みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

月曜日から日曜日まで。曜日が印象に残る歌詞の曲いろいろ。

公開日:2019/1/24

お久しぶりです。あゆとみです。


https://muuseo.com/amdati72/items/119


JITTERIN'JINN 「にちようび」 | MUUSEO(ミューゼオ)

https://muuseo.com/amdati72/items/119

yodiyuki

最近気付いたのだが、私は歌詞中に曜日が登場する曲に惹かれる傾向があるようだ。


一週間の歌といえば、ロシア民謡ボニー・ジャックスが1963年にカバーして大ヒットさせたこの曲は外せないだろう。その名も一週間

日本語版は訳詞が簡略化されすぎているために本来の意味が伝わらないとの批判もあるが、メロディーもリズムも面白くて一度聴いたら耳から離れない。

https://www.youtube.com/watch?v=rA7pBhla_w8


調べたところこの曲が書かれたのは1890年頃。ロシア革命が起こる間際の時代を生きる一般市民の女性のことを歌った曲であるらしい。その女性の一週間のスケジュールを要約するとこうなる。


日曜日:市場で紡錘と麻糸を買う(当時、衣服を編むのが女性の一般的な仕事)

月曜日:蒸し風呂(バーニャというロシアのサウナ)を焚く

火曜日:蒸し風呂に入る

水曜日:恋人に会う

木曜日:戦地へ赴く恋人を見送る

金曜日:仕事休み

土曜日:戦死者を供養する


自分とは違う人生を送っている人たちの毎日をのぞき見できる面白さというのは、映画に通じるものがあって、これが歌詞に曜日が出てくる歌の魅力なのかなと思う。

冒頭に挙げたJITTERIN'JINNにちようびでも、国も時代も違うが、同じく一般女性のある一週間を描いた曲だ。

マンデーつまったスケジュール
イライラしているチューズデー
ウェンズデーのんびりしたいけど
まだまだ遠いわ 日曜日
(中略)
ダーリン ラムネを買ってきて
二人で飲みましょ散歩道 月が昇るまで
サーズデー 飛んで行きたいけれど
電話でごまかすフライデー
サタデーお日様沈んだら
明日は会えるね 日曜日


忙しい毎日で彼氏と会えるにちようびまでの忙しい毎日をいまか、いまかと過ごす女の子の心情がポップに描かれている。ギターが奏でるスカビートの気持ちよさとボーカルの春川玲子の少年のような声が絶妙にマッチして中毒性のある一曲に仕上がっている。マンデーからサタデーと英語読みをしているのに、サンデーだけは「日曜日」になっているのがその日が他の曜日と違って特別なんだと伝わってくる。


https://www.youtube.com/watch?v=ptkGrEuNMuM



さて、次にあげるThe CureFriday I'm In Loveも私の大好きな曲だ。

https://www.youtube.com/watch?v=mGgMZpGYiy8&start_radio=1&list=RDmGgMZpGYiy8


ロバート・スミスは摩訶不思議な魅力の持ち主だ。その声はなんというか、泣きながら歌っているような、切ない憂いのある声で、曲に陰影をつけ、深みを与える。彼の声をもってしたら、切なさのかけらもない曲、たとえば「カエルの合唱」とか「ドレミの歌」でさえもなにか切ないストーリー性のある曲に化けてしまうんじゃないかと思わせる。その声に加えて、かのティム・バートンにも影響を与えたとされる、白塗りのおばけメイクに真っ赤なリップスティック、クマさんのような体型でモタモタと踊りながら歌うその姿にはなんとも不思議な愛らしさがある。そして歌詞からは彼がちょっひねくれているけれど、生粋のロマンチストだと伺える。


I don't care if Monday's blue
Tuesday's gray and Wednesday too
Thursday I don't care about you
It's Friday I'm in love
月曜日がブルーだって別にいいし
火曜日はグレーで水曜日だっておんなじ
木曜日になると君なんてどうでもいいってなるけど
金曜日、僕は君に恋してる


恋人に会えるまでの時間を月曜日から水曜日までうまく消化したものの、木曜日になると一回やけをおこして「もうどうだっていい」とうそぶく感じが味がある。


さて、これまで見ていた曲が一週間に一度会える恋人についての歌だとしたら、次にあげるJudy And Mary手紙をかくよは、会えない大切な人への想いを歌った曲だ。

https://www.youtube.com/watch?v=KJXwv1lZKmc


雨上がりサンデイ
しましまの傘はいらないわ
飛び起きてマンデイ
服を着てもう出掛けなくちゃ
(中略)
あなたが教えてくれた
うれしい たのしい やさしい気分
遠い空で ああ 今
同じ気持ちでいるなら
大きな文字で手紙を書くよ
ありがとう
(中略)
走ってたウェンズデイ
笑ってたサーズデイ
立ち止まるフライデイ
そばにいる気がしたサタデイ

YUKIもまた、一度聴いたら忘れられない魅力的な声の持ち主だ。彼女のルックスにも共通するが、童女の純粋さと可愛さ、それでいてコケティッシュさをも兼ね備えた声で、アップビートの曲でボルテージが高まってくる時に出てくる即興のフェイクはハリケーンに飲み込まれるように聴く人を引きずり込んでいくパワーがある。

