みんなのコレクションが集まるミュージアム

みんなの「ベースボールキャップ」コレクション

ベースボールキャップは日本国内に留まらず、世界中で幅広い年代の人々に愛されている。起源は1860年頃、アメリカのブルックリンがかぶりはじめたとされており、その丸いトップにボタンが付いており長いつばがついた帽子は当時のアメリカ国内では「ブルックリンスタイル」と呼ばれ、1990年頃流行した。日本国内では、野球人気の高まりと共に普及し、特に1970年頃、当時の小学生の間では読売巨人軍のマークがついたベースボールキャップが圧倒的な人気を誇っていた。
代表的なベースボールキャップ企業はMLBが認定しているニューエラ社。
ミューゼオでは様々なベースボールキャップが登録されています。