みんなのコレクションが集まるミュージアム

0

File

Atom Heart Mother / Pink Floyd

ピンクフロイドの5作目のアルバム『原子心母』

1970年に発表されたスタジオ・アルバム。

展示にあたって調べていたら「箱根アフロディーテ」新発掘映像を追加した日本独自企画盤!未発表写真多数掲載のフォトブックなど封入特典も満載の記念版が8月4日に発売されるとの事!

  • File
    2021/7/24 - 編集済み

    kyusha_fan

    7月29日にニッポン放送でピンク・フロイドの特番があるそうです。私の地域では聴けないので誰かその内容をYouTubeとかに上げてもらえないかと願ってるところです。

    File

    返信する
    • File
      2021/7/24 - 編集済み

      Y.Sugiyama

      情報ありがとうございます。アナログ人間ゆえ、Blu-rayプレーヤー無し、だけど限定盤タワレコで予約しちゃいました。

      ネットのradikoならエリアフリー、タイムフリーで聴けそうですよ。

      返信する
    • File
      2021/7/24

      kyusha_fan

      私も予約を入れました。今回、箱根アフロディーテ50周年と同時に旧譜15タイトル(CD盤のみ)も紙ジャケで出るそうです。それぞれ箱根アフロディーテと分かる様な装丁になってるそうです。私はやはり原子心母」を引っさげて初来日、しかもそれを実際に演奏したのだから「原子心母」だけを加えて予約しました。コレクションだからと言いながらこれで「原子心母」は何枚になるんだろう。正直CDは要らないんだけど…(笑)

      返信する
    • File
      2021/7/26

      Y.Sugiyama

      音楽業界もデジタル化で媒体が売れないので必死なんでしょうね。

      音源発掘、リマスター、リミックス、、、定期的に再販されるキングクリムゾン、ビートルズ、、、

      アナログ世代でそこそこお金を持っている我々がターゲットになっているのでしょう。

      返信する
    • File
      2021/7/26

      kyusha_fan

      強力にロックオンされてますね。
      特に今回のは「箱根アフロディーテ50周年記念盤」の矢が胸に刺さりました。(笑)

      返信する
    • File
      2021/7/26

      kyusha_fan

      私もタワーレコードで予約してるのですが、いまいち分かりづらいところがあったのでタワーレコードに問い合わせしました。
      そうしましたら旧譜15タイトルのジャケットはこれまで通りで、特別箱根アフロディーテ用の帯をつけるなどの限定盤が8月4日に出るわけではなく、そのピンク・フロイド旧譜紙ジャケ15タイトルのうちどれかを買って頂けたら先着で箱根アフロディーテのステッカーがもらえるというキャンペーンらしいです。と言うことで私は旧譜紙ジャケCDのみの「原子心母」はキャンセルしました。
      また「原子心母・箱根アフロディーテ50周年記念盤CD+Blu-ray」を予約された方には全員に箱根アフロディーテのポストカードを付けてくれるそうです。

      返信する
    • File
      2021/7/26

      Y.Sugiyama

      Blu-rayの画像は18分(原子心母:15分+b -roll:3分)のようですね。
      初販帯付の紙ジャケ全タイトルも心惹かれますが、買うのであればレコードにしたいです。
      といってもレコードだと4,000円するので買えずじまい。中古レコードで掘り出し物を探すしかないです。

      返信する
    • File
      2021/7/27

      kyusha_fan

      Blu-rayの長さも調べ上げましたか。私はそこまで見つけられませんでした。当たり前ですがピンク・フロイドの演奏部分だけですね。もし有ればピンク・フロイド以外のアーチストも是非見てみたいものです。

      実は地元福岡に、な、な、なんとその当時の箱根アフロディーテへ実際に行ってピンク・フロイドの演奏を見てきた方がおられるのです。
      中古レコード、CDを売ってる60歳代の店長さんです。8年位前にその話を初めて聞かせて頂いたのですが、それから一度もそのお店には行ってませんでした。そこで今回の原子心母、箱根アフロディーテ50周年記念盤の事を知っておられるかなと思い先日久しぶりに行ってまいりました。そしてたっぷりその時の思い出を聞くことが出来ました。高校生の時友達3人と行ったらしいです。その店長はハードロック系が好きだったそうです。それでピンク・フロイド、1969年の作品「モア」に入ってる「ナイルの歌」を演奏してくれるかなと期待してたら結局やってくれなくて、まだ内容も知らなかった「原子心母」を永遠に演奏したものだから退屈だったなと言ってました。

      返信する
    • File
      2021/7/27

      Y.Sugiyama

      実際に観られた方が近くに居てお話を聞けるなんて素晴らしいですね。
      その時自分は小学3年のハナタレ坊主で(実際は鼻水はたらしていませんが)、
      8時だよ全員集合のゲストの歌くらいしか知らない時代ですから、、、
      そんな時代に原子心母とはぶっ飛んでますよね!

      返信する
    • File
      2021/7/28

      kyusha_fan

      私もその頃は小学生だったので、歌謡曲ばかり聴いててピンクフロイドの存在すら知りませんでした。
      あの時のあの場所にいたと聞いただけでヘェーとなりました。本当に驚きました。

      返信する