みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

フール・オン・ザ・ヒルについて

公開日:2018/3/30

こんにちは、あゆとみです。

https://muuseo.com/analogrecordfan/items/910#!page-2

Beatles Ballads (IND/Stereo/Original/Yellow Parlophone ) Front Jacket [The Beatles (IND)] | みんなの音楽コレクション by Muuseo

https://muuseo.com/analogrecordfan/items/910

analogrecordfan


1980年にリリースされたThe Beatles Ballads。

大好きなアルバムジャケットの一枚だ。

中学の頃、このアルバムに収められている粒ぞろいの名曲たちを聴きながら、飽きることなくこの絵をながめていたものだ。


さて、イエスタデイやらヘイジュードやらの華麗な曲が揃っているこのアルバムの中に、比べれば地味だけどとても好きな曲があった。

それがフール・オン・ザ・ヒルである。


その当時、アルバムについていた歌詞を読んだと思うのだが、内容はピンときていなかった。歌詞よりは曲調やメロディ、歌声に惹かれていたのだと思う。

フルートにリコーダーが散りばめられ、川のせせらぎのようなのどかな調べの曲を聴きながら、ビートルズがウサギやちょうちょやトラと混じって座っているこのアルバムジャケットを見ていると、音のついた絵本を見ているようで想像力がかきたてられた。

https://www.youtube.com/watch?v=UmIwcu9AoxQ


今回はこの曲について調べてみたいと思う。


元々、マジカル・ミステリー・ツアーに収録されていたフール・オン・ザ・ヒル。

https://muuseo.com/record.fan/items/11#!page-2

🇯🇵日本オデオン赤盤『MAGICAL MISTERY TOUR』 [THE BEATLES RECORDS 《日本赤盤》] | みんなの音楽コレクション by Muuseo

https://muuseo.com/record.fan/items/11

ショーン黒田


題名をそのまま訳すと、「丘の上のお馬鹿さん」という感じだろうか。

「お馬鹿さん」って誰のこと?となるが、これには諸説あるらしい。

ガリレオだとか、ポールが飼っていた犬を追いかけて丘に行った時に突然現れてまた消えたという、ミステリアスな男性がモデルだという説もある。


その中でいちばん本当らしいと思えた説がある。

1997年に発売されたポール・マッカートニーの伝記Many Years From Nowからの抜粋(ざっくりとした意訳)だ。


フール・オン・ザ・ヒルは僕の曲だよ。マハリシみたいな人のことを書いたんだ。マハリシは彼のことをよく思わない連中からは馬鹿呼ばわりされてた。あの笑い方のせいで、まともに相手にされなかったんだよね・・・



https://www.amazon.co.jp/Paul-McCartney-Many-Years-Now/dp/0805052496/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1521534363&sr=8-2&keywords=Paul+McCartney%3A+Many+Years+From+Now

Amazon | Paul McCartney: Many Years from Now | Barry Miles | Historical

Amazon配送商品ならPaul McCartney: Many Years from Nowが通常配送無料。更にAmazonならポイント還元本が多数。Barry Miles作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。

https://www.amazon.co.jp/Paul-McCartney-Many-Years-Now/dp/0805052496

ビートルズがインドに行ってマハリシ・ヨーギーから多大な影響を受けた時期があることはよく知られている事実だ。この言葉からは彼の元々のインスピレーションはマハリシ・ヨーギーだということ、そしてこの曲の「お馬鹿さん」というのは、世間で馬鹿扱いされているが実はとんでもなく聡明な「賢人」のことを言っているのだとわかる。マハリシは超越瞑想(TM)なるものを広めた人物とされている。簡単に言えば一日二回の瞑想で悟りが開けるという感じらしい。

当時グループとして継続することに煮詰まってきていたビートルズが、このマハリシとの出会いでスランプを脱し、創造力に火がついて後半の名曲ラッシュにつながったという人もいる。


さて、今度は歌詞を見ていこう。(ざっくり意訳付き)


