みんなのコレクションが集まるミュージアム

» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

Uチップのバリエーション(ジョンロブ、エドワードグリーン、JMウェストン)

公開日:2018/10/14

Uチップは最初に好きになった革靴です。初期はなんとも言えない曲線を見ているだけで幸せでした。

J.Mウェストン677ハントダービー/HUNT DURBY

https://muuseo.com/jmat/items/235

mat2193

Uチップという名称はモカの部分の形状から付けられた通称で、同じその形状からエプロンフロントと呼ぶこともあります。

最初に買ったのはパラブーツのシャンボールドでした。まだそして英国ブランドのジョンホワイト、このあたりまでが学生時代です。


そして社会人になって最初に買ったのはこのパラブーツのアヴィニヨンでした。当時はスーツにも合わせることができたのですごく重宝していたのを今でも思い出します(今ではもうスーツには合わせませんが)。続いてクロケットや42ndロイヤルハイランドなどを購入し、持っている革靴の3−4割くらいがUチップでした。

パラブーツ アヴィニヨン

https://muuseo.com/jmat/items/321

mat2193




そんなUチップの代表モデルをジョンロブとエドワードグリーン、JMウェストンという3つのブランドから紹介しようと思います。


まずはジョンロブです。ジョンロブのUチップといえば一番代表的なものはこの2つではないでしょうか。

広いモカ部分が特徴のバロスとシャンボルドです。

こちらがバロスです。パリの雰囲気を漂わすなどと評されていたこともあります。

ジョンロブバロス(John Lonbb Baross)ラスト2995

https://muuseo.com/jmat/items/245

mat2193


こちらは同じバロスですが、クロケットが製造していた時代のものです。


ジョンロブバロス(JohnLobb Baross) クロケット製

https://muuseo.com/jmat/items/242

mat2193

そしてもう一つの代表作シャンボルドです。こちらはエドワードグリーンの代表作ドーバーによく似ています。当時ジョンロブはエドワードグリーンの旧工場を買収しました。そういった歴史が影響したのかもしれません。

John Lobb Chambord(Last8695)

https://muuseo.com/jmat/items/44

mat2193


続いてスクエアトゥのボルドーです。トゥに合わせてモカ部分もスクエアになっています。

ジョンロブボルドー(John Lobb Bordor) Last8896

https://muuseo.com/jmat/items/48

mat2193


次はヴィエナです。Uチップには珍しく内羽根でドレッシーな印象です。美しい靴です。



ジョンロブヴィエナ( Lobb Vienna)

https://muuseo.com/jmat/items/140

mat2193


続いてカントリーシューズのテイストを漂わせるノルウェイです。ぽってりとしたフォルムが愛らしい靴です。



ジョンロブノルウェイ(JohnLobb Norway)

https://muuseo.com/jmat/items/240

mat2193

コテージラインと呼ばれるカントリーラインのウゼスです。エシュンとパラブーツで製造を担当していたということです。


ジョンロブ ウゼス

https://muuseo.com/jmat/items/304

mat2193


そして最後に変形UチップのVintage2000です。この靴はジョンロブのミレ二アルのイヤーモデルでUチップとダブルモンクを上品に一つのデザインに落とし込んでいます。

ジョンロブVintage2000

https://muuseo.com/jmat/items/314

mat2193

続いてUチップシューズのもう一つの雄エドワードグリーンです。エドワードグリーンのUチップといえばドーバーです。Uチップはややフランス起源とも聞いたことがありますが、そうした意味も含めドーバーなのでしょうか?

こちらは確か?ヒュームドオークタンというカラーのラスト32です。


エドワードグリーンドーバー(Edward Green Dover)

https://muuseo.com/jmat/items/28

mat2193

そしてアーモンドカントリーカーフ、ラスト202のドーバーです。

エドワードグリーンの面白さは同じペットネームの靴でもラストと革質の差で大きく印象が変わることです。


Edward Green Dover (Last202)

https://muuseo.com/jmat/items/82

mat2193

そしてドーバーのブーツ版「ハリファックス」です。ハリファックスは非常に完成されたカントリーブーツだと思います。


エドワードグリーンハリファックス(Edward Green Halifax)

https://muuseo.com/jmat/items/27

mat2193

そしてハリファックスよりも長いブーツのネビスです。こちらもアッパーはカントリーカーフです。


エドワードグリーンネビス(Edward Green” Nevis)

https://muuseo.com/jmat/items/81

mat2193

最後にサンドハーストです。こちらもアッパーはカントリーカーフです。上二つよりは赤みのあるレザーが特徴的です。


エドワードグリーンサンドハースト(Edward Green Sandhurst)

https://muuseo.com/jmat/items/34

mat2193



続いてフランスのJMウェストンのUチップを紹介します。


まずはウェストンの代表モデル「ハントダービー」です。ハンドメイドモデルでモカ部分はヒドゥンステッチで縫われ表に縫い目が見えません。重厚としか表現できないUチップのキングといっても良い存在だと思います。

J.Mウェストン677ハントダービー/HUNT DURBY

https://muuseo.com/jmat/items/235

mat2193

そしてもう一つウェストンを代表するモデル641「ゴルフ」です。昔の雑誌などではかならずジャーナリスト御用達として紹介されていました。


J.M.ウェストン641 ゴルフ

https://muuseo.com/jmat/items/249

mat2193

こちらはゴルフのブーツバージョンである741です。通称ゴルフブーツと呼ばれていました。


JMウェストン ゴルフブーツ

https://muuseo.com/jmat/items/316

mat2193

同じく741のブラックモデルです。


J.M.ウェストン741「ゴルフブーツ」

https://muuseo.com/jmat/items/236

mat2193


Uチップのもう一つの形である597です。こちらは598ロジェによく似ていますが、トゥ部分のステッチとハトメが異なります。

JMウェストン597-22ユーチップ

https://muuseo.com/jmat/items/294

mat2193


同じUチップといってもかなりのデザインのバリエーションがあることがわかると思います。違いを楽しみ、履いて楽しみ、磨いて楽しむ。革靴道から抜け出せそうもありません。


#コレクションログ

#比較

File

mat2193

靴や服を大切なパートナーとして少しずつ集め、楽しんで使っています。その他にもティーアイテムやアンティーク、機械式のもろもろなども愛好しています。

フォローする

282人がフォローしています

Museum screenshot user 4 24ad5f27 abd8 447a 8590 3e319af8454c
  • 入館者数

    322099人

  • コレクション・ルーム数

    38個

  • アイテム数

    311個

  • モノ日記

    263個

ミュージアムを訪れる

mat2193さんの最新モノ日記