みんなのコレクションが集まるミュージアム

0

サトちゃん

「サトちゃん」は、「佐藤製薬」のマスコットキャラクターです。

【プロフィール】
ゾウは長生きであり、健康で明るくて子供から大人まで幅広く愛されている動物であることから「象は健康と長生きのシンボル」であるととらえ、キャラクターがゾウに決定された。
1955年6月、佐藤製薬の印刷物にはじめてゾウのイラストが登場。 このイラストは、現行のサトちゃんのような極端にデフォルメされたものではなく、より本物に近い鼻の長いゾウであった。
1959年4月10日、当時の皇太子・明仁親王の御成婚を記念して、店頭ディスプレイ用の子象(チビゾウ)が誕生。キャラクターデザインは『ブーフーウー』の生みの親である劇作家の飯沢匡と童話画家の土方重巳の2人が手掛けた。
同年10月、応募総数4万6600通のなかから「サトちゃん」と命名され、新聞各紙やポスター・フジテレビなどで命名決定の発表が一斉に行われた。
1982年には佐藤協力会の30周年を記念して考えられた妹の「サトコちゃん」が登場。以後サトちゃんとともにマスコットキャラクターとなる。
その後も、ポーズ変更やリニューアルを重ね、店頭ディスプレイに加え、数多くのキャラクターグッズが存在している。(Wikipediaより)

誰でも薬局の前にデ~ンと置いてあるサトちゃんの店頭ディスプレイを見たことがあると思います。
親戚が薬局をしていた関係で、店頭に置かれているソフビ貯金箱を店じまいの際に譲り受ける事ができました。
このサトちゃんは松井秀喜がニューヨーク・ヤンキースに入団した頃に作られたものの様で、ヤンキースのユニフォーム姿です。
背番号は「310(サトー)」です。

#企業キャラクター #マスコットキャラクター #ソフビ貯金箱 #佐藤製薬 #サトちゃん

  • File
  • File
  • PLAY
File