」字、書写体

【画像5】1932年ごろ    字体修正
☆「賣」字、活字体

【画像6】1936年11月11日~  8銭へ価格改正

・1938年9月~ 意匠改正
☆真鍮粉節約の目的で金色部分が褐色に変更される。

【画像7】1930年代初期まで使用された内小箱。専売創始当時の姿を伝える

【画像8】続いて使用された内小箱。英文表記だがのちに和文表記に変更される。

Default