» アカウントの新規作成 ミューゼオとは? よくある質問

Fascinating F1 machine Museum

by ミューゼオロゴ
File
File
File
File
File
File
File
File
File

Since 2019 September

"1970年~2000年を中心にF1マシンを展示しています"

ミュージアム・オーナー

Black horse

Fascinating fomura-1 machine

入館者数697人

アイテム展示数18個

いいね!数32個

Museum Owner

Black horse

Fascinating fomura-1 machine

1970年代~2000年代のF1マシンを中心に展示しています

Floor Map

  • 5F

    Since the 2000s

    3
    File
  • 4F

    1990s to 2000s

    7
    File
  • 3F

    1980s to 1990s

    5
    File
  • 2F

    1970s to 1980s

    2
    File
  • 1F

    Fomula-1 (Before the 1970s)

    0
    File
  • Entrance

    Black horse

1F Fomula-1 (Before the 1970s) 0

File

1970年以前のF1マシンのF1マシンは、所謂「葉巻型」が全盛でしたが、1960年代後半にフォード・コスワースDFVエンジンの登場とタイヤのワイドトレッド化(幅広タイプ)リアウイング(空力パーツ)の開発などで、一気に高性能、高速化を遂げたのでした。

Loading

2F 1970s to 1980s 2

File

1970年代になるとサイドラジエター、ウェッジシェイプ(楔形)ボディ、スポーツカーノーズ、巨大な吸気ポッドなどが流行、1970年代後半にはロータス78が初のウイングカー(グランドエフェクト効果)を開発し、F1マシンにおける空力性能が進歩しました。

Loading

3F 1980s to 1990s 5

File

1980年代になると、ルノーが投入したターボエンジンが熟成されレースを席巻しました。ルノーに対抗するするため各エンジンメーカーもターボエンジンの開発に邁進したため、行き過ぎたパワー競争となり、アクシデントやトラブルが多発したため、1989年からターボエンジンは禁止となりました。

Loading

4F 1990s to 2000s 7

File

1990年代はターボエンジンの中止もあり、F1マシンはエンジン以外のデバイスがハイテク化しました。セミオートマチックトランスミッション、アクティブサスペンション、トラクションコントロールシステムなどが開発され、エンジパワーは抑えられたにも関わらず、ドライバーの負担が増したため、レギュレーションの変更が繰り返されました

Loading

5F Since the 2000s 3

File

2000年以降はそれまで。エンジンサプライヤーの立場だった自動車メーカーが、既存のコンストラクターを傘下に収め、企業ブランドを賭けて F1に参戦しました。老舗のフェラーリを始め、ルノー、トヨタ、BMW、ホンダなどの自動車メーカーの争いとなりました

Loading

Thank you !!
Museum of Fascinating fomura-1 machine はいかがでしたか?
入館の記念にコメントを残してみましょう。

Recommend

Museum Shortcut Map