Day after day, alone on a hill
来る日も来る日も、丘に一人きり
The man with the foolish grin is sitting perfectly still
男は身じろぎもせずに馬鹿みたいなにやけ顔で座ってる


マハリシを念頭に読んでみると、なるほど彼にピッタリ当てはまる。

ヒゲの長い、しわだらけの顔の口元に常に笑みを浮かべたマハリシが胡座をかいて丘の上に座っている絵が浮かぶようだ。

https://www.youtube.com/watch?v=QaWK4GGRMx0


Nobody wants to know him
誰も男に興味を持たない
They can see that he's just a fool
ただの馬鹿に見えるだけ
But he never gives an answer
男は決して答えを明かさない


最後の「答えを絶対に言わない」という部分は謎が多いが、マハリシがモデルだとするなら「悟り」のことなのかな?とも思える。

But the fool on the hill
だけどそんな丘の上のお馬鹿さんは
Sees the sun going down
太陽が降りていくのを見たり
And the eyes in his head
頭に目を宿らせて
See the world spinning round
回る世界を見ている


この辺りからはやはりマハリシだけの話ではなくなってくるようだ。

マハリシだけに当てはめても意味はそれなりに成立するが、「太陽が降りていく」とか「くるくる回る世界」の部分ではガリレオ説が出てくるのもうなずける。

当時、地球が宇宙の中心でその周りを太陽や他の惑星が回っているという天動説が主流だったのを否定して、「それでも地球は回っている」と地動説を唱えて、大バッシングを受け、軟禁された天才学者だ。

https://www.youtube.com/watch?v=jvlr2iMWQyc



そうなるとこれは、地動説を最初に唱えたコペルニクスにも当然当てはまってくるだろう。ちなみにコペルニクスは自分の発見があまりに時代を先行していて、批判を受けるのがわかっていたので、死の間際に地動説を発表したのだとか。


https://www.youtube.com/watch?v=M0p6NKANE08


彼らのように現体制やメインストリームに逆らい、周りになんと言われようとも自分の主張を貫き通す異端児もまた、この曲の「お馬鹿さん」に含まれるのだろう。


歌詞にある「頭にある目」のイメージは心眼とか第三の眼とか、そういう感じだろうか。世の大半の人たちに見えないものを見抜く慧眼の持ち主ということだろう。


ふむふむ。そんな背景があったのか、そうだったのかあ〜


子供の頃は何もわからずに聴いていた曲が、年をとってこうやって違う視点から見ていくと、また別の趣きを出してくるのは面白い。


ただ、やはり私にとってのこの曲、フール・オン・ザ・ヒルはあのアルバムジャケットに描かれている、4人のビートル兄さん達が野原に来てちょうちょや動物達とたわむれているあの世界、あれが一番しっくりくるんだよなあ〜とも思うのだった。


最後は1968年にSergio Mendes & Brasil 66がリリースし、世界的大ヒットになったボサノバ・カバーで。


https://www.youtube.com/watch?v=qFe0sc8XW94

https://muuseo.com/56688588/items/359


フール・オン・ザ・ヒルは8曲めに収録されている↓

セルジオ・メンデス&ブラジル66 [極上ベスト・アルバム] | みんなの音楽コレクション by Muuseo

https://muuseo.com/56688588/items/359

福井透



#The_Beatles

#ビートルズ

#Paul_MacCartney

#ポール・マッカートニー

#the_fool_on_the_hill

#フール・オン・ザ・ヒル


File

ミューゼオ編集部

ミューゼオを運営している編集部の公式アカウントになります。 編集部がPickupしたアイテムやコレクション、Webメディア「ミューゼオ・スクエア」の情報などを公開していきます。 ぜひ、フォローしてください!

フォローする

81人がフォローしています

File
  • 入館者数

    111609人

  • コレクション・ルーム数

    18個

  • アイテム数

    117個

  • モノ日記

    76個

ミュージアムを訪れる

ミューゼオ編集部さんの最新モノ日記

最近のコメント