みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

20年の時を経たモノ

公開日:2017/9/16

9/15にローリング・ストーンズ

「Sticky Fingers Live at Fonda Theatre 2015」

が世界に先駆け日本先行発売!


仄暗い名盤「Sticky Fingers」のデラックスエディション発売を記念した一晩限りのギグをおさめたこのブツ、自分はUSアナログ盤をオーダーしたため、まだ堪能できてはいないものの、2015年版Stickyとして、この映像を見ればわかるように、現ラインナップのもったりとしたリズムを堪能できる名盤と断言したい(笑)!


…1997年、自分がストーンズに初めて触れた年。

20年の時が経過した。


当時はTLCをはじめとした所謂R&Bが大流行、日本テレビの土曜深夜にはカウントダウングルーヴなるダンスミュージックを紹介する番組があったり、とにかくR&Bが熱かった。

学生だった当時は多分に漏れずR&Bに浸っており、毎週末はカウントダウングルーヴをチェックしていた。


なかでも猛威を振るっていたのが、Babyface。大抵のヒットにはこのひとが絡んでいた。


そんなBabyfaceがローリング・ストーンズをプロデュースするという情報を、タワーレコードのフリーペーパー″バウンス″でえた。

ストーンズ?何のグループ?

そんな認識しかなかった。


ただ、Babyfaceがプロデュースした作品は押さえておかねば、というある種、コレクター癖が働き、その作品「Bridges to Babylon」を手にいれた。1997年。


そう、恋をした。

ストーンズのグルーヴ、リズム感に恋をした。

ブラックミュージックが好きだったから、か。リズムに耳が傾いた。

どう構成されているのかわからない2台のリズムギター。自分にとっての全て。

華麗にリードを弾きまくるミック・テイラーでは、無い。

裏拍をとりながらキースとリズムを複雑に絡ませるロン・ウッドでなければならない。


剽窃に近いほどの多様な音楽性。ソウル、ファンク、ブルーズ、カントリー、レゲエ… 音楽の大海に導いてくれた。


20年。そんな折にテイラーの名演が光るSticky Fingersをロンが演る。熱くならない訳が、無い。



The Rolling Stones - Brown Sugar (Live At The Fonda Theatre 2015)

Order here ▸ http://www.stonesfromthevault.com/fonda This latest addition to the From The Vaults series captures a truly unique event in the long and eventfu...

  • File
    2017/9/16

    ace

    こういう話好きです😎

    返信する
    • File
      2017/9/16

      negrita

      ( ≧∀≦)ノ🍺

      返信する
  • File
    2017/9/16

    mocopapa

    ぼくもストーンズは、あんまり聴きません。ビートルズも。。でも、他のアーティストさんのカヴァーで魅力に気が付くことって多いですよね♪ ジャケ絵のライオンといい、タイトル名といい、レゲエアルバムと間違えそう。。w

    返信する
File

negrita

音楽に寄り添う 酒も寄り添う レコード私的備忘録。

フォローする

176人がフォローしています

Museum screenshot user 2070 83e36260 7982 4cfc 88cd 138e60e882b2
  • 入館者数

    182528人

  • コレクション・ルーム数

    13個

  • アイテム数

    946個

  • モノ日記

    89個

ミュージアムを訪れる

negritaさんの最新モノ日記