手紙を便箋ではなく「ノート」に書くということは、住所を知らないか実際には手紙を出せない相手だということ、「遠い空」というフレーズからは、その人はおそらく外国にいること、「時間を超えて」というのは国が違うことからくる時差のことなのか、もしくは生きている時代が違うのかもしれないと想像できる。恋人ではなくひょっとしたら彼女に音楽の素晴らしさを教えてくれた敬愛する外国人ミュージシャンという線もあるのかもしれない。ところどころに散りばめられた「しましまの傘」、「緑の森」、「フワフワのリス」、「若草色のノート」など、おしゃれなYUKIらしい視覚情報が取り入れられたフレーズがおもしろい。


次に一週間が歌詞に出てくる曲として骨休め的に紹介したいのがこちら、They Might Be GiantsSeven Days of the Week (I Never Go to Work)だ。もともと子供番組用に製作されたアルバムHere Comes the 123sからの一曲で、大ヒットが見込んでリリースされた訳ではなかったのに、2009年のグラミーアワードで「最優秀子供のためのアルバム賞」を受賞することになったという驚きの結果となった。ミュージック・ビデオが愉快だし、何より「仕事になんて行くもんか!」というシンプルだけど強いメッセージに笑ってしまう。加えて「仕事にはぜったい行かないけどトランペットは毎日練習するもんね〜」という流れがユニークだ。


https://www.youtube.com/watch?v=etw5vknZEPw



一週間のとある曜日だけをフィーチャーした曲になるとこれまた数多く存在して選ぶのが大変なくらいなのだが、その中で私が個人的に思い入れが強いのがこちらのアルバムに収録されている、MorrisseyEveryday is Like Sundayだ。


https://muuseo.com/strange1972/items/279


Morrissey/Viva Hate | MUUSEO(ミューゼオ)

https://muuseo.com/strange1972/items/279

strange

題名だけ読むと「日曜日みたいな毎日」と読めて、毎日が日曜日なら天国でしょ〜と思ってしまうが、歌詞は真逆だ。

Everyday is like Sunday
Everyday is silent and grey
毎日がまるで日曜日
毎日がシーンとしてて灰色

https://www.youtube.com/watch?v=nHBZFSYA12A


日本で育った私にとって日曜日はJITTERIN'JINNのそれとは種類が違うにしても、学校のない日というだけで特別で最高の日だった。今でも日曜日は大好きだ。だけど、日曜日をモリッシーのように感じる人もいるのだとこの曲をきいた当時はハッとさせられたものだ。

アメリカに住んでいた時、私の友達は両親がクリスチャンだったため、小さい頃から日曜日は家族で正装して教会にいく日だった。そういう家族が多かったためか、日曜日の午前中は街全体が静まり返っている感じがしたものだ。教会に行きたくなくて遊びたくてもしぶしぶ親に付き合わされて行く子供たちも大勢いただろう。子供達が成長し、思春期になり、反抗期がやってくると、行きたくないのに教会に行くのも、着たくない服を着るのも嫌だと言い始めて親とは違う自分を表現し始める。私の友達も教会に行くのときに着させられるようなファッションを「チャーチファッション」と皮肉り、嫌い、親に反抗して生まれつきの茶色い髪の色を黒く染め、モリッシーを浴びるように聴いていた。お年頃の斜に構えた若者にとって突き抜けて皮肉屋さんでウィットの塊のモリッシーはアイドルだったのだ。

モリッシーはこの曲で、とある田舎の海辺の街を「グレー」で退屈な日曜日にかけて皮肉っている。

日曜日は私にとって昔も今もこれからも大好きな日であり、グレーだなんてとんでもない。でも、この曲には日曜日と関係なく、人生に必ず訪れる悲しい時、辛くやるせない時、巨大な力を前にして無力を感じる時、目の前の状況を変えたくても八方塞がりな気がして変えられないと感じる時などのさまざまな記憶を呼び醒まして聴くひとを共感させてしまう力がある。


以上、曜日が歌詞に登場してくる曲で私が好きな曲をいくつか取り上げてみたが、まだまだ探せばいっぱいいい曲がありそうだ。

みなさんも曜日が歌詞に登場する曲で他にお好きな曲があれば教えてください。


#JITTERIN'JINN

#にちようび

#The_Cure

#Friday_I'm_in_love

#Judy_and_Mary

#手紙を書くよ

#They_might_be_giants

#Seven_days_of_the_week

#Morrissey

#Everyday_is_like_Sunday

File

ミューゼオ編集部

ミューゼオを運営している編集部の公式アカウントです。 編集部がPickupしたアイテムやコレクション、Webメディア「ミューゼオ・スクエア」の情報などを公開していきます。 ぜひ、フォローしてください!

フォローする

85人がフォローしています

File
  • 入館者数

    114743人

  • コレクション・ルーム数

    18個

  • アイテム数

    117個

  • モノ日記

    79個

ミュージアムを訪れる

ミューゼオ編集部さんの最新モノ日記

最近のコメント