みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

コレクターと境界線

公開日:2018/3/18

朝ポストした記事を誤って削除・・・。


あらためまして、こんにちは(笑)。


今日のテーマは「コレクターと境界線」。


あまたあるコレクションの中から、何をどこまでアップするか。


これはコレクターを悩ませるテーマのひとつです。


いやいや。コレクター人生の集大成として余すところなくアップするんだ!


正解です。健全だと思います。


PV数を稼ぎたいから、キャッチなアイテムをどんどん仕入れて毎日アップしたい!


正解です。お金と時間は大変ですが。


館長である以上、厳選した逸品だけをご覧いただきたい。


正解。そして、これが最も頭を悩ませるアプローチでしょう。


たとえば私の場合、「W杯得点王」という展示室を増設すれば、マリオ・ケンペスの並べどころに悩むことがなくなります。



ところが、増設する事で別の悩みも生まれます。瞬間最大風速で得点王になってしまったプレイヤー達をゲルト・ミュラーやロナウドと並べても良いのか。


それを言うなら「レジェンド」という展示室にペレやマラドーナを並べたままで良いのか。「神殿」という展示室こそ新設すべきではないか。そんな別の悩みも生まれるかもしれません。


高名なサッカー評論家、ジャック・ティベールも著書の中で線引きの難しさを語っています。


常設品は館長のこだわりやセンスが色濃くあらわれるので、苦しみながら楽しみましょう。


次回のテーマは「コレクターと鑑定力」です。


本日もおつきあい頂きありがとうございました。


memorabiriaz

  • File
    2018/3/18

    imoto

    とても面白い考察で、ウンウンと頷きながら読ませてもらいました。

    >> 常設品は館長のこだわりやセンスが色濃くあらわれるので、苦しみながら楽しみましょう。
    これ、とても納得します。
    世界中にある博物館に足を運んで楽しいのは、展示物は当然ですが、その館長のキューレーターとしての感性・センスが面白いのだと思います。同じ100点のコレクションがあっても、見せ方は100通り以上!
    これからも、memorabiriazさんのこだわり、センスを楽しみにしていますね!

    返信する
    • File
      2018/3/19

      memorabiriaz

      imoto様>いつもありがとうございます。手軽に多くのキュレーターに触れられるmuuseoを毎日楽しんでいます。

      返信する
File

memorabiriaz

https://mobile.twitter.com/memorabiriaz 2003年からフットボール・レジェンドのオートグラフ収集を開始。「直線」「曲線」「点」が織りなすデザインの美しさと、同一人物でもふたつと同じ筆致を生み出せない単一性に強い関心を持つ。バロンドール受賞者やワールドカップ出場選手を中心に「オートグラフ・タイポロジー」に取り組んでいる。

フォローする

89人がフォローしています

Museum screenshot user 3527 2c2e9f65 ac7b 449b a274 bea91fbcd62b
  • 入館者数

    20832人

  • コレクション・ルーム数

    8個

  • アイテム数

    97個

  • モノ日記

    38個

ミュージアムを訪れる

memorabiriazさんの最新モノ日記

最近のコメント