みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

0

File

仕事運最強アップ

ルビー

実はサファイアとルビーは同じ鉱物なのです
鮮やかな紅色で、人々に親しまれている「ルビー」。
ダイヤモンド、エメラルド、サファイア、アレキサンドライトと合わせて、「五大宝石」と呼ばれています。

ルビーは、サファイアと同じ鉱物「コランダム」のグループの一種です。
ダイヤモンドの次に硬い鉱物だと言われ、コランダムの中で赤い色をした石をルビー、青を含めたそれ以外の色はサファイアと呼びます。

コランダムの鉱物中に含まれるクロムにより、赤色へ発色します。
1.0%のクロムで濃い赤色のルビーとなり、0.1%ほどの薄い赤色の場合には、「ピンクサファイア」となります。

※実際にパワーストーンとして販売されているルビーは赤紫色をしているものがほとんどで、鑑別などでは「パープルサファイア」となることが多いです。これは前述のようにコランダムの中で完全に赤いもの以外はサファイアとなる基準によるものです。

情熱を高める石
ルビーは、サファイアと同じく硬度が高く、割れにくいことから、持ち主に「カリスマ性・勝負運」を与え、企業や家庭などの「基盤を固める」と言われています。

そしてサファイアのシックなブルーが「直観力・集中力」を高めるのに対して、ルビーのエネルギッシュなレッドは「積極性・行動力」を高めると言われます。

どちらの石もすばらしい意味が込められていますが、

「知性的で堅実」なタイプを目指すならサファイア
「熱意ある行動派」タイプを目指すならルビー

このように分けて考えると選びやすいと思います。

Myページ

カート0
商品検索
オーダーメイド
コラム
石辞典
ヘルプ
TOP パワーストーン辞典 石の名前から調べる ルビー
石の名前から調べる

誕生石から調べる
石の色から調べる

石の意味から調べる
ルビー
ルビー (Ruby)
象徴的な赤色が特徴のルビー。
エメラルド、サファイアと並んで、宝石としても知らない人はいないでしょう。

カーネリアンと同じく7月の誕生石の一つに数えられます。

ルビーのトップページへ
パワーストーン・オーダーメイドアプリ
ルビーってどんな石?
ルビーに伝わる意味
ルビーの歴史・言い伝え
こんなプレゼントにオススメ
ルビーのカラー・種類
ルビーの産地
取り扱い・お手入れについて
ルビーを使用したブレスレット
【X・G】ブラックスピネルブレスレット ルビー・サファイア・エメラルド
【X・G】ブラックスピネルブレスレット ルビー・サファイア・エメラルド
¥10,000税込

7月誕生石 ルビーブレスレット レディース
7月誕生石 ルビーブレスレット レディース
¥9,800税込

ルビー・インカローズ デザインブレスレット
ルビー・インカローズ デザインブレスレット
¥7,800税込

ルビー・ローズクォーツ デザインブレスレット
ルビー・ローズクォーツ デザインブレスレット
¥7,800税込

ルビー・ローズオーラ デザインブレスレット
ルビー・ローズオーラ デザインブレスレット
¥11,000税込

ルビー・パール デザインブレスレット
ルビー・パール デザインブレスレット
¥7,800税込

7月誕生石 ルビーSA(宝石質)ブレスレット レディース
7月誕生石 ルビーSA(宝石質)ブレスレット レディース
¥18,000税込

ルビー10mm シンプルブレスレット
ルビー10mm シンプルブレスレット
¥72,000税込

【X・G】ルビー・アイオライト・モルダバイト8mm
【X・G】ルビー・アイオライト・モルダバイト8mm
¥40,000税込

【fine】ルビー 4mmブレスレット
【fine】ルビー 4mmブレスレット
¥18,000税込

ルビー・ディープローズクォーツ デザインブレスレット
ルビー・ディープローズクォーツ デザインブレスレット
¥7,800税込

ルビー6mm シンプルブレスレット
ルビー6mm シンプルブレスレット
¥52,000税込

<
1
2
3
4
>
ルビーのブレスレット一覧
ルビーの粒売り/バラ売り販売
【粒売り/バラ売り】宝石質ルビー 6mm

【粒売り/バラ売り】宝石質ルビー 6mm
¥7,000税込


【粒売り/バラ売り】宝石質ルビー 8mm

【粒売り/バラ売り】宝石質ルビー 8mm
¥10,000税込


【粒売り/バラ売り】ルビー 4mm

【粒売り/バラ売り】ルビー 4mm
¥800税込

【粒売り/バラ売り】ルビー 6mm

【粒売り/バラ売り】ルビー 6mm
¥1,680税込


【粒売り/バラ売り】ルビー 8mm

【粒売り/バラ売り】ルビー 8mm
¥2,400税込


【粒売り/バラ売り】ルビー 10mm

【粒売り/バラ売り】ルビー 10mm
¥3,600税込

<
1
2
>

ルビーってどんな石?
ルビー

実はサファイアとルビーは同じ鉱物なのです
鮮やかな紅色で、人々に親しまれている「ルビー」。
ダイヤモンド、エメラルド、サファイア、アレキサンドライトと合わせて、「五大宝石」と呼ばれています。

