みんなのコレクションが集まるミュージアム

「棚板は何枚いるのか」問題

公開日:2020/10/27

前回のモノ日記に書いた「リアル「レトロ図版ミュージアム」計画」

https://muuseo.com/lab-4-retroimage.jp/diaries/28

ミューゼオ 大日本レトロ図版研Q所のモノ日記 | Muuseo(ミューゼオ)

https://muuseo.com/lab-4-retroimage.jp/diaries/28

大日本レトロ図版研Q所

で設けるマイクロライブラリ「レトロ図版博物館」の建物 ねこの隠れ処 店頭に、昨日「そのうち開館」告知のポスターが貼り出された。


本当は工事日程が決まってから出す考えだったらしいが、特注の可動棚式木製書架の製作絡みで何か手間取っているらしくて一向に見通しが立たないため、見切り発車したようだww

http://kuronecosiloneco.seesaa.net/article/478128493.html

「ねこのかくれが」雑記: 店頭告知ポスターを出しました

校正・DTP・リファレンスサーヴィスその他出版物まわりのお仕事諸々承り。明治〜昭和初期の自然科学系・デザイン系などのレトロ図版ライブラリ「大日本レトロ図版研Q所」無料閲覧サーヴィス受付窓口。東京はJR中央線阿佐ケ谷駅徒歩五分、ナンチャッテ古道具屋のなりをした実店舗併設。店主は三毛柄短尾の日本猫。

http://kuronecosiloneco.seesaa.net/article/478128493.html


それはさておき、その書架には棚板が何枚必要なのか? という話が出たとき、そういえば誰も図版研コレクションに何冊あるのか把握していないね、という間の抜けたやり取りになった。


なにしろ、ひと山いくらで格安で買い付けたはいいものの、出す場所がなくて未だに開梱していない箱とかもいくつもあったりする。

9月まるまるひと月かかって、段ボール箱に詰め込んで ねこの隠れ処 からレンタルボックスへ運んだ本の山。向かって左側は天井まで積んだヤツが前後ふた山。全部で100箱以上あるのではないかと。


ねこの隠れ処 の2階 ねこの寝床 の壁際に積んである山。8月まではこの部屋一面にこんな山々が連なっていて、猫も駆け回れないほどの狭さだった。左側の段ボール箱は本ではなくて、理科系の模型標本とか戦前あたりの子供用ままごとテーブルセットとか入っている。

山の反対側から見たところ。前後ふた山積んであって、ここだけでおそらく数百冊あるのではないかと思う。


帳場のある1階から2階への階段にもまだ山が残っている。ここにあるのは主に図鑑とかの大型本、重たいものが多いのでこれは1階に据え付ける書架に収める予定。


帳場も奥の方は、右も左もこんな風に山積み状態。


総数を把握していないのもさることながら、判型も厚さもばらばらだし、それにフツーの図書館みたいに日本十進分類法(NDC)によらないにしても、なんらかの分類はしないと使いづらくて仕方がないので、結局は書架がある程度出来上がったところで本を実際に整理しつつ挿してみて、そこで初めてどれくらいの枚数が要るのかわかるんじゃない? という結論に。


果たして持ち寄り資金だけで足りるのかどうか、工事が始まる前に早くも心配になってきた。


#レトロ図版

#図版研

#収納

#コレクション本

#マイクロライブラリ

#2020年

J5spj8qa

大日本レトロ図版研Q所

主に1860年代〜1940年代(明治〜昭和初期)に刊行された国内出版物のうち、自然科学、医学、薬学、地理学、女子教育、名所案内、商業デザイン、建築デザイン、器械カタログ、図鑑、辞典辞書類などで値の張らないものに載っているレトロ図版(木口木版、細密銅版、石版、写真など)をちまちま蒐集、でもただ蒐めるだけでは意味がないので、その魅力を世に知らしめ、かつ何らかの方法で活かしていけないものかあれこれ試行錯誤する公然のヒミツ結社。 なお名称の「Q」となっているところは、ホントは「あなかんむり+Q(つまり、「究」-「九」+「Q」)」と書く。略称「図版研〈ずはんけん〉」。

フォローする

46人がフォローしています

Museum screenshot user 3699 ad5f02aa 715a 463e 83e9 c5d5405318b3
  • 入館者数

    16951人

  • コレクション・ルーム数

    35個

  • アイテム数

    160個

  • モノ日記

    34個

ミュージアムを訪れる

大日本レトロ図版研Q所さんの最新モノ日記