みんなのコレクションが集まるミュージアム

みんなの「手ぬぐい」コレクション

手ぬぐいとは、主に汗をかいた時や顔を拭く時、手を洗った後の水を拭ったり、体を洗ったりする時に使用される木綿の平織りの布のことである。
手ぬぐいの歴史は古く、昔は麻や絹でできた平織物であった。時代が進むごとに使われる場面が増え、江戸時代には大衆が日常的に使うような存在となった。明治の文明開化とともにハンカチやタオルが流入し、また当時の欧州の文化を積極的に取り入れようとする風潮もあり、徐々にその役目を明け渡す形となっていった。
近年では手ぬぐいの存在が見直され、色んな利用方法の提案がなされたり、近代的なものも含め多種多様な柄の手ぬぐいが小物雑貨店や手芸店で販売されるようになり、日常的に見ることができるようになった。
ミューゼオでは様々な手ぬぐいコレクションを眺めることができます。