好奇心で感性と知識を磨き、人生に深みと豊かさを。

欧米ではLabel Pins、Pinsの名前で知られているピンバッジ。1980年の冬季五輪で、一部のファンが自国のピンバッジを持ち寄り交換していた姿をコカコーラ社などが目にして、プロモーションとして商業的にピンバッジを制作したことで、人気に火が付いたという説があります。
現在では、オリンピックやサッカーW杯の大きなイベントで、世界中のファンがピンバッジを交換している姿を目にするのは、当たり前になりました。

もっと見る