みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

明治初期の洋装本教科書装幀

公開日:2018/4/21

日本の洋装本の歴史は浅く、明治になって洋紙の国内生産が始まってからようやく本格的なものが作られるようになったようだから、たかだか百五十年ほどという勘定になる。だから、日本語で書かれたアンティークの丸背上製本は欧米に較べると極めて数が少なく、普段はなかなかお目にかかれない。


ご参考までに当研Q所架蔵の、明治十〜二十年代の中高等教育用科学系教科書をいくつかご覧いただこう。


総革装のものが全くなかったわけでもないだろうが、上製本教科書は背だけが革装で、表紙の面は布装(↑↓右)か擬革紙《ぎかくし》装(↑↓左)というもの。

背革の縁取りの箔押しも含め、なかなかおしゃれな装幀だと思う。十九世紀の文部省総務局図書課は気合いが入っている。


  • 擬革紙というのは文字通り、皮革の風合いをまねた加工紙。紙に型紙を当ててローラーで圧を加え革シボ模様加工を施したもので、ざっくりいえばレザックみたいなものだが、製法は全く異なる。当研Q所架蔵資料目録ブログに解説してあるので、ご興味がおありの方は参照されたし>http://lab-4-retroimage-jp.seesaa.net/article/457485633.html

内田正雄『輿地誌略』自壹至七 明治09年(翻刻版)(その1): 大日本レトロ図版研Q所架蔵資料目録

内田正雄『輿地誌略』自壹至七 明治09年(翻刻版)(その1),大日本レトロ図版ヴァーチャル図書館(会員制無料オンライン閲覧サーヴィス)開設準備中☆https://www.facebook.com/Lab4RetroIllustJapan/

http://lab-4-retroimage-jp.seesaa.net/article/457485633.html



特に大型本の場合は背だけでなく、小口側の天地角を補強する三角形のコーネルも革張りになっているものがみられる(右、奥の方にちょこっと写っている色の濃い部分)。

ほかに総クロス装のもの(↑中↓左)や、背を布張りしタイトルなどを印刷した紙で厚手のボール紙をくるんだ、角背のいわゆるボール表紙のもの(↑左↓右)もあった。


この当時の教科書は文部省が編集発行する官製本だけでなく、東京大学などの教官が受け持ちの学生に使わせるべく自著を自費出版で出したものが少なからずあったが、その際に簡易(かつ恐らく安価)で実用的な強度のあるボール表紙装がしばしば採られたようだ。


↓ 下の例などは、元々ボール表紙本二冊組だったものを、旧蔵者が丸背上製本に仕立て直した合本なのではないかと思われる。

http://lab-4-retroimage-jp.seesaa.net/article/456605716.html

下山順一郎+丹波敬三『無機化學』明治11年(初版): 大日本レトロ図版研Q所架蔵資料目録

下山順一郎+丹波敬三『無機化學』明治11年(初版),大日本レトロ図版ヴァーチャル図書館(会員制無料オンライン閲覧サーヴィス)開設準備中☆https://www.facebook.com/Lab4RetroIllustJapan/

http://lab-4-retroimage-jp.seesaa.net/article/456605716.html

だから背に持ち主の名が箔捺しされているのだろう。

#参考

#比較

  • J5spj8qa
    2018/4/21

    大日本レトロ図版研Q所

    ご覧いただきありがとうございます☆
    今朝ちょこっと書き足しました。

    返信する
J5spj8qa

大日本レトロ図版研Q所

主に1860年代〜1940年代(明治〜昭和初期)に刊行された国内出版物のうち、自然科学、医学、薬学、地理学、女子教育、名所案内、商業デザイン、建築デザイン、器械カタログ、図鑑、辞典辞書類などで値の張らないものに載っているレトロ図版(木口木版、細密銅版、石版、写真など)をちまちま蒐集。ただ蒐めるだけでは意味がないのでその魅力を世に知らしめ、かつ何らかの方法で活かしていけないものかあれこれ試行錯誤中。取り敢えず無料閲覧サーヴィスを開始。ご案内☞http://lab-4-retroimage-jp.seesaa.net/article/463222789.html なお名称の「Q」となっているところは、正式には「あなかんむり+Q(つまり、「究」-「九」+「Q」)」と書く。略称「図版研」。

フォローする

28人がフォローしています

Museum screenshot user 3699 57c5a573 a167 478a a75b ec0644bd3298
  • 入館者数

    8848人

  • コレクション・ルーム数

    30個

  • アイテム数

    115個

  • モノ日記

    26個

ミュージアムを訪れる

大日本レトロ図版研Q所さんの最新モノ日記