みんなのコレクションが集まるミュージアム

レトロ図版の泥沼

公開日:2018/4/19

明治初期から昭和初期にかけての、自然科学系を中心とする図版を意識して蒐めるようになったのは、たしか2012年辺りだったかと思う。それ以前からそうした古本を買ってはいたが、目的は別のところにあった。

しかし特定分野の図版を数多く見ていくうちに、これは横断的に眺めていったら何か埋もれている面白い事実が浮かび上がってくるのでは、と気付いた。それが「レトロ図版の泥沼」に片足を突っ込むきっかけになったのは間違いのないところ。

蒐めている方がほとんどない分野は、先達がほとんどおられないだけにコレクションも試行錯誤の連続とならざるを得ない。一見似たり寄ったりに見えるものでも、入手の場数を踏み、中身を比較しながら読み込んでいくうちに、だんだんと「押さえておくべき資料」や「内容×稀少性から割り出される相場」などが判ってくるのだが、それ以前に安直に手放して後で臍を噛んだり、みすみす見逃して思い出すと床じゅうを転げ回りたくなったりした残念な想い出も多々ある。その一方で、思わぬ掘り出し物が易々と転げ込んできたり、長いこと「あったらいいなぁ」と希っていたものが思いもかけず眼の前に現われたり、というような、思い返しても気分がいささかハイになるようなたのしい記憶も幾つもある。

しかしそうした情緒的なことはさておいて、財布は軽くなる一方、部屋は狭くなる一方、というのが現実。「泥沼」に全身ずぶずぶと沈んで、あとは天を仰いだ顔を残すのみ、さていつまで息が続くものやら。


  • 蒐めはじめて間もないころに入手した明治期の天文書。同じ本でもヴァージョンによって図版や書いてある内容とか表現とかがかなり違うことに気づかせてくれた一冊(お蔭でこの本は版違いをたしか四冊だか五冊だか持っている)。



#思い出

#入手

#収納

  • File
    2018/4/19

    realminiature

    いろいろなモノを見られるのを楽しみにしております!!

    返信する
    • J5spj8qa
      2018/4/19

      大日本レトロ図版研Q所

      早々にご覧くださりありがとうございます☆
      ご期待に沿える内容になるとよいのですが。

      返信する
J5spj8qa

大日本レトロ図版研Q所

主に1860年代〜1940年代(明治〜昭和初期)に刊行された国内出版物のうち、自然科学、医学、薬学、地理学、女子教育、名所案内、商業デザイン、建築デザイン、器械カタログ、図鑑、辞典辞書類などで値の張らないものに載っているレトロ図版(木口木版、細密銅版、石版、写真など)をちまちま蒐集、でもただ蒐めるだけでは意味がないので、その魅力を世に知らしめ、かつ何らかの方法で活かしていけないものかあれこれ試行錯誤する公然のヒミツ結社。 なお名称の「Q」となっているところは、ホントは「あなかんむり+Q(つまり、「究」-「九」+「Q」)」と書く。略称「図版研〈ずはんけん〉」。

フォローする

44人がフォローしています

Museum screenshot user 3699 ad5f02aa 715a 463e 83e9 c5d5405318b3
  • 入館者数

    15485人

  • コレクション・ルーム数

    35個

  • アイテム数

    160個

  • モノ日記

    33個

ミュージアムを訪れる

大日本レトロ図版研Q所さんの最新モノ日記