ルビーは、サファイアと同じ鉱物「コランダム」のグループの一種です。
ダイヤモンドの次に硬い鉱物だと言われ、コランダムの中で赤い色をした石をルビー、青を含めたそれ以外の色はサファイアと呼びます。

コランダムの鉱物中に含まれるクロムにより、赤色へ発色します。
1.0%のクロムで濃い赤色のルビーとなり、0.1%ほどの薄い赤色の場合には、「ピンクサファイア」となります。

※実際にパワーストーンとして販売されているルビーは赤紫色をしているものがほとんどで、鑑別などでは「パープルサファイア」となることが多いです。これは前述のようにコランダムの中で完全に赤いもの以外はサファイアとなる基準によるものです。

ルビーに伝わる意味
ルビーの意味

情熱を高める石
ルビーは、サファイアと同じく硬度が高く、割れにくいことから、持ち主に「カリスマ性・勝負運」を与え、企業や家庭などの「基盤を固める」と言われています。

そしてサファイアのシックなブルーが「直観力・集中力」を高めるのに対して、ルビーのエネルギッシュなレッドは「積極性・行動力」を高めると言われます。

どちらの石もすばらしい意味が込められていますが、

「知性的で堅実」なタイプを目指すならサファイア
「熱意ある行動派」タイプを目指すならルビー

このように分けて考えると選びやすいと思います。

ルビーの歴史・言い伝え
時にはダイアモンド以上に重要視されていたルビー

宝石の女王「ルビー」
真っ赤な輝きを放つルビーは、世界各地で宝石としてもお守りとしても重用されてきました。
旧約聖書の中にもルビーの記載がありますが、当時最も価値のある「物」として、ダイヤモンドではなくルビーの名前が挙げられています。

古代ギリシャでは、戦場で敵に勝つお守りとして兵士が用いていたそうです。
そして戦だけではなく、病気、呪い、悪運など悪い気から守ってくれるとされていました。

また、ルビーは「薬効」としても扱われていたようで、「蛇の毒に効く」と信じられ、解毒剤として用いられたり、「風邪と肝臓の治療に効く」と記された医術本も残されています。

他の石にはないルビーがもつ美しさ・神秘さは、古来から人々を魅了し、人生や文化の支えにもなっていたようです。

7月の誕生石でもあります

当該石は透き通った宝石質のものです
かなり赤が綺麗に入ってます
不純物も少なめです

サファイア

知性を高める石
サファイアは、ルビーと同じく硬度が高く、割れにくいことから、持ち主に「カリスマ性・勝負運」を与え、企業や家庭などの「基盤を固める」と言われています。

そしてサファイアのシックなブルーが「直観力・集中力」を高めるのに対して、ルビーのエネルギッシュなレッドは「積極性・行動力」を高めると言われます。

サファイアを手放してしまったが故に・・・
フランスの初代皇帝ナポレオンは「超」がつくほどの浮気者だったことは有名な話ですが、そんな彼にも、下積みである軍人時代には「なんとか自分に振り向かせたい」と思う女性がいました。

彼女の名はジョゼフィーヌ。2人の子供を持つ未亡人でした。
ジョゼフィーヌは年下であるナポレオンのことを「無骨でつまらない男」とおもっていましたが、日々の生活が苦しいこともあり、ナポレオンと結婚しました。(ナポレオンの最初の妻)

しかし彼女は貴族の生まれで、大変な浪費家であり浮気者でした。
ナポレオンが溺愛しているにも関わらず、次々と愛人を作っていたそうです。

ナポレオンは毎日毎日悩み、そして考えました。
「どうすれば、ジョゼフィーヌの浮気をやめさせられるのか」

そんなナポレオンの救世主となったのが、何を隠そう「サファイア」だったのです。

当時のサファイアは、「皇帝の石」と呼ばれ、持つものを必ず皇帝にするという秘宝中の秘宝。
後に皇帝として名を残すナポレオンにとって、これほどふさわしい秘宝はないでしょう。

しかしあろうことか彼は、サファイアをジョゼフィーヌに譲ってしまいました。
これには訳があったのです…

サファイアにはもう1つ言われがありました。それは「色欲を封じる」です。
「この石でジョゼフィーヌの浮気がなくなればどんなに嬉しいことか」

その後、サファイアを持ったジョゼフィーヌは、人が変わったように夫に尽くすようになりました。
持ち前の持ち前の社交性を活かして、広い人脈でナポレオンを手助けし良き妻となっていきました。

しかしそれとは裏腹に、次はナポレオンが他の女性に関心を持つようになってしまいました。
愛人との間に子供が出来たこともあり、子供ができなかったジョゼフィーヌは立場を追いやられてしまいました。

その後ジョゼフィーヌはとうとう自らの皇后の地位を捨てることを決意し、離婚を申し出ることが、ナポレオンへの一番の愛の証と言い、その言葉に感激したナポレオンは、彼女に宮殿と年金を与え不自由のないようにしました。

しかしジョゼフィーヌと別れた跡のナポレオンはそれまでの勢いは虚しく、徐々に衰退していってしまいます。そしてロシア進行にて敗退し、孤島へ幽閉されその生涯の幕を閉じました。

ジョゼフィーヌとの別れが、彼にとってのターニングポイントになってしまったのかは定かではありませんが、「皇帝の石」と呼ばれたサファイアが彼の手に残っていれば、もしかしたら歴史が変わっていたのかもしれません。

9月の誕生石でもあります

当該石は深い色で透き通った宝石質なものです

ペリドット

鮮やかなオリーブグリーンの色あいと、独特の輝きを持つペリドットは、宝石としても大変人気のあ石です。この「ペリドット」という名称は宝石として取り扱われる時のもので、鉱物学上の名称は「オリビン」といいます。

ペリドットは地核(地球の中心付近)の上部であるマントルの主要成分であり、火山付近で産出されます。そのためハワイのお土産品として有名ですが、現在はハワイ産の原石はあまり採れなくなっており、アリゾナ産のものが主流となっています。(ハワイで販売されている石のほとんどはアリゾナ産だといわれています)この石の美しい黄緑色は、含有される鉄やマグネシウムによるもので、鉄分が多いほど緑色が濃くなり、マグネシウムが多く含まれるほど黄色が強く出るといわれています。

ペリドットは溶岩の塊に運ばれて地表に出るため、急激な減圧で石が小さな粒に砕けてしまい、大きな結晶はごく稀です。この石は、小さくても十分な存在感と輝きを放つことから、流通しているペリドットのほとんどは、他の天然石に比べて小さめ。少し大きな物になると内部亀裂がかなり目立ちます。そのため、クラックが無い宝石質の大粒は非常に高価です。

ペリドットは8月の誕生石。古代エジプトでは太陽信仰が盛んだったころ、「黄金の太陽」を象徴する石として崇められていました。暗闇を吹き飛ばし、神々しい光となって世界を照らし、悪を退散させてくれると伝えられています。そのため、身を守る護符として古来より珍重されてきました。

また、以前はハワイでよく産出されていたことから、ペリドットは「女神ペレの涙」だと言われ、「火の清め」のパワーを持つと信じられていました。このことからも、邪悪な物を焼き尽くし、全てを浄化する魔除けの力があると伝えられています。

ペリドットは、嫉妬や妬みなどの外的要因から護ってくれるだけでなく、内なるネガティブな感情や悩みをあっけらかんと吹き飛ばし、明るくポジティブなものへと変化させてくれるパワーストーンです。物事の悪い面ばかりに目がいってしまう時や、人の意見をマイナスに受け取ってしまう時など、お守りとして身に着けると良いでしょう。

ペリドットの美しいオリーブグリーンの色あいは、まるで太陽の光をいっぱい浴びて輝く草原のようです。この石を身につけると、希望の光で心を明るく照らし、気持ちがゆったりと開放されるのを感じられるでしょう。自由でオープンな面を引き出してくれるので、社交性やリーダーシップを養い、人間関係を良い方向へ導いてくれます。

心を開いて人と接すれば、悪意のない事が自然と伝わり、周囲の人からの信頼が高まりやすくなります。その結果、高め合い、実りのある人脈が育ち、長く良い関係を築いていけることでしょう。人から注目されたい、人の輪の中心的存在になりたいという人にもおすすめです。また、ペリドットには「幸せ」「夫婦の愛」といった石言葉がこめられています。夫婦やパートナー同士で、お揃いで身につけると、いつまでも良い関係を保ち、円満を保つお守りとして伝えられています。

※ペリドットは産出される結晶状態がとても小さいため、大粒の物はあまり流通しません。また、小さな粒の物でも、地表に運ばれる時の減圧によって、内部亀裂が多く見られます。石のモース硬度は中程度ですが、この亀裂のために丈夫さが損なわれています。強い衝撃を与えないよう、取り扱いにはご注意下さい。

当該石は高品質かつ大粒ですのでかなり高価でした。透明度も高いです。

タンザナイトも大粒で宝石質です
色の代わり具合もかなり分かりやすいです