みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

モノに宿るもの

公開日:2017/9/24

休日はレコードをかけお茶でも啜りながら朝をのんびり過ごすことが多い。


選曲はその時の天気や時間、気分に合わせて行うことが多いため、一枚のレコードを何度もリピートすることは少なく、手持ちのレコードから満遍なく聴くようにしている。

レコード数は定期的なレコード裁判で整理しているため、常時数百枚程度(購入した数はこの数倍以上)なものの、満遍なく聴いていても、殆どターンテーブルに上らないものもある。


レイ・チャールズ ″Listen″。


往年のスタンダードナンバーをスウィートなファルセットに乗せてカバーしたアルバム。

久々に手に取った。


このアルバムを手に入れたのは18年程前だっただろうか。

フリーマーケットの一角で、如何にも金に困っているような風体と冴えない表情をした男子大学生が着古した服や、さして読んでもなさそうな本とともに、数枚のレコードを並べていた。

レコードの値段はどれも100円だったが、そそられるものはなく、その場を去ろうとしたが、彼の膝元に隠すように置いてあるレコードを発見した。

暗闇に浮かび上がる男の翳を帯びたジャケットに目を奪われた。


″その、膝元のレコードも100円かな?ほしいんだけど。″


そう彼に告げると、彼は非常にばつの悪い表情で

″これは売り物じゃないんで…ただ、売り場に箔をつけるために持ってきただけなんです。これ、一番大事にしてるんで…ごめんなさい″


そういわれてしまったら、諦めるしかないな、と思い立ち去ろうとした時、

″でも、いま金がなくてこまってるんで、譲ります″


そういう彼の表情はちっとも弾んだものでなく、どんよりしていた。

当時社会人になりたてで、自分も金は無かったが、なんだか大人ぶってその場にあったレコードを全て併せて買いとった。売値の10倍程の値段で。


″絶対、大事にしてくださいね″


このレコードを手に取ると、あの時別れ際に、彼に言われた言葉を思い出す。


レコード裁判にかかることなく、このレコードは一生手元に残り続けるだろう。




  • File
    2017/9/25

    realminiature

    イイ話です!!

    返信する
    • File
      2017/9/25

      negrita

      (⊃∀`* )♪

      返信する
  • File
    2017/9/25

    mocopapa

    売り手と買い手が直接取り引きを行うのって、今の世の中、なかなか機会が少なくなってきてるだけに貴重で良いエピソードですよね。

    返信する
    • File
      2017/9/25

      negrita

      ネットオークションやネットショップはその情報量と手軽さで、コレクターには有難いですが、対面してモノを受け渡すときにある何気無い言葉や表情のやり取りのなかで得られる″想い″が失われてる、というのは痛感しますね~。いまや、大半はボタン一押しのみですもんね!mocopapaさんの言うとおり、直接取引は減ってます…

      返信する
  • File
    2017/9/25

    ハムトシ

    いらないから処分するのと、泣く泣く手放すのでは重みが全然違いますからね。この大学生も、社会人になって同じレコードをもう一度手に入れていれば良いですね^^

    返信する
    • File
      2017/9/25

      negrita

      手に入れてくれていることを願ってます(笑) 願わくば酒をのみながらこのレコードを聴いて、当時の心境を話してみたいですね(;´д`)

      返信する
File

negrita

音楽に寄り添う 酒も寄り添う レコード私的備忘録。

フォローする

176人がフォローしています

Museum screenshot user 2070 83e36260 7982 4cfc 88cd 138e60e882b2
  • 入館者数

    182099人

  • コレクション・ルーム数

    13個

  • アイテム数

    945個

  • モノ日記

    89個

ミュージアムを訪れる

negritaさんの最新モノ日記