みんなのコレクションが集まるミュージアム

0

File

椎名高志先生直筆原画 美神令子@『GS美神 極楽大作戦!!』

「まんだらけ」オークションにて落札…その筆致から真筆と確信して応札したものです。
為書きより、また、出品時の商品説明にて元オーナーが直接に椎名先生の仕事場に伺った時に頂いたとされていた事より、椎名先生が個人的な伝で御提供された物であろうと推察しています。
なお、為書き部分については、フルネームではなく愛称の記載ですので、第三者的な特定は不可と考え、敢えてマスキングはしておりません。

記載された「'96年9月11日」の日付より、このイラストは『極楽』連載開始から5年目、エピソード的には「私を月まで連れてって!!」編(少年サンデーコミックス第25巻収録)辺りの頃合に描かれた物と判り、連載中盤頃のタッチを確認出来る資料となっています。

先生が付されたメッセージにより、「ふるっち」さんが漫画家志望、或いはこの業界に身を置いていた可能性(アシスタントなど)も推察され…そして、この原画が市場に出てきてしまった事も含めて…この為書きがある事によってむしろイラストの出自、その背景にまでイロイロと想いが馳せられる、そんな要素になり得ていると考えています。
こちらの原画も必ずしも良好な状態とは言えず、全体的に焼けて変色し、更に画鋲穴まで空いています。
しかし、(「ふるっち」さん、机近くの壁にでも直接貼って、椎名先生のメッセージを励みにマンガを描いておられたのだろうか…)などと考えると、それさへもこのイラストが辿って来た歴史が持ち得る味わいだと思ってます。

なお、この当時、椎名先生のサイン会は極めて稀でした。
1995年に大阪(イラストが印刷された紙にサインのみ行った模様)と台湾(マンガイベント内で開催されたらしい以外は詳細不明)で行なわれて以降は、2007年まで公式なものは開催されておりません。
結果、ファンにとってこの長い期間、この様に個人的な伝によるものや、或いはファンレターなどに先生が返信してくれた様な幸運な事例以外には、まずサインを入手出来る機会は無かったであろうと推察されます。
(極めて例外的な事例としては、『ミスジパ』連載終了後に、椎名先生自らHPで生原稿のプレゼントを行った事はあります。)
そういった点でも、貴重な資料であると考